その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > “ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト

“ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト

まとめ
「“便利さ”とは何か」を追求したソフト

今回紹介した4本に限らず、キューブ・ソフト製のソフトは、取り立ててユニークなものではない。むしろ“定番”ともいえるジャンルのソフトが多く、またことさら高機能・多機能を謳うわけでもなく、「よくあるソフト」にも思える。実はまったく「よくあるソフト」ではないのだが、一見そう思わせてしまうところが、キューブ・ソフトの特徴だといえる。

変わったことをしているわけではない。ただ、ほんのちょっと、ほかのソフトとは違う。そして、その“ほんのちょっと”が、ユーザの利便性を高くしているのだ。

「CubePDF」。仮想プリンタドライバとして動作するPDF作成ファイルは、よく見かける。というより、いまや主流といってよく、どんな文書もPDF化できて、便利なソフトだ。ただ、「PDFではなくて、画像にならないかなあ」と思うことがある。思わない人はまったく思わないだろうが、その必要を感じる人にとって「画像化できる」ことの便利さは代えがたい。

「CubeICE」。Mac使いの人とアーカイブのやりとりをする人にとって、Macで生成された書庫の文字化けやMac独自の不要ファイルは、毎度イライラのもとだ。「まったく余計な手間ばっかりかかる」のだが、その余計な手間をなくしてくれる。「CubePowerSaver」にしても「CubeImage Resize」にしても、同じだ。時間帯別の電源管理や、縦横比の異なるリサイズへの配慮など、ちょっとしたことなのだが、ユーザにとっての肝を押さえている。

こうしたキューブ・ソフト製のソフトから感じることは「ユーザの利便性」「ユーザにとっての便利さとは何か」を最重要に考えられている(のだろう)ということ。口で言うのは簡単だが、なかなかできることではない。

「よくあるソフト」に見えるかもしれない。そして実際に、ある人にとっては「よくあるソフト」で終わるかもしれないが、決して少なくない人にとっては「特別なソフト」になる可能性がある。そんなキューブ・ソフトのソフトを一度試してはいかがだろう。


前へ 次へ


“ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト
CubePDF:さまざまな文書を簡単にPDF化できるソフト
CubeICE:外部DLL不要で、すぐに使える圧縮・解凍ソフト
CubePowerSaver:時間帯によって設定を変えられる電源管理ソフト
CubeImage Resize:ドラッグ&ドロップだけで画像をリサイズ
mark_bl2.gifまとめ:「“便利さ”とは何か」を追求したソフト
ソフト作者からひと言:ユーザの声を反映しつつ、スピーディにソフトを開発・公開
ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.