水中での体重

運動機能障害のある患者の水中でのリハビリテーション


ソフト詳細説明

水に入ると体は浮力を受け、体がおしのけた水(排水)の量の重さだけ軽くなります。大気中の体重が水中でどのくらいになるかを求めます。運動機能障害のある患者の水中でのリハビリテーションの意味を説明するときや寝たきり患者を入浴させるときに患者の恐縮した気持ちをデータを基に活用します。
入浴の場合は、エネルギー消費の少ない38〜40℃のぬるめのお湯がよろしいです。水圧により胸囲は1〜2cm、腹囲は3〜5cm縮小します。そのため、胸郭筋と腹筋の運動が制限された呼吸困難を生じます。体の表面や筋肉・内臓に加わる水圧は、静脈血やリンパ液を増すので心臓や肺循環の血液量が増加します。呼吸器や循環器に障害のある患者は状態の変化が起こりやすいので観察が必要です。

動作環境

水中での体重の対応動作環境
ソフト名:水中での体重
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

障害  運動  水中  リハビリテーション 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 国際勃起障害機能スコア(IIEF) 勃起障害(ED)の判定とバイアグラの治療効果(ユーザー評価:0)
  3. 代謝水の求め方(1日量) 1日摂取エネルギー量から代謝水を求め最低必要エネルギーからの比較評価もしています(ユーザー評価:0)
  4. PSA判定 PSA腫瘍マーカーの前立腺疾患の判定(ユーザー評価:0)
  5. 熱傷患者の輸液量 熱傷面積と体重から電解質や蛋白質の必要量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック