【決定版】おすすめ動画編集スクール・講座26選!料金や口コミを徹底比較!

*本ページはプロモーションが含まれています

いまや動画コンテンツのビジネス市場は8,000億円以上ともいわれ、YouTubeやSNS上で見る日も多くなってきました。

その動画をアップロードするためにも動画編集は非常に重要であり、未経験から動画編集を学ぶ人も増えています。

単純な編集技術だけなら独学でも可能ですが、高度なスキルが必要な場合はスクールで学ぶことがおすすめです。

そこで今回はおすすめの動画編集スクールや講座を徹底比較しました。

あなたにおすすめの動画編集スクールが見つかるかもしれませんので是非最後までご覧ください!


◆この記事で分かること

  • おすすめの動画編集スクール&講座 
  • 動画編集を学ぶメリット
  • 動画編集を生かした働き方

目次

【結論】おすすめの動画編集スクールはMOOCRES(ムークリ)!

引用元:MOOCRES公式サイト

【編集部厳選】おすすめ動画編集スクールランキングTOP3

スクール公式サイト         料金(税込)    学習スタイルおすすめポイント
MOOCRES
(ムークリ)
公式サイト ゼロイチプラン:297,000円
クラスプラン:374,000円
マンツーマンプラン:594,000円
・オンライン
・通学(東京・大阪)
プロの動画クリエイターが講師をつとめ、
少人数授業が特徴。
対面での受講も可能。
studio US
(スタジオアス)
公式サイト 165,000円オンライン初心者でもオンライン上で映像制作や
動画編集スキルの基本まで学べます。
案件の獲得方法まで学べるため
副業・フリーランスにおすすめ
デジハク公式サイト 148,000円~オンライン講座や動画教材は卒業後も閲覧可能。
未経験から短期間で動画編集・映像制作の
仕事を獲得するためのカリキュラムが特徴。

結論、おすすめの動画編集スクールは「MOOCRES(ムークリ)」です!

運営会社はオンラインスクールで国内最大規模のTechAcademy(テックアカデミー)を運営する上場企業の傘下に入っており、大手ならではのサポートも兼ねそなえたスクールです。

おすすめする大きなポイントは以下の3点です。


  • 最大6名の少人数制の実践指導に特化している
  • 通学もしくはオンラインで学ぶことができ、オンラインの映像講座は見放題
  • 受講中に副業案件の挑戦ができる

フリーランスや副業の方には、単価が高いといわれているAfter Effectsの技術やスキルを基本から学ぶことができるため、フリーランスや副業に挑戦したい方にもおすすめです。

将来性はある?動画編集を学ぶメリット4選!

動画編集を学んでも将来性があるのか疑問に思う方も多いはずです。

結論を先にお伝えすると、動画コンテンツ市場は需要が増加しているため将来性はあります

ここでは、将来性がある動画編集を学ぶメリットについて詳しく解説していきます。

①動画コンテンツの需要が増加傾向で将来性がある

2020年より次世代の通信サービスである「5Gサービス」が始まったため、大容量の動画が今まで以上にスムーズに視聴できるようになりました。

スマートフォンやタブレットなどが普及したことにより、いつでもどこでも視聴が可能になったため、動画の視聴時間は7時間以上とも言われ増加しています。

そのため、動画市場はこれからも拡大していくことが予想され、動画編集者の需要はますます高まっていくと思われます。

未経験でもスクールで経験やスキルを習得できれば、動画編集者として仕事を受けられるでしょう。

②副業・フリーランスで活躍できる

動画編集の仕事はパソコンを使った作業になるため、在宅やリモートワークが多い職種です。

そのため、副業やフリーランスでも活躍できる環境でもあります。

また、隙間時間や好きな場所で仕事ができるため、生活環境に合わせて働くことも可能です。

副業やフリーランスとして動画クリエイターで働くことを目指し、動画編集スクールで学ぶ人も増えてました。

そのためスクールでも未経験者向けの基礎的な内容から実践まで学べるコースやカリキュラムが充実したスクールも数多く存在しています。

③転職の求人数が多い

動画コンテンツ市場は拡大しているため、動画編集の知識やスキルは今後も需要が見込まれています

転職の求人数も増えており、キャリアアップにもつながる可能性があります。

また、スクールや講座でも求人紹介を行っているため、動画編集のスキルを身につけることができれば転職にも非常に有利です。

就職・転職に役立つため、スクールの講座で学ぼうとする方が多い理由の1つでもあります。

④学生だけでなく社会人でも学ぶことができる

 動画編集は学生でも社会人でも多くの人が習得できるスキルです。

パソコンを使って作業するため、時間や場所にとらわれず自身の環境にあわせて働きやすいのも魅力の1つです。

社会人でも通勤・休憩時間・帰宅後など時間を作ることができればしっかりと学べます。

スクールに入って学習する方も多く、意欲さえあれば年齢問わず誰でも学びなおしができる点も大きなメリットです。

スクールは無駄?動画編集をスクールで学ぶメリット5選!

では、実際にスクールに入って勉強することにメリットはあるのでしょうか。

実際のところ、独学でもある程度の動画編集スキルの習得は可能です。

しかし、今後も動画編集の仕事を取っていけるようにしたいのであれば、スクールに入って勉強することがおすすめです。

ここでは動画編集をスクールで学ぶメリットを5選紹介していきます。

①オンラインなどで効率よく学べる

動画編集スクールではオンライン上で勉強できることが多いため、時間や場所にとらわれずに自分の予定にあわせて進められます。

また、講師やメンターがサポートしてくれるため、迷わずに最短で動画編集の実践的な能力を効率よく習得することができます。

独学であれば自分で調べながら少しずつ進めていく必要がありますが、動画編集スクールに入っていれば分からない点は現場で活躍するクリエーターに質問できる点もメリットです。

オンラインだとやりづらいと感じる場合は、対面式や自習室を利用するなど一番効率よく学べる環境を選ぶようにしましょう。

②実践的なスキルを身につけられる

実際に現場で活躍されているクリエーターの方から教えてもらえるため、より実践的なスキルを身につけられます

未経験者でも基礎知識から編集用ソフトの使い方、仕事に必要な技術など様々なスキルを学べるのです。

もし未経験から動画編集を学ぶのであれば、以下2点のソフトが学べるコースがあるスクールがおすすめです。


  • 動画編集ソフト/Adobe Premiere Pro
  • 動画編集ソフト/Adobe After Effects

③案件の獲得方法を学べる

副業やフリーランスで活躍したいのであれば案件の獲得は非常に大切です。

スクールによっては受講中に案件の獲得方法から納品完了まで一緒に体験できます

よりリアルな現場を見ることできるため、実際に納品までの流れを理解できて実践的なスキルが身につくでしょう。

スクール内でも案件の募集があるため、まずは実績を作りたい方や進め方を学びたい場合にもおすすめです。

④就職・転職サポートを受けられる

動画編集のスキルを身につけるだけでなく、実際に就職や転職のサポートを受けられるスクールもあります。

講師が案件獲得にむけてスキルの洗い出しやポートフォリオの作成、履歴書の添削、面接対策など多岐にわたります。

また、卒業生が利用できる独自の求人サイトまで準備していたりと、案件獲得までのサポートが手厚いです。

未経験者でもここまで手厚いサポートがあれば就職や転職のハードルも下がるため、独学ではできないスクールならではの強みでもあります。

転職を目指して動画編集を学ぶ方は、サポート内容も細かくチェックしておきましょう。

⑤講師に質問できる

独学と比較してスクールの大きなメリットは、やはり実績ある講師に質問ができる点です。

プロのクリエーターである講師から個別指導や授業を受けながら、不明点があればすぐに聞くことができます。

講師はプロのクリエーターのため、実戦経験も豊富なため質問した内容に対して的確に答えてくれます。

初心者は特に「聞くことができる環境」があるだけで安心感があるため、動画編集の仕事に不安を抱えている方におすすめです。

動画編集スクールの選び方のポイント5選!

動画編集スクールの選び方のポイントについて解説します。

スクールは数多くあるため、比較して決めるのも大変な作業です。

今回はスクールを選ぶ際に見ておくべきポイントを5つ絞り紹介していきます。

①自分の目的にあったスクールを選ぶ

スクールに入る前に、必ず動画編集を学ぶ目的を明確にしておきましょう。

転職して年収を上げたいのか、あるいはフリーランスとして独立を目指しているのか、副業で生活の足しにしたいのかで学ぶ内容も変わってきます。

転職であればその会社で活躍するためのスキル、フリーランスであれば映像会社や企業から受注したという実績、副業であれば動画編集ソフト以外にも企画やナレーション作成についても学ぶ必要があります。

目的によって必要なスキルが変わってくるため、まずは自分の目的を明確にしておきましょう

②料金で選ぶ

動画編集スクールの料金は決して安くはないため、自分にあった無理のない範囲で継続して学び続けることができるかを考えましょう。

無理して高い料金設定のスクールを選んでしまうと、日々の生活が圧迫されてしまい学習に集中できない場合もあります。

なるべく収入や生活環境などを考えて、無理なく支払える料金を想定してスクールを選ぶようにしましょう。

③サポートの手厚さ・有無を確認する

学習や就職などどこまでサポートしてくれるかも選ぶうえで大切なポイントになります。

スクールによっては、マンツーマン面談が週2回も行われたり、卒業後もスクール独自の求人に応募することができたりとサービスは各社さまざまです。

また、24時間オンラインチャットが利用できるスクールもあるため、まったくの初心者でも安心して作業ができます。

手厚いサポートを受けたいとお考えの方は各社のサポート内容を見比べてみましょう。

④自分に合った受講スタイルのスクールを選ぶ

まずは自分にあった受講スタイルのスクールを選ぶようにしましょう。

オンラインだけでは挫折しそうだと感じる方は対面授業がある動画編集スクールがおすすめです。

また、逆にリモートワークでしか時間の確保ができない場合は、オンラインでの受講も可能なスクールを選ぶことをおすすめします。

動画編集スクールの料金は決して安くはないので、途中で挫折することが無いように今のライフスタイルも考えながら自分に合っているか確認しておきましょう。

⑤サイトだけでなく、無料説明会や無料体験に参加してから決める

いきなり動画編集スクールに入るのは少し不安だと感じている方も多いはずです。

動画編集スクールの多くは無料説明会や無料体験を実施しているので利用しましょう。

WEBサイト上だけでは伝わらない雰囲気や授業の様子、サポート内容などを自分で確かめることができます。

体験してみて自分に合うと感じたスクールがあれば申し込み手続きに進みましょう。

対面&オンラインで学べるおすすめ動画編集スクール10選!

対面やオンラインで学べるおすすめ動画編集スクールを10選にまとめて紹介します。

期間、料金、特徴を一覧にしましたが、各社特徴があるため自分の目的に合ったスクールを選んでみましょう。

詳しい動画編集スクールの内容を解説していきます!

スクール名          公式サイト           期間       期間       特徴                   
MOOCRES(ムークリ)公式サイト①297,000円②374,000円③594,000円①②4か月
③3カ月
3種類のプランから選ぶことができる。
最大6名少人数クラスで場所や曜日はその都度調整ができるクラスプラン
完全オンラインで編集技術のみ学べるゼロイチプラン
完全オンラインで週1回マンツーマンの受講ができるマンツーマンプラン
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG公式サイト①132,000円②330,000円①2か月
②3か月
受講期間は2か月と3か月のため比較的短期間で学習が可能。
好きな時間に好きな場所で勉強ができる。
質問は教室かオンライン上でやりとり。
就職・転職支援も手厚い。
デジタルハリウッドからライセンスを取得したFC加盟店のため直営校の利用も可能。
デジタルハリウッドSTUDIO (直営校)公式サイト148,000円~2~6か月1994年に創立された老舗会社。
学習期間に応じてさまざまな学習コースを選択することが可能。
クリエイターズオーディションという企業とのマッチングイベントを開催。
フリーランスや副業したい方にはかなりおすすめ。
ヒューマンアカデミー公式サイト①278,168円②476,692円③743,693円※9月30日まで①②6か月
③1年
完全オンライン、もしくは最寄りの教室で動画編集を学ぶことが可能。
動画+HP系のスキルも取得できるコースもある。
複数のスキルを身に付けることで就職や転職、仕事の受注などの幅が広がる。
国の補助金制度の活用もでき、国内23カ所に教室がある。
MOVA(ムーバ)公式サイト660,000円6か月本格的な動画編集スキルを習得し、受講中に動画編集の案件で30万円の売上を目標にしている。
稼ぐことを目指す動画編集スクール。学習期間は半年のため他と比べて長いが、高いスキルを習得できる。
入門者向けのトライアル講座が追加されている。
インターネット・アカデミー公式サイト184,800円2ヶ月東京大学、東京芸術大学、京都大学iPS細胞研究所、気象庁などの国内有数の実績を持つWeb制作会社が母体のため、実践で役立つ知識とスキルが学べることがコンセプト。
【高等職業訓練促進給付金】の受給が可能。
バンタンクリエイターアカデミー公式サイト450,000円3ヶ月動画制作だけでなく、東京と大阪のスタジオで実際に機材を使い、現役の動画クリエイターである講師から演出から撮影技術まで学べる。
毎週末に通学する必要があるが、授業はオンラインで視聴も可能。
Winスクール公式サイト161,040円2か月特定のスキルに絞っているため、講座を選ぶことが可能。
そのため低額で動画編集のスキルを学べる。
もっと学びたい場合はセットで学べる総合コースもある。
全国で約50校もあるため通学できる場所も多く対面で学びたい方にもおすすめ。
PLAYBACK公式サイト110,000~220,000円2か月吉本興業とのコラボで、お笑い芸人たちの動画を素材として、より実践的な動画編集を学ぶことが可能。
卒業後も運営会社やオフィシャルサポーターから仕事の依頼が入る場合もある。
卒業生のコミュニティも用意されています。
BYND(バインド)公式サイト96,800円1か月1か月という超短期間で動画編集を学ぶという独自の方法を実践している。
自分のパソコンを持っているという前提のため、使い慣れたパソコンでスキルを身につけてもらい、授業後も復習できるため効率的に学習が可能。

①MOOCRES(ムークリ)

引用元: MOOCRES公式YouTube

プロの動画クリエーターが講師を務めており、少人数での授業が人気を集めています。

受講期間4カ月のカリキュラムで動画編集ソフトのPremiere ProやAfter Effectsなどの基本技術から、実践的な編集スキル、撮影方法について幅広く学べます。


また、他の動画スクールと比較して、受講期間中に講師のサポートを受けながら実際に仕事ができる点も特徴的であり、未経験からでも動画クリエーターを目指せるスクールと評判がとても良いです。

ムークリ授業開始! 基礎はうまいことできたと思う!まだまだレベル上げてMVとか作りたい! 後は自分の会社の紹介動画作りたい! それにしてもできること増えるのは楽しい!

引用元:X(旧Twitter)


オンライン授業はもちろんのこと対面で学びたい方は、東京・大阪の教室で受講も可能であり、マンツーマンプランなども選べる受講スタイルも特徴的です。

副業やフリーランス案件の獲得方法まで習得ができるため、MOOCRESは未経験・初心者にもおすすめの動画編集スクールです。

②デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

引用元:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG公式X(旧Twitter)

クリエイター専門スクールである「デジタルハリウッド」とWEB制作会社の「LIG」が共同運営するスクールで、これまでに9万人以上ものクリエーターを輩出しているスクールです。

1994年から続くデジタルハリウッドの教材とカリキュラムで学びつつ、実績豊富なLIGの現役で活躍するクリエイター講師から授業を受けられるという豪華な内容になっています。


デジハリの動画編集スクール入ったんだけど、シンプルに新しいことしれて、面白いーーー!今までできなかったことがこんなに簡単にできるようになるとは…勉強がんばる◎

引用元:X(旧Twitter)


学習内容には動画クリエイターの仕事に必要な知識・スキルのほかにも、撮影実習やYoutube動画の編集、WEB動画マーケティングもあわせて学べます。

受講期間が3カ月と他の動画編集スクールと比べると比較的短期間で実践的なスキルまで身に付きます。

就職サポートにも力を入れているため、将来的には動画クリエーターとして転職を目指している方や独立したい方にもおすすめです。

③デジタルハリウッドSTUDIO (直営校)

引用元:デジタルハリウッドSTUDIO (直営校)公式サイト

先ほども紹介した同じくデジタルハリウッドが展開している直営校であり、社会人向けのプロ専門クリエーターを育成することを目的に展開しています。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGとは簡単に言うと姉妹校のような関係性です。

動画編集の基本ソフトであるAdobe Premiere Pro、After Effects、Photoshop、Illustrator、Davinci Resolveなどの使用方法を学習できます。

また、全国に37拠点があり、いずれは1つの都市に1つのスタジオを開講していくことを目標に掲げています。

そのデジタルハリウッドが運営する校舎を利用することができ、当日予約も可能です。

運営のサポートがしっかりとあるため、アットホームな雰囲気で学習できると評判であり、担任制が採用されているため、担任や仲間と一緒にスキルを高めあうことができます。


さあ、走り続けている毎日ですが、 いよいよ今週末はデジタルハリウッドSTUDIO直営校の大交流会! 運営メンバーを含めると約70名の在卒生と講師&スタッフが集います。 プロデュースが楽しすぎて、周りの人たちを巻き込みながら準備中。

引用元:X(旧Twitter)


④ヒューマンアカデミー

引用元:ヒューマンアカデミー公式サイト

ヒューマンアカデミーといえば資格取得や就職・転職の総合校として名前を聞いた方は多いのではないでしょうか。

そのヒューマンアカデミーにも動画編集を学べるスクールがあります。

中でも「動画クリエイターコース」では動画制作の基礎的な知識からPremiere Pro・After Effectsなど編集ソフトの使用方法や動画広告の企画、制作まで幅広く学べるコースが人気です。


僕はヒューマンアカデミーの動画クリエイターコースで半年間みっちり勉強させて頂きました Ae.Prを学ぶ動画スクールは多いけどAi.Psも学んだのでかなりWEB特化のスキルをつけれました^ ^ スキルを活かして就職したい人は、会社にも重宝されそうですね^^;

引用元:X(旧Twitter)


受講期間は6か月間のためしっかりと学習でき、全国に23校舎もあるため通学して校舎のパソコンを使って学習することもできます

校舎は札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・兵庫・広島・岡山・福岡など全国に拠点があるため、校舎に通学して学びたい方にはとてもおすすめです。

⑤MOVA(ムーバ)

引用元:MOVA(ムーバ)公式サイト

フリーランスとして独立や起業を目指している方が必要なスキルを学べるスクールです。

基礎的な内容はもちろんのこと、週1回の授業では現役の動画クリエイターである講師から学ぶことができ、プロレベルの知識や撮影技術・編集スキルを習得できます。


かなり本格的に動画編集を学べるみたいです。 動画編集というよりは映像制作レベルまで! ここで学べば間違いなく映像業界で食ってける!

