解剖学的死腔気量の算出・評価

上気道・気管支・細気管支内の死腔気量を急性呼吸不全・肺循環障害の指標とする


ソフト詳細説明

気道から呼気により吐き出され気体の約70%は肺胞内でガス交換をおこなった気体であり、30%は上気道・気管支・細気管支内にある死腔気量である。解剖学的死腔気量は体重kg当たりのおおよそ2mlとされている。今回はこの看護数式の意味を理解してこれまでのような簡単な計算・評価をしてみます。かなりおおよそ(大雑把)な数式ですが、解剖学的に死腔気量を体重当たりの1回換気量から求めるもので、数学的な厳密解のものとかなり隔たりがあるようだが、統計的処理の数値を扱うつもりにあれば解剖学的という前提の看護数式は信頼できます。

動作環境

解剖学的死腔気量の算出・評価の対応動作環境
ソフト名:解剖学的死腔気量の算出・評価
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

障害  呼吸  循環  不全  急性  気管支  腔気  上気 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 国際勃起障害機能スコア(IIEF) 勃起障害(ED)の判定とバイアグラの治療効果(ユーザー評価:0)
  3. 代謝水の求め方(1日量) 1日摂取エネルギー量から代謝水を求め最低必要エネルギーからの比較評価もしています(ユーザー評価:0)
  4. PSA判定 PSA腫瘍マーカーの前立腺疾患の判定(ユーザー評価:0)
  5. 熱傷患者の輸液量 熱傷面積と体重から電解質や蛋白質の必要量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック