その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > RSSリーダで最新情報を効率的にゲット!!

RSSリーダで最新情報を効率的にゲット!!

HeimdallrHeimdallr
壁紙に一体化する付箋紙タイプのRSSリーダ

デスクトップに貼り付けておけるRSSリーダ。必要なときにまとめて読むメーラ風のリーダと異なり、常にデスクトップにおいてサイトの更新を追いかけたいというユーザに向いている。

メイン画面は付箋紙状。ここに取得したサマリーのサイト名(略称)と日付、タイトルが一覧表示される。項目へのオンマウスでサマリー全体がポップアップ表示され、クリックでにより、元の記事がブラウザで表示される仕組み。開いたサマリーは一覧から外され、次のサマリーが表示される。また、項目の左側にある「既読ボタン」で記事を開くことなく既読にしたり、コンテキスト(右クリック)メニューから既読/未読を変更したりもできる。

巡回するRSSサイトは「ビュー」と呼ぶ単位で管理できる。ウィンドウはひとつのビューにひとつ開かれるので、ニュースとブログ、あるいは一般ニュースとコンピュータ関連ニュースというように、サイトの内容ごとにウィンドウを分けて表示することができる。また、あらかじめキーワードを設定しておくと、サマリーに含まれるキーワードが赤字で表示されるので、目的の記事を見つけやすい。

巡回するRSSサイトは、「ビュー」と呼ばれる単位で管理する。ウィンドウはひとつのビューにひとつ開かれるので、ニュースとブログ、あるいは一般ニュースとコンピュータ関連ニュースというように、サイトの内容ごとにウィンドウを分けて表示することが可能だ。また、あらかじめキーワードを設定しておくと、サマリーに含まれるキーワードが赤字で表示されるので、目的の記事を見つけやすい。

自動更新の間隔は任意に設定することが可能。OPMLに対応し、OPMLのインポート/エクスポート機能も備えている。


■Heimdallr 1.04
  • 作 者:MASATO さん
  • 対応OS:Windows XP/2000/98
  • 種 別:フリーソフト
  • 作者のホームページ:http://www.sutosoft.com/room/


  • 前へ 次へ

    ポップアップでサマリーの全体を参照できる
    ポップアップでサマリーの全体を参照できる

    ポップアップでサマリーの全体を参照できる
    コンテキストメニューで既読/未読の切り替えが可能

    更新間隔や同時接続数を設定するシステム設定画面
    更新間隔や同時接続数を設定するシステム設定画面

    キーワードを指定すると、リストのキーワードを赤字で表示できる
    キーワードを指定すると、リストのキーワードを赤字で表示できる


    RSSリーダで最新情報を効率的にゲット!!
    Headline-Reader:ブラウザのセキュリティ機能を備えたメーラ風の高機能RSSリーダ
    mark_bl2.gifHeimdallr:壁紙に一体化する付箋紙タイプのRSSリーダ
    DropTicker:サマリーのタイトルを電光表示風に表示するティッカー風のRSSリーダ
    Becky! RSS Reader Plugin:「Becky!」にRSSの受信・閲覧機能を追加するプラグイン
    RSS更新チェッカー cococ:タスクトレイに常駐してRSSの更新をチェック・通知してくれるソフト
    まとめ:それぞれのソフトの特徴のおさらい
    ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.