vector
Vectorトップへ


ベクターソフトニュース - 1999.12.08
DHTML Assistant DHTML Assistant Ver.1.1
特に再編集時に威力を発揮する機能を多く持つタグ挿入型HTMLエディタ
Windows 98/95 シェアウェア
「DHTML Assistant」の動作画面
■メインの編集画面。メニューからタグを選び、パラメータはダイアログで指定する

豊富な機能を備えるタグ挿入型のHTMLエディタ。W3C 勧告のHTML 4.0、CSS1および2の一部、さらにInternet Explorer 4.0/5.0のDynamic HTMLなど、広範囲なHTML/スタイルを編集することができる。タグ再設定機能などにより、特にHTMLの再編集時に威力を発揮するエディタだ。

よく使うタグを絞ってツールバーに配置していることもあり、高機能な挿入型エディタとしては比較的すっきりとしたデザインの編集画面。タグ挿入はメニューまたはツールバーのボタンから行うが、画像の配置やフォントの指定など、パラメータが必要なタグを挿入した場合にはダイアログが表示され、そこでさらに細かな設定をする仕組みになっている。タグは上記のように多様な形式をサポートするのに加え、よく使うタグをユーザ設定でほぼ無制限に登録できる。また、タグ単体だけでなく、よく使うレイアウトやパーツをテーマ、コンポーネントといった形で保存しておくことも可能だ。

「DHTML Assistant」の大きな特徴のひとつが、既存のHTMLを再編集する際に便利に使えるタグ操作機能の数々。なかでもタグ再設定は、編集したいタグ上にマウスカーソルを置いてタグ再設定を実行すると、該当するタグを読み取り、それに適応した設定ダイアログをパラメータ入力済みの状態で開いてくれるという使い勝手のよい機能。コンテキストメニューなどから即座に実行できるため、すばやい編集が行える。ほかにも、すでに記述済みの部分(例えば、ある<TABLE>のある<TR>から</TR>まで)をワンクリックで取り込んで、他の場所にペーストできるタグ取り込み、タグ再挿入機能も搭載。範囲選択もマウスカーソルの置き場所+ダブルクリックで自在に変えることができる。

また、数多くの変換機能があるのも特徴。「<」や「"」などの特殊文字を変換する文字変換機能、TABやカンマ区切りされた文字をテーブルに変換する機能、簡単にグラデーションをかけられる機能など、いずれも文字列を選択しメニューから実行するだけで、さまざまな変換を手早く行える。もちろん、Shift JISやEUCといった文字コードの変換や、テキスト→HTMLの変換機能もある。

そのほかにも、編集中ファイルのリンクを表示し、リンク切れをチェックできるリンク表示機能、編集中のHTML+使用画像ファイルを手軽にサーバ転送できる簡易FTP機能、ファイルの予想転送時間がひとめでわかる文書情報機能、指定ブラウザによるプレビュー機能などなど、実に多くの機能を搭載する。

reviewer's EYE HTML 4.0のタグやCSSのスタイルが一通り組み込まれており、メニューやダイアログから選ぶだけで入力できるので便利だ。タグの色分け表示など、タグ挿入型HTMLエディタとしても必要と思われる機能は当然のようにサポート、文字列選択など編集操作についてもよく考えられており、慣れるほどに使いやすくなるHTMLエディタなのではないかという印象を持った。

初級者でも使えないことはないと思うが、提供された豊富な機能を使いこなすには、ある程度タグの意味を理解したユーザであることが望ましいだろう。
(菅生 拓也)


スクリーンショット》 スタイルシート設定画面。CSSの豊富なスタイル指定がサポートされている
スクリーンショット》 編集したHTMLをブラウザで表示する機能にはサイズ指定まであり、表示画面の確認に便利


【作 者】 D.Kuwahara さん
【作者のホームページ】 http://www1.neweb.ne.jp/wa/dkuwa/
【動作に必要なソフト】 Windows 95でヘルプを見るためにはHTML Help Viewer
【補 足】 12月8日現在の最新版はVer.1.2。作者のホームページ からダウンロードできる。
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

数年前、初めてホームページを作ったときに「見た目」と「内容」どちらを充実させるべきか悩みました。最新のブラウザでサポートされているタグをいち早く使うためにはWYSIWYGエディタでは役不足なので、解説書などを読みながらテキストエディタでタグを書かなくてはいけませんし、内容を充実させるためにはタグをコツコツ書いてページデザインを微調整するところまで手が回らなくなってしまいます。欲張りな私はそのどちらも重視したかったのです。

そこで「何があればもっとすばやく簡単にページを作成できるか」と考えた結果、「タグの再設定が可能な HTML エディタが必要」という結論に至り、すでにあったHTMLエディタをいくつか入手して試用してみました。しかし、タグの再設定に対応しているものは少なく、結局は解説書が必要な状態になってしまったので、それならば自分で作ってみようと思い、開発を始めました。

■開発中に苦労した点

タグの再設定を可能にするということは、タグを設定するための専用ダイアログが必要ということになり、タグの設定ダイアログを用意するということはタグでサポートされている設定項目(属性)を調べて一覧(みたいなもの)を作成する必要があるということになります。その調査中にブラウザのバージョンが上がったりして、何度も泣かされました。

■ユーザにお勧めする使い方

ほぼすべてのタグが再設定編集できるので、これからHTMLを学ぼうという方には「解説書」代わりに使っていただけるのではと思います。他人のHTMLファイルを覗いて、先頭タグの上で「再設定」すれば設定内容が一目瞭然です。これ以上の教材はないでしょう。また、スタイルシートの設定・再設定にも対応しているので、これからスタイルシートを学ぼうという方にもお勧めできると思います。

再設定のほかにも、ダブルクリックでのタグ(文字列)選択や、さまざまな変換機能など知っていると便利な機能がたくさんありますので、とりあえず一通り使ってみてください(ヘルプに全部書いたかな? :)。

■今後のバージョンアップ予定

追加機能、改良点などのご要望はβ版のころから山ほどいただいています。制作中の新しい機能もたくさんあります。今後のバージョンアップでは、その中から本当に必要と思われる機能だけを絞って、順次搭載していきたいと思います。ツールバーやショートカットキーのカスタマイズ機能なんかも必要でしょう……か?
(D.Kuwahara)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(2,100円)
DHTML Assistant 2.20 タグの入力が楽になる多機能 HTML エディタ (1,115K)


[↑このページの先頭へ戻る]


掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.