引用元:X(旧Twitter)


受講期間は6ヶ月のため他と比較すると少し長いですが、受講期間中に副業として実際の案件も経験できます。

実際に仕事をしながらそれに必要な企画や編集スキルを学ぶことができるため、より実践に近い形式で受講できます。

また、MOVAが設定した基準を満たしていれば、卒業生してからも案件を紹介してくれる制度があるため卒業後も安心です。

⑥インターネット・アカデミー

引用元:インターネット・アカデミー公式サイト

プログラミングやWEBデザインスクールとしても人気があるインターネット・アカデミーですが、動画編集スクールとしてもおすすめのスクールです。

通学やオンライン学習の両方を兼ね備えており、希望があればマンツーマンでの授業も選択でき、忙しい社会人でも時間を調整して希望の受講スタイルを見つけることができます。

また、カリキュラムの中では基礎知識を学びながらYoutubeに特化した動画編集やCMやウェディングムービーの制作も学べる内容のため、初めての方にもおすすめです。


今日でwebの学校卒業です!一年と半年間仕事しながら勉強してきました。初めの頃はかなり辛かったけどようやく流れがつかめてきた今日この頃です。実践は応用が利かないと厳しいので柔軟に対応できるように引き続き勉強していきたいです☺︎ #インターネットアカデミー

引用元:X(旧Twitter)


⑦バンタンクリエイターアカデミー

引用元:バンタンクリエイターアカデミー公式サイト

動画編集のスキル以外にも、東京と大阪のスタジオで実際に機械をさわりながら撮影技術まで学べるため、社会人のほかに大学生にもおすすめのスクールです。

毎週末に学校で2時間の授業を受ける必要がありますが、通学できない場合はオンラインでの参加も可能なため無理なく学習を続けることができます。

また、プロのクリエーターが講師を務めるため実践的な授業が多く実践的なスキルが身に付きます。

案件受注のサポートも行っているため、はじめたばかりのフリーランスの方や転職を検討されている方はとても心強い存在です。


Adobeの編集技術もっと知りたい! 一期生の人たちと繋がり持ちたい!

引用元:X(旧Twitter)


⑧Winスクール

引用元:Winスクール公式サイト

Premiere Proの講座、After Effectsの講座だけなど特定のスキルだけに絞って学習し、その分料金を安くできる点が特徴的です。

オンライン受講であればパソコンを無料でレンタルすることもできます。

対面で学びたい場合も全国に約50校もあるため、通学できる場所も多く学びやすい環境が整っています。

動画編集の基礎を学びながら比較的安く抑えたい初心者の方や、YouTube向けの実践スキルを学びたい方にもおすすめのスクールです。


やっぱりマーケティングは実践で身につけていくものなんだなという気づきと理解。 人の役に立てるようになるためには、強くならなければ。 とりあえず、 Winスクールのカウンセリングがめちゃくちゃ良かったということを呟いておきます。 #Winスクール

引用元:X(旧Twitter)


⑨PLAYBACK

引用元:PLAYBACK公式サイト

人気芸能プロダクションの吉本興業が全面協力している動画編集スクールであり、著名タレントの動画素材でYouTubeの動画演習技術を2カ月で学べます

お笑い芸人たちの動画を素材として利用しながら、CMやミュージックビデオを手掛けるプロのクリエーターからより実践的な動画編集を体験できます。

また、受講中に編集した動画がよければ実際にタレントや芸人たちのYouTubeチャンネルに公開される場合もある点も大きな特徴です。


【オズワルド】みんなを幸せにしよう【PLAYBACK受講生編集動画】 https://youtu.be/P4lyYeGpvcI @YouTubeより これは、1番にいいねしたってことで合ってる? てっきり2人でお買い物するのかと思ってにやにやしてたら違った

引用元:X(旧Twitter)


卒業後も運営会社やオフィシャルサポーターから仕事の依頼が入る可能性もあるため、芸能関係での活動を目指したい方にはおすすめです。

⑩BYND(バインド)

引用元:BYND(バインド)公式サイト

1か月という超短期間で動画編集を学ぶという独自の方法を実践しており、1500名を超える指導実績があるスクールです。

短期間のため受講内容は動画制作とモーショングラフィックスを学ぶという独自の方式を実践しています。

動画編集を目指す受講生であれば、自分のパソコンは持っているという前提のため、自身のパソコンを使用し学習していきます。

使い慣れたパソコンでスキルを身につけてもらい、授業後の復習も行えるため合理的に動画編集を学びたい方におすすめです。


復習 効果音のおかげでかわいいいえい OtoLogic #aftereffects #MotionGraphics #AE #BYND

引用元:X(旧Twitter)


オンラインで学べる安くておすすめ動画編集スクール12選!

続いてはオンラインで学べる安くておすすめの動画編集スクールを12選にまとめて紹介します。

社会人の方であれば通学して学習することは難しいため、どこでも作業できるオンライン授業で学びながら、初めはなるべくコストを抑えたいと考える方も多いはずです。

先ほどと同様に一覧にまとめていますが、後ほど各スクールを解説していきます!

スクール名          公式サイト          料金       期間      特徴            
studio US(スタジオアス)公式サイト165,000円2カ月オンライン講座でも未経験や初心者でも動画編集スキルの基本を学習できます。
また、副業やフリーランスの方でも案件が獲得できる方法を学べます。
受講料金が安く、プロの講師にオンラインで質問可能です。
デジハク公式サイト148,000円~90~180日間受講期間中でも案件を獲得することができ、講師のサポート付きで案件に取り組めるため安心して経験を積めます。
また卒業後も講座や動画教材を見られるので、未経験や初心者の方にはとてもおすすめです。
DMM WEB CAMP 動画クリエイターコース公式サイト169,800円1ヶ月(4週間)最短4週間でAdobe Premiere Proを使った編集スキルを学べる点は他と比べて特徴的です。
Adobe Creative Cloudコンプリートプランがなんと2ヶ月分無料になります。
Famm(動画クリエイター講座)公式サイト184,800円1ヶ月動画編集を学びたい子育て中の方におすすめで、週1回の講座で動画編集の基本から応用スキルまで学習できます。
SHElikes公式サイト211,640円3ヶ月の場合女性向けキャリアスクールであり、動画編集以外にもさまざまなコースをオンラインで受け放題です。
また、自分の好きな期間で学べるため、月額料金を抑えることもできます。
デジハリ・オンラインスクール公式サイト281,600円6ヶ月動画マーケティングや案件獲得の方法などのスキルまで学べるカリキュラムが学べます。
デジタルハリウッドが運営のオンライン動画編集のため安心します。
Chapter two公式サイト398,000円90日間〜無期限1件数十万円程度の依頼を受けられるレベルの、非常に難しい動画制作スキルまで学べます
たのまな公式サイト361,900円6ヶ月動画編集のほかにも簡単なWEB制作まで学習できます。
ヒューマンアカデミーが運営するオンライン動画編集スクールでもあります。
MOOV SCHOOL公式サイト39,800円2週間7回のクラスを受講1回の受講料が6,000円と安価でありながら、プロの講師からマンツーマンで指導を受けて学べます。
FLUMA公式サイト81,840円4カ月想定「子どもたちのやりたい!をカタチに」をコンセプトにした子ども向けの動画編集スクールです。
ワナビーアカデミー公式サイト264,000円6ヶ月動画編集のほかにも動画広告の運用を学べるため、動画マーケティングも習得できます。
ストアカ公式サイト1,000円~※選択する講座による30分~※選択する講座による誰でも簡単に自分に合った講師や授業を選び学習するサイトです。
ストアカがプラットフォームになっており、そこに講師自身が費用や内容を決めて受講者を集めます。

①studio US(スタジオアス)

引用元:studio US(スタジオアス)公式サイト

最短2カ月で700本以上もの動画教材を使用して基礎知識から実践スキルまでオンライン上で学習することができます。

受講できる内容もPremiere ProやAfter Effectsなど動画編集ソフトの使い方を学ぶ基礎講座や、動画広告を制作する方法、営業技術など初心者や未経験の方でもプロのクリエーターとして仕事を受注できる内容です。

これだけ充実した内容にもかかわらず費用は165,000円(税込)ととてもリーズナブル設定になっているので、オンラインで学び安く抑えたい方にはおすすめできるスクールです。


『studio US』は、未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクールです。現役で活躍しているプロの動画クリエイターから、実践的な動画編集スキルを学べます。

引用元:X(旧Twitter)


②デジハク

引用元:デジハク公式サイト

オンライン完結でありながら未経験者向けでも動画編集・映像制作を学べます。

現役のプロのクリエーターがポートフォリオ制作の添削を行い、受注した案件は一緒に取り組めるため実際に体験したい初心者や未経験の方は安心して仕事ができます

また、受講期間中に転職活動に使える自分の動画作品を制作できるため、転職を目指している方や独立・副業で活躍したい方にもおすすめです。

受講された方からも満足している声が多数ありました。


受講料20万の動画スクール高いから 独学でいいやって思ってたんだけど 20万という大金を払った人たちが受講生だから常識はずれな人はほぼいない! そんな人ばかりのコミュニティって普通に考えたらすごくない? 質が高いから、仕事の幅もめっちゃ広がるし安心感半端ない

引用元:X(旧Twitter)


③DMM WEB CAMP 動画クリエイターコース

引用元:DMM WEB CAMP 動画クリエイターコース公式サイト

受講期間が4週間と他と比較しても短いですが、学習時間は合計160時間もあるため十分に学習できる内容です。

また、Premiere Proなどの編集ソフトを利用できるAdobe Creative Cloudコンプリートプランがなんと2ヶ月分無料のため、入学前に自身で購入する必要もありません。

短期間で動画編集スキルを学びたいと考えている方にはおすすめのスクールです。


本日は1本納品&1本1次納品完了 そして新しい動画の仕事もらったので少し休憩したら取り掛かろう(*´з`) 毎日のDMM英会話の30分はめちゃくちゃ苦痛だけど動画編集は苦痛でない男からの投稿

引用元:X(旧Twitter)


④Famm(動画クリエイター講座)

引用元:Famm(動画クリエイター講座)公式サイト

子育て中の主婦やママで動画編集を学びたい方におすすめの動画編集スクールです。

未経験でも受講期間1ヶ月(週1回、計5回の講座)で動画編集の基本から応用スキルまで習得でき、さらに無料のベビーシッター派遣付きのため集中して参加できます。


夜分遅くに大変失礼します これから学ばれるのですね! ほんと私はfammにしてよかったと つくづく感じています。 (まわし者みたい) シッター制度や講師質問し放題等、 使えるツール全て使って、成長できました この時期だけは貪欲になって頑張ってください きっと結果はついてきます〜

引用元:X(旧Twitter)


卒業後の学習サポートや副業支援もあるため、受講中から卒業後まで安心して動画編集ができるスクールです。

⑤SHElikes

引用元:SHElikes公式サイト

続いても女性向けキャリアスクールとして展開しているSHElikesです。

はじめに入学金の162,800円(税込)支払う必要がありますが、その後は月額16,280円(税込)を支払えば動画編集のほかに、WEBサイト制作やWEBデザインコース、EBマーケターコース、副業・フリーランスコースなど複数のコースをオンラインで受け放題です。

動画編集以外にも幅広く学ぶことができ、受講期間などは自分の好きなタイミングで終えられるため、自分の学習状況にあわせて変更することができます。

動画編集スキルを学びつつも、ITやWEB全般のスキルを高めて、クリエイターとして仕事をしたい女性におすすめのスクールです。


昨日はwebライティングの卒業制作提出と海外コミュの打ち合わせでした今週はコピーライティングのコンペにも急遽挑戦。 こうやって時間を作れるのも家族とシッターさんのおかげです まだ結果は出ないけど超地味にコツコツやってる感じが好きだったりする… #SHE捗 #SHElikes #シーライクス

引用元:X(旧Twitter)


⑥デジハリ・オンラインスクール

引用元:デジハリ・オンラインスクール公式サイト

デジタルハリウッドが運営するオンラインスクールで、動画クリエイター講座ではオンラインで動画編集の受講が可能です。

受講期間は6ヶ月(26週間)ですが、53時間分のオンライン教材で学習し、動画編集ソフトのPremiere ProとAfter Effects、デザインソフトのPhotoshopとIllustratorも学べます。

また、プロのクリエーターが講師を務めており、その講師にいつでも質問ができ、制作課題の丁寧なフィードバックがあるなど、より実践的なスキルを学べる体制が整っている点も魅力です。

卒業後もデジタルハリウッドの受講生のみ閲覧できる求人サイトの利用や未経験者用の案件も紹介があります。

就職や転職活動のサポートもあるため、受講中から卒業後まで手厚いサポートを受けられるため、サポートが必要な方にはおすすめです。


技術面だけでなく、人としてもたくさんの事を学んだ日。事務局の方の手厚いサポートに感動と感謝で、ウルウルしながらのOAS面談となりました。本当にありがとうございます♡ 

引用元:X(旧Twitter)


⑦Chapter two

引用元:Chapter two公式サイト

自立して稼げるようになるまで指導してくれるオンラインスクールです。

通常のスクールでは使い方や制作のみの指導が多いですが、Chapter twoでは営業スキルや実務書の作成など自分でお金を稼ぐための方法の習得にも力を入れています。

実際に半年で15万円以上も稼ぐことができたといった成果報告も上がっているほど、稼ぐためのノウハウを知ることができます。


妹がいきなり動画制作始めて半年で15万弱稼げるようになっててびっくりした件 妹は2つ下で6歳の子がいる会社員。 10月〜半年くらい「ChapterTwo」という20万のスクールに入って動画制作を学んだらしい(ここはオススメだと言ってた) 3月家建てて引越しと退職。このあたりで開業

引用元:X(旧Twitter)


まったくの未経験でも案件を獲得し稼げるようになるためのスキルをもっと学びたいという方にはおすすめのスクールです。

⑧たのまな

引用元:たのまな公式サイト

ヒューマンアカデミーが運営する通信教育講座です。

受講期間は6ヶ月のため基本的な知識だけでなく、簡単なWEB制作スキルマで学習できるため、複数スキルを掛け合わせることで高単価な案件を獲得しやすくなります

また、副業やフリーランスが案件を獲得するときに必要となる知識を学ぶセミナーを無料で受講できます。


最近2つ #たのまな のオンラインセミナーに参加しました。 ①発注者に選ばれる在宅ワーカーになるポイント ②未経験からWeb業界にキャリアチェンジする方法 いずれも発注者やWeb企業のオーナー経験を踏まえてのお話が聞けて、自分なりの今後の進み方を決める良いヒントになりました。

引用元:X(旧Twitter)


他にも実際に副業で行う案件に近い形式の実践課題もあるため、未経験からスキルを身につけていきたいと考えている方にはおすすめの動画編集スクールです。

⑨MOOV SCHOOL

引用元:MOOV SCHOOL公式サイト

なるべく費用を抑えて勉強したい方におすすめの動画編集スクールです。

2週間で7回受講し、料金は39,800円と他のスクールと比較してもとても安く学べます

とても安い料金設定ですが、個別指導のため自分のペースで講義を進めることが可能です。

プロの講師からマンツーマンで指導を受けられるため、実践的な学習も受講ができ、時間外でも講師にメールや電話での質問もできます。

安価でもしっかりとスキルを身につけられるため、これから副業やフリーランスで案件獲得を目指したい方にもおすすめです。


はじめまして!今年から動画編集を学んでいるものです。僕が通っている@MOVA_school は撮影・編集のみならず、案件の獲得方法などもカリキュラムの中に含まれていて、今後フリーランスなどで活躍していきたい方にはおすすめできるなと、実際に通っている身として感じています。ご参考までに!

引用元:X(旧Twitter)


⑩FULMA

引用元:FULMA公式サイト

対象年齢が小学1年生〜中学3年生までの動画制作スクールです。

授業の内容はネットリテラシーを学ぶ講座と動画を制作する講座の2種類に分かれています。

ネットリテラシー講座では子どもたちがインターネットを使っていくうえで必要なリテラシーを学習し、動画制作講座は講師とのマンツーマンでの指導のため堅実に学べます。

1回あたりの授業時間は40分のため、小学校の授業より少し短くなっているので、参加されるお子様も無理なく続けることが可能です。

もしお子様が動画編集を学んでみたいと言われた場合はFULMAがおすすめです。


動画編集をしたいと言い出したYouTube大好き小2長男 親はスキルないし、フルマという動画編集教室の無料体験申し込んでみた 編集向けのYouTubeはいっぱいあるけど、子供向けのがないのよね。 それこそYouTubeで学んで欲しいんだけど まぁ意欲は尊重したい

引用元:X(旧Twitter)


⑪ワナビーアカデミー

引用元:ワナビーアカデミー公式X(旧Twitter)

動画編集のほかにも動画広告の運用などマーケティング関係も学習できるスクールです。

Premiere Proの動画編集ソフトを使用した基礎的な内容から、企画力が求められる上級者向けの内容まで幅広く学習できます。

利用するツールの使い方を直接質問ができる補講もあるため、オンラインでも心配なくサポートが手厚く提供されています。


#ワナビーアカデミー のなんでも相談会に初参加しましたフリーランスでお仕事していると相談相手がいないので、この環境は心強くて本当にありがたい たくさんアドバイスをいただいたので、迷わずに効率よくお仕事できそうです

引用元:X(旧Twitter)


実務を経験ができる制度も整っているため、マーケティングも学びながら動画編集技術も身につけたい方におすすめです。

⑫ストアカ

 引用元:ストアカ公式サイト

これまでのスクールとは少し違い、自分自身で好きな講座・講師を選び、相手が設定した受講料を支払うシステムです。

1回の受講料は1,000円からで、自分で選択ができるため気軽に学べます。


何かを学ぶ時、もちろん自分で調べて実践するのも大切だけど、 その道の少し先をいってる人に聞いちゃう方がかなり効率よかったりする。 今は動画編集のことで悩んだら、ストアカで先生を探して聞いちゃうのにハマってます。 (もちろんyoutubeでhowto動画も見たりしますが)

引用元:X(旧Twitter)


オンライン・対面の両方の形式に対応しているため、時間や場所にとらわれず好きなタイミングで受講ができます。

動画編集以外にもキャリア相談や転職相談など幅広く扱っているため、信頼できる講師をみつけて相談してから始めてもいいかもしれません。

買い切り型・有料動画編集のおすすめ講座4選!

