その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > RSSリーダで最新情報を効率的にゲット!!

特 集

RSSリーダで最新情報を効率的にゲット!!
求めるスタイルやシーンに合わせて、最適なリーダを選ぶ

最近、RSSがとみに注目を集めている。[RSS]などのアイコンをWebサイト上で目にした人も多いのではないだろうか。

RSSは「RDF Site Summary」(または「Rich Site Summary」)の略で、文字通り「サイトの概略」が書かれたものだ。日付とヘッドラインから構成されたもので、つまりRSSを読めば、サイトの更新状況がわかるわけだ。例えば、ニュースサイトには刻々と新しいニュースが上げられていくが、いちいちWebブラウザでニュースサイトを開かなくても、RSSさえ読めば「新しいニュースがあるかどうか」、あるなら「それはどんなニュースか」といったことがわかる。

もちろん、そのためには(当たり前のことだが)、サイトがRSSを提供していなければならない。最近は、RSSを用意しているニュースサイトが増えてきており、ニュースサイトのRSSを提供しているサイトもある。上述したようにRSSを提供するサイトの多くには、[RSS]をはじめ、[RDF]/[XML]などのアイコンが表示され、RSSへのリンクが張られている。RDFはRSSの書式(フォーマット)の名前であり、RSSがXMLで記述されているために、このような混在が起きているのだが、アイコンの意味するところは同じと考えてよい。

今回、紹介するRSSリーダは、RSSを読みに行ってくれるソフトだ。RSSのURLを登録しておくことで、登録先を巡回し、更新サイトがあれば、その概略を表示してくれる。そのため、複数のニュースサイトの更新状況をあっという間にチェックできてしまう。RSSにはコンテンツ本体へのリンクもされているので、興味のあるコンテンツがあれば、それを閲覧することもできる。

RSSリーダを使えば、一つひとつのサイトを訪れる手間もなく、メールマガジンが届くのを待っている必要もない。よりリアルタイムに近い形で、知りたいときに知りたいニュースを手に入れることができる。一度使ったら手放せないツールだ。

(土屋 佳彦)


※ソフトを使用する際は、あらかじめソフトのドキュメントをよく読んでからお使いください。


ブラウザのセキュリティ機能を備えたメーラ風の高機能RSSリーダ
Headline-Reader Headline-Reader
電子メールソフトに似たインタフェースを持つソフト。操作方法もメーラとほぼ同じと考えてよい。

壁紙に一体化する付箋紙タイプのRSSリーダ
Heimdallr Heimdallr
デスクトップに貼り付けておけるRSSリーダ。常にデスクトップにおいてサイトの更新を追いかけたいというユーザに向いている

サマリーのタイトルを電光表示風に表示するティッカー風のRSSリーダ
DropTicker DropTicker
電光掲示板のように記事のタイトルを表示してくれるティッカー風のRSSリーダ。画面はコンパクトで、常に表示させておいても他の作業の邪魔にならない

「Becky!」にRSSの受信・閲覧機能を追加するプラグイン
Becky! RSS Reader Plugin Becky! RSS Reader Plugin
「Becky! RSS Reader Plugin」を導入すると、「Becky!」でメールを読むのとまったく同じ感覚でニュースやブログのサマリーを読むことができるようになる

タスクトレイに常駐してRSSの更新をチェック・通知してくれるソフト
RSS更新チェッカー cococ RSS更新チェッカー cococ
一定時間ごとにサイトの更新をチェックして、新着があればバルーンチップとタスクトレイアイコンの色で通知してくれる

…………………… ▼ ……………………
まとめ
それぞれのソフトの特徴のおさらい

…………………… ▼ ……………………
ダウンロード
今回ご紹介したソフトはこちらからダウンロードできます



次へ



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.