その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > “ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト

“ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト

CubePDFCubePDF
さまざまな文書を簡単にPDF化できるソフト

電子文書の標準的な文書形式であるPDF文書を簡単に作ることができるのが「CubePDF」だ。仮想プリンタドライバとして動作するソフトなので、印刷機能のあるアプリケーションからであれば、どんな文書でもPDF化できる。PDF化だけでなく、画像にも変換できること大きな特徴。文書プロパティやセキュリティの設定、PDFファイルの結合などの機能も備えている。

作成手順は、PDF(または画像)化したい文書をアプリケーションで開いた状態から、通常の印刷操作を行う。印刷ダイアログで使用するプリンタとして「CubePDF」を選び、印刷を実行すると、「CubePDF」の画面が現れる。この画面で必要な設定をしたあとに「変換」ボタンを押せば、PDF(または画像)ファイルが生成される。

変換先のファイルタイプなどの基本的な設定は「一般」タブで行う。変換できるファイル形式はPDFのほか、PS/EPS/SVG/PNG/JPEG/BMP/TIFF。PDFファイルの場合はPDFバージョン、画像ファイルの場合は解像度を指定できる。また「出力ファイル」として保存ファイル名を指定できるが、ここに既存ファイルを指定すると、そのファイルと結合しての保存も可能。結合方法は「先頭に結合」「末尾に結合」のいずれか。

PDFファイルのタイトル、作成者、サブタイトル、キーワードの設定や、PDF文書のパスワード保護機能もある。タイトルなどの設定は「文書プロパティ」タブ、パスワードの設定は「セキュリティ」タブで行う。「セキュリティ」タブでは、PDFファイルに対して許可する操作(印刷、テキストや画像のコピー、フォームへの入力、ページの挿入、回転、および削除)も指定できる。

大きくなりがちなPDFファイルのサイズを小さく抑えるためのダウンサンプリング機能も備える。ダウンサンプリング方法は「平均化」「バイキュービック」「サブサンプル」の3種類が用意され、目的によって選択すればよい。また、白黒で出力する「グレースケール」や、Web表示に最適な縮尺で表示する「Web表示用に最適化」などのオプションもある。さらに、作成完了後にPDFを開くかどうかも指定もできるようになっている。


■CubePDF 1.0.0RC1
  • 作 者:キューブ・ソフト さん
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP
  • 種 別:フリーソフト
  • 作者のホームページ:http://www.cube-soft.jp/cubepdf/
  • 補 足:動作には.NET Framework 2.0以降が必要


  • 前へ 次へ

    アプリケーションから印刷を実行すると「CubePDF」の画面が表示される
    アプリケーションから印刷を実行すると「CubePDF」の画面が表示される

    PDFのほかにも、JPEG/PNG/BMPなどの画像に変換できる
    PDFのほかにも、JPEG/PNG/BMPなどの画像に変換できる

    タイトルや作成者といった情報を登録する「文書プロパティ」タブ
    タイトルや作成者といった情報を登録する「文書プロパティ」タブ

    パスワード保護や許可する操作を設定する「セキュリティ」タブ
    パスワード保護や許可する操作を設定する「セキュリティ」タブ

    ダウンサンプリングやポストプロセスの動作も設定できる
    ダウンサンプリングやポストプロセスの動作も設定できる


    “ユーザを迷わせない、かしこい”ソフト by キューブ・ソフト
    mark_bl2.gifCubePDF:さまざまな文書を簡単にPDF化できるソフト
    CubeICE:外部DLL不要で、すぐに使える圧縮・解凍ソフト
    CubePowerSaver:時間帯によって設定を変えられる電源管理ソフト
    CubeImage Resize:ドラッグ&ドロップだけで画像をリサイズ
    まとめ:「“便利さ”とは何か」を追求したソフト
    ソフト作者からひと言:ユーザの声を反映しつつ、スピーディにソフトを開発・公開
    ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.