動画編集スクールで学習する場合、受講料はそれほど安いとは言えません。

それでもなるべく安く、しっかりと勉強ができる教材を使って動画編集を学びたいと感じている方も多いはずです。

その場合は買い切り型の学習サービスがおすすめです。

動画編集スクールより安い料金設定であり、一度買い取ってしまえば授業動画などはずっと見続けることができるため、 何度も学習したいと考えている方にもおすすめできます。

今回は買い切り型の学習サービスを4選紹介していきます!

スクール名         公式サイト               料金            期間         特徴             
Udemy公式サイト※210,000以上のコースから自身で選択し動画を買い取る制限なし210,000以上のコースから自身で選択し学習する方式のため幅広く学習できる。
MovieHacks公式サイト69,800円制限なしYouTube向けの動画編集をメインとしており、基本スキルから実践スキルまで学習ができる。
クリエイターズジャパン公式サイト79,800円制限なし他の受講生やプロのクリエーター講師が参加しているオンラインサロンへの入会ができ、LINEでも質問ができる。
デイトラ公式サイト 79,800円制限なし他の買取型の教材とではあまりない講師への質問が1年間し放題なため、手厚いサポートがあります。

①Udemy

引用元:Udemy公式サイト

21,000もの動画教材があり、その中から自分自身で必要な教材を購入することができます。

初心者や未経験者の方もまずは動画編集ソフトの使い方を学習できる講座や、上級者向けにプロの技術を学ぶことができる応用編など、自分の学びたい内容に合わせて動画教材を選ぶこともできます。


Udemyが割引セールしてます。動画編集、プログラミング、デザインなど、格安で学ぶことができます。 正月休みにぜひ。 高い教材買ったり、スクールに行く必要は無くなりましたね。 良い時代です。

引用元:X(旧Twitter)


自分で学びたい内容が決まっていれば、動画編集スクールと比べて安く必要なスキルを習得できるかもしれません。

まずはどのような動画教材があるか確認してから、選んでみることをおすすめします。

②MovieHacks

引用元:MovieHacks公式サイト

YouTubeに特化した動画編集の学習サービスを提供しており、基本から実践的なスキルまで学習できます。

動画編集者はX(旧Twitter)のフォロワーが3万人超えのインフルエンサーでもある「生ハム帝国」さんが務めており、7000人以上の動画編集者を育成した実績もあります。


movie hacks受講して3ヶ月ついに知り合いの方ではありますがYouTubeの動画を作成させて頂く事になりました! がんばります!!

引用元:X(旧Twitter)


YouTubeの動画編集に特化しており、サムネイルの作り方や伸びる動画のポイント、ターゲットに合わせた編集の仕方などを紹介しているため、YouTube関係の案件に携わりたいと考えている方はおすすめです。

③クリエイターズジャパン

引用元:クリエイターズジャパン公式サイト

買い切り型のオンライン教材で動画編集を学ぶことができ、動画編集ソフトの使い方や、案件の獲得方法、YouTubeの活用方法なども学ぶことも可能です。

また、他と比較してクリエーターズジャパンは受講生や講師が参加するオンラインサロンもあるため交流会も盛んに行われています。


私の会社には、いい人がたくさんいるんだけど、向上心のある人はいない。 その中にいると、自分も少なからず引きずられる。 でもCJの方と交流会で接すると、やる気のある人たちばかりで楽しい 不安もあるけど、素敵な仲間に刺激をもらえて成長できる

引用元:X(旧Twitter)


月に1回オンラインでの全体交流会を実施して、情報交換を行っており、2023年8月には3年ぶりにBBQオフ会も開催していました。

動画編集のスキルを学びながらもつながりも欲しいと感じている方にはおすすめの学習サービスです。

④デイトラ

引用元:デイトラ公式サイト

未経験から動画編集の副業で月5万円を稼ぐことをコンセプトにした買い切り型の学習サービスです。

他のサービスと比較してデイトラの特徴は買い取り型サービスに珍しくプロの講師に1年間も質問し放題という特典がついています。

プロの動画クリエーターによる添削やメンターへの質問が可能であり、学習カリキュラムも30日で学習できる内容となっているため、すぐに副業に取り掛かることも可能です。

動画編集の副業として学習したいと考えている方にはおすすめの学習サービスです。


久しぶり過ぎます! 残業終わりナウです! この後はデイトラで編集マスターしたので動画編集ガンガンやっていきます 副業としてしっかり貰えてきているので独立出来るように頑張ります!!

引用元:X(旧Twitter)


動画編集受講後のおすすめの働き方とは?

ここまでは動画編集のスクールや学習サービスについて紹介しました。

では、実際に動画編集について受講したあと、どのような働き方が良いのでしょうか。

動画編集のスキルを身につけた後、そのスキルを活かしたおすすめの働き方について紹介します!

①動画編集・映像制作会社に転職、就職

動画編集のスキルを身につけられれば、動画編集や映像制作の会社へ転職・就職を目指すことも可能です。

2023年7月に「日本デザイン」で掲載された情報によると、動画・映像クリエーターの平均年収は400万円程度と言われておりますが、キャリアを積むと年収700万円~1,000万円ほどになり、中には1,000万円以上も稼ぐクリエーターもいるそうです。

年収1,000万円を超える人の割合は4.9%と言われているため、夢のある職業だといえます。

高収入を目指したい方は以下のスキルを身につけておくようにしましょう。


  • ポストプロダクションでの編集経験
  • Adobe After Effectsの実務経験
  • Adobe Premiere Proによる動画編集経験
  • Word/Excel/PowerPoint 

求人によっては実務経験が1年以上ある人と条件が決まっている場合もあります。

他にも求人ごとに必要なスキルの条件があるため、目指したい就職先があれば事前に確認しておきましょう。

②フリーランスの動画編集者

フリーランスとして独立し動画編集を請け負うことも可能です。

フリーランスの場合は、案件の獲得や仕事の進捗など全て自分で行う必要があるため難易度は高いですが、動画編集スクールで必要なスキルを習得できる講座もあります

また、自分自身が商品となるため、動画編集者としての仕事の幅が広いほど、高単価な案件も受注できるので、以下のスキルを身につけておきましょう。


  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Illustrator
  • Photoshop

動画編集ソフトだけではなく、写真加工ができるソフトも扱えるように事前に学習しておきましょう。

多くのクライアントから案件を受注できるようになれば、自分が管理者となり他の動画編集者を雇ってチームを組むことでさらに収入の幅も増えていきます

自分で案件を獲得し、しっかりと進めていける自信があれば、フリーランスとして独立することはおすすめです。

③副業として受託・運営

本業の収入源とは別に副業として動画編集を行うこともおすすめです。

動画編集はスキマ時間を利用して働けるため、副業として請け負っている方も多いです。

仕事のやり方は、受託する方法と自分でYouTubeチャンネルなどを運営していく2種類あります。

受託した場合の相場は、1本あたり3,000円~5,000円程度と言われており、動画のテロップやカット・BGMの挿入など比較的難易度が低い作業も多くあるため、副業としてチャレンジもしやすい内容です。

自分自身のスキルが上がれば挑戦できる仕事の内容も変わってくるため、努力次第では単価も上げていける点も魅力です。

また、自分のペースで進めていきたい場合は、YouTubeなどで自分のチャンネルを開設し、運営していくことで動画編集の技術を磨けます。

自分で企画か撮影、マーケティングも行う必要があるため難易度は上がりますが、チャンネル登録者が増えると実績と副収入にもなります。

副業が安定すれば本業にする人もいるため、フリーランスとして独立する前に不安な方にもおすすめの働き方です。

動画編集スクールに関するよくある質問6選!

動画編集スクールに関するよくある質問を6選紹介します。

使い始める前に知っておきたい内容もあるため事前に確認してみてください。

それでは順番に解説していきます。

①動画編集スクールでスキルを身につければ稼げる?

動画編集のスキルを身につけて、しっかりと案件をこなしていけば稼ぐことは可能です。

基本的に「動画編集で稼ぐ」ことを目標にしており、多くの方が副業やフリーランスとして活躍しています。

また、在籍中に講師と一緒に案件をこなして稼ぐことができるスクールもあります。

動画編集スクールでスキルを身につけることができれば比較的稼ぎやすいです。

②初心者・未経験でも動画編集を習得できる?

初心者や未経験の方でも動画編集のスキルを習得できるようにカリキュラムを組むスクールが多いため問題ありません。

未経験から動画編集者になった方も数多くいるため、しっかりと学習すれば動画編集のスキルは習得できます。


動画編集を勉強するならスクールに入ったほうがいいです! なぜなら、独学でやるより早くマネタイズできるから!私も動画編集未経験でプレミアプロも知らない超初心者でした! そんな状態でもスクールでコツコツ積み上げを行えば、3ヶ月で売上げをつくれます!諦めないことがコツです

引用元:X(旧Twitter)


受講者の9割以上が未経験者の動画編集スクールもあるため、初心者や未経験でも興味があれば挑戦してみることをおすすめします。

③動画編集スクールに入る前にやっておくべきことは?

準備するものはほとんどありませんが、動画編集ができるパソコンは用意しておきましょう。

予算が許す限りなるべくハイスペックなパソコンを準備する方がおすすめです。

特に動画編集ソフトである「Adobe Premiere Pro」を使用することが多いため、Adobe社の推奨スペックが備わっているパソコンにしておきましょう。

④動画編集スクール選びで注意することは?

注意するポイントは学習したい内容や費用などで異なってきます。

その中でも注意すべきポイントは以下の通りです。


  • カリキュラムと内容の確認
  • 講師の経験や実績
  • 学習ができる設備や施設
  • 実践的な学習の有無
  • 卒業生からの口コミ
  • 学習のサポート体制
  • 受講料(年間プラン、月額制、買い切り型など)

もし不安であれば無料説明会などを実施しているスクールもあるので、一度試してみることをおすすめします。

⑤動画編集スクールで習得すべきスキルは?

どのような学習目的があるかで習得すべきスキルは変わってきますが、どのスクールでもまず学ぶことが多いのは動画編集ソフトであるPremiere Pro・After Effectsなどの使い方や基礎知識です。

動画編集ができるようになることが大きな目標のため使い方などはマスターするようにしましょう。

他にもフリーランスや副業として仕事をしたい方は、案件の獲得方法やマーケティングスキルも学習しておくべきです

まずは目標を設定し、それに必要なスキルを動画編集スクールで習得するようにしましょう。

⑥動画編集スクール卒業後はすぐに活躍できる?

基本的には動画編集スクールで基礎知識から応用スキルまで幅広く学ぶことができるため活躍することは可能です。

より早く活躍したい場合は、なるべく実践的なカリキュラムや学習内容があるスクールを選ぶようにしましょう。

先ほども紹介の通り、受講期間中に案件の仕事ができるスクールもあるため、早く活躍したい方は実践に近い形式で経験を積んでおくことをおすすめします。

【決定版】おすすめ動画編集スクール・講座26選!料金や口コミを徹底比較!まとめ

動画編集スクールについて紹介しましたがいかがでしょうか。

動画の需要は増えているため、ますます動画編集者は必要になってきてます。

動画編集スクールは必要なスキルを短期間で習得ができるため、早く活躍したいと考えている方は今回紹介したスクールをぜひ参考にしてみてください!

【編集部厳選】おすすめ動画編集スクールランキングTOP3