Immersive Explorer

Windows 8以降のMetro UI(Modern UI)に似た操作性のファイル管理ソフト


レビュー

Immersive Explorer SSクリックで拡大します メイン画面。一見、ファイル管理ソフトには思えないタイル表示のデザイン。タッチ操作で使いやすいWindows 8以降のタイルデザインが採用されたユニークなファイル管理ソフト。
「Immersive Explorer」は、Windows 8.1/8のスタート画面やWindows 10のスタートメニューなどで採用されたタイルインタフェースでファイル管理を行えるソフト。大きなタイルとわかりやすく、操作しやすいメニューからなる画面は、一般的なファイル管理ソフトとは一線を画すデザイン。Windowsストアアプリではないが、“メトロ”ユーザインタフェースガイドラインに沿って作成され、タブレットやタッチスクリーン搭載のパソコンでの利用に適している(もちろんマウス/キーボードでも快適に利用できる)。
一般的なファイル管理ソフトでは、ファイル/フォル...

>> 記事全文を読む

動作環境

Immersive Explorerの対応動作環境
ソフト名:Immersive Explorer
動作OS:Windows 10/8/7
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Julien MANICI 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ファイル管理  UI  Metro  Modern 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. As/R エクスプローラよりも8〜300倍表示が速い、軽量・多機能・タブ切り替え型ファイラー(ユーザー評価:0)
  2. Tablacus Explorer アドオンで拡張できるエクスプローラ互換のタブファイラー(ユーザー評価:4.5)
  3. Explorer Supporter 省スペースマルチウィンドウファイラー(ユーザー評価:0)
  4. SPFiler シンプル・軽量なタブ表示型ファイラー(ユーザー評価:0)
  5. FileShelf Plus 日本語FTPクライアント付き多機能ファイル管理ツール(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • LeafThrough 2.7.1 - オフィス文書やPDF、画像ファイルの内容を“パラパラと閲覧”しながら確認できる“ビジュアル検索”ソフト
  • S's FileMover 1.0.0.0 - 条件に合致したファイルの「移動」「コピー」「削除」を一括処理。自動実行にも対応したファイル操作ソフト
  • Totter 1.11 - 除外指定や属性指定にも対応。「ごみ箱」を含む、指定フォルダ内の古いファイルをまとめて削除できるソフト
  • Shortcut Target Changer 1.3.0 - 検索・置換後文字列の組み合わせを複数設定し、多数のショートカットファイルのリンク先をまとめて変更できる
  • AllCopy 1.14 - 更新ファイルの自動コピーにも対応。複数フォルダへの多重コピーを簡単な設定・操作で行えるファイルコピーソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック