その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

 【恒例】年末・年始特別企画ベクターソフトニュース - 2002.12.28
 TOP PAGE > Softライブラリ > 新着ソフトレビュー
新着ソフトレビュー執筆者たちの2002年最も印象に残ったオンラインソフト ■執筆者(五十音順)
秋山 俊天野 司階堂 綾野倉本 春坂下 凡平土屋 佳彦永浜 裕之練馬 ベク蔵福住 護三浦 恵三

このページを友だちに教える

階堂 綾野 KAIDO Ayano
Charu2Pro    Mail Check It!/Egg Explorer
今年印象に残っただけでなく、実際に筆者のデスクトップ上で活躍中のオンラインソフト3本を紹介する。

「Charu2Pro」の動作画面
■Charu2Pro:コピー&ペーストのショートカットをソフトごとに設定できるほか、見やすいテキストリストで、履歴や登録データを呼び出すのも簡単だ

Charu2Pro Charu2Pro
マクロ機能や履歴FIFO機能が心強いクリップボード拡張ソフト

「Charu2Pro」は、アイコンのかわいさはもとよりテキストリストのシンプルさにひかれて使いはじめたクリップボード拡張ソフトである。クリップボード拡張ソフトは懸賞応募支援ソフトなどを含め、非常にたくさんの選択肢が用意されているが、その中からこの「Charu2Pro」を使い続けようと思った理由は二つある。一つ目は、かゆいところに手が届きまくる「マクロ機能」。そして二つ目はホットキーで簡単にON/OFFできる履歴FIFOモードなのだ。もちろん、マクロをまったく使用しないデータの追加や、クリップボード履歴からデータを選択することも快適に行えるソフトである。

一つ目のマクロ機能は、日付/実行/選択テキスト/クリップボード/プラグイン/キー入力といった種類が用意されており、頑張って設定を行えば、かなりいろいろなことをさせられる点が魅力。マクロを活用することで例えば、ホームページの日記で文章中にリンクを埋め込めたり、認証サイトでIDやパスワードを送信できたりといったことが簡単に行えるのだ。ちなみに筆者は、選択テキストマクロやキー入力マクロにいつもお世話になっている。

二つ目の履歴FIFOモードは、コピー1→コピー2→ペースト1→ペースト2といった風にクリップボード履歴を複数個ためて、あとから出せる機能。しかもペーストできる順を上記のように先にコピーしたものから出すことも、一番最後にコピーしたものから出すことも可能なのだ。実は筆者は、マクロ機能よりもこちらの機能を利用することが多い。非常に便利な機能なのだが、ついつい欲張ってたくさん履歴をためてしまうと、(ペースト先がそれぞれ異なるため)ペースト先を間違ってしまい、そこまでの履歴が台なしという落とし穴にはまってしまうことも多々ある。

このほかにも「Charu2Pro」には、コピー/ペーストのショートカットをアプリケーションごとに割り当てられたり、起動できるホットキーを変更できたりするなど、かなり肌になじめそうなソフトである。2003年にはさらに機能強化がされた「Charu3」がリリースされるとのことなので、こちらも楽しみにしたい。

Mail Check It! Mail Check It!
不要なメールをどんどん削除できるメールチェッカ

手を変え品を変えて送られる、ウイルスメールや広告メールに辟易している人も多いだろう。実際そうした状況を受けてか、近ごろは不要なメールをできるだけ手間なく削除できるソフトが多く製作されているように思う。「Mail Check It!(メールチェキ!)」もその一つで、多彩なフィルタリングを施すことができ、不要なメールの着信を極力防げるメールチェッカなのだ。

「Mail Check It!」を使っていて、特にうれしく感じるのは、削除したメールをログに残せる点。これにより必要なメールがフィルタ条件に引っかかってしまった場合でも、あとから内容を確認できる。また「特定のヘッダを含まない」メールを削除する設定も有効にできるので、ウイルスメールに多い「X-Mailerを含まない」メールの削除にも対応できる点もいたずらにフィルタ設定を増やす必要がなくなるので重宝している。

ちなみに、筆者が「Mail Check It!」に最初にひかれたのはソフトのアイコンである。首に巻かれたマフラー(?)にひとめぼれしてしまったのだ。このアイコンは作者のホームページで大活躍のオリジナルキャラ「みー」。一ファンとしては、この「みー」にもっと動いてほしかったりする。

サンプル画像 ■Mail Check It!:登録フィルタのヘッダ名やヘッダ値を非常に柔軟に設定することができる

Egg Explorer Egg Explorer
デスクトップをスッキリできるタブ型ファイラ

筆者は、必要なデータを非常にたくさんのフォルダに分散させているので、それぞれのフォルダごとに開くとデスクトップやタスクバーがあっという間にいっぱいになってしまう。そこでタブ型ファイラの「EggExplorer」を導入するに至った。

「EggExplorer」導入の決め手は、使いやすくまとまったインタフェース。アドレスバーのアドレス補完には対応していないが、ホットキーを設定することでワンキーでのアクセスが可能になる「お気に入り」や、ショートカットなどの入ったフォルダをランチャー用フォルダに指定することで、ファイルを直接実行できる「ランチャー」など、非常に使いやすい機能が搭載されているのもうれしい。

カスタマイズ項目も外観や動作ともに充実している。タブの位置や新しいタブの追加位置、タブの横幅・文字数の値を設定できるほか、ホイールでタブ切り替えを行えたり、リストビューの空き部分をダブルクリックすることで上位の階層に移動したり、フォルダの更新を行うことが可能だ。なお、標準のツールバーのほかに頻繁に利用するメニューを集めたカスタムバーを設定することもできる。また、登録したフォルダを開くことなく、いつでもドラッグ&ドロップするだけでコピー/移動が完了する「File Copy Assistance」機能も搭載している。

なお、最新版のVer.0.6.10.0を作者のホームページからダウンロードすることが可能だ。

サンプル画像 ■Egg Explorer:タブをはじめとして、充実したメニューやエクスプローラ風の使い勝手がうれしい




 Charu2Pro
作  者 松本 圭司 さん
対応OS Windows Me/2000/98/95/NT
種  別 フリーソフト
作者のホームページ http://keiziweb.age.jp/



-->
 Mail Check It!
作  者 スカイアーツ さん
対応OS Windows XP/Me/2000/98/NT
種  別 シェアウェア New
Mail Check It! 1.3.6 強力なフィルタ機能付きメール着信チェックソフトウェア (160K)
ソフトウォッチに追加
フリーソフト New
Egg Explorer 0.5.13.0 エクスプローラタイプのタブ型ファイラー (360K)
ソフトウォッチに追加


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.