小児の薬用量

成人薬用量と小児の年齢および体格指数より安全な小児の薬用量を求めます


ソフト詳細説明

成人薬用量と小児の年齢および体格指数より安全な小児の薬用量を求めます。年齢の違う兄弟の薬を同じ子供だからといって同量服用させたり、大人の量を適当に分割して服用させる親がいると聞きます。こうした過ちによる薬の効果・副作用による生命力の消耗を起こさないように親の教育指導に用います。小児の薬用量(Augsberger、Young、Clark、Lenart4式)の計算は、AUGS.HTMで行います。新生児〜2歳の薬用量の計算は、FREID.HTMで行います。藤本・渡辺の体表面積からの小児の薬用量は、TAIHYO.HTMが施行します。最初の立ち上げをAUGS.HTMとし、これをメインとして目次クリックでファイル間を移動して小児の薬用量を求めます

動作環境

小児の薬用量の対応動作環境
ソフト名:小児の薬用量
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

指数  年齢  小児  用量  体格  薬用  成人 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 国際勃起障害機能スコア(IIEF) 勃起障害(ED)の判定とバイアグラの治療効果(ユーザー評価:0)
  3. 代謝水の求め方(1日量) 1日摂取エネルギー量から代謝水を求め最低必要エネルギーからの比較評価もしています(ユーザー評価:0)
  4. PSA判定 PSA腫瘍マーカーの前立腺疾患の判定(ユーザー評価:0)
  5. 熱傷患者の輸液量 熱傷面積と体重から電解質や蛋白質の必要量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック