その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリ
・
・



ベクターソフトニュース - 1999.06.23
ViX ViX Ver.1.33
エクスプローラライクの多機能統合画像ビューア
Windows 98/95/NT フリーソフト
ViX の動作画面
■メイン画面。エクスプローラとほぼ同じ操作性で使える

エクスプローラライクの画面表示で、さまざまな形式の画像をサムネール表示する画像ビューア。

画面は、ウィンドウ左側にフォルダのツリービュー、右側には選択されたフォルダ内のファイル一覧、上部にはツールバーという、まさにエクスプローラと同じ形式。ツールバーのボタンも、エクスプローラにかなり似せたものとなっている。

サポートする画像形式は数多い。BMPやJPEGはもちろん、国内独自のMAGなど、計17種類の形式に対応。本体でサポートしていない形式でも Susie Plug-in を組み込むことで、さらに多数の形式をサポートする。また、対応DLLを用意することで、LZHやZIPファイルのアーカイブに含まれた画像も直接表示できる。

多数のファイルが置かれているフォルダは、「カタログ登録」すれば、縮小画像を保存、高速に再表示することが可能だ。

そのほか、フォルダ内画像形式の一括変換などもサポート。スライドショウ機能やHTML作成機能などもあり、画像操作は非常に多機能だ。画像をフルサイズ表示するビューアモードでは、画像の回転、拡大/縮小や減色などをサポートする。

reviewer's EYE 画像ビューアの場合、重視したいポイントはなんといってもサポートする画像形式の数と操作性、この二点であろう。「ViX」の場合、サポートする画像形式の数についてはまったく文句はない。なにしろ、デフォルト(本体だけ)でもかなりの数の形式をサポートしている上、Susie Plug-in もサポートすることで、インターネット上でおよそ普通に見られる画像ファイルなら、ほとんどのものを表示できるからだ。圧縮ファイルの内容まで確認できる点もうれしい。

では、操作性はどうだろう。まず、エクスプローラと画面構成や操作性を合わせたことで、初めて使う上でもとまどうことはない。コンテキスト(右クリック)メニューも充実しているし、操作に対するレスポンスも上々だ。

特に、カタログ登録機能により、画像ファイルが大量にあるフォルダでも表示が速いのは大きなメリットだ。画像ファイルを多数ため込むような人は、ひとつのフォルダに多数のファイルを置くことが普通だし、そうした環境では、特にフォルダ移動の際に、いかに高速に一覧が表示されるかが操作性に大きな影響を与えるからだ。

画像加工など多機能な点ももちろん魅力なのだが、やはりこの操作の軽快さにこそ、高い評価をあげたいソフトである。
(天野 司)


スクリーンショット》 サムネール画像(またはファイルアイコン)をダブルクリックすれば、フルサイズで画像ビューアが開く
スクリーンショット》 各種画像処理を行った後、指定の形式で保存できる「総合変換」
スクリーンショット》 「フォーマット変換」では5種類の形式での保存をサポート
スクリーンショット》 細かな設定が可能。ショートカットキーのカスタマイズもできる


【作 者】 K_OKADA さん
【作者のホームページ】 http://member.nifty.ne.jp/k_okada/index.htm
【補 足】 動作に必須ではないが、(1)Susie Plug-in を組み込めば、表示可能な画像形式が増える、(2)各種アーカイブに対応したDLLを組み込めば、アーカイブ内のファイルも直接表示可能になる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

私の本業はソフト開発とはまったく縁のない仕事で、フリーソフト作りは完全な趣味です。優れたソフトを作って公開し、著名フリーソフト作家となって名誉と栄光を手中にする(笑)のが、私の、趣味としてのソフト作りでの喜びです。

Windows版の「ViX」の前身として、FM-TOWNSというパソコン用に作っていた画像ビューア「ViX」がありました。1997年になってはじめてWindows環境を手に入れ、その上で何か作りたいと思ったのですが、既存の画像ビューア、画像整理ソフトに好みのものがなかったこともあって、それまでのわが代表作である「ViX」をWindows用に作り直すことに決めました。

■開発中に苦労した点

なにしろ「ViX」はWindows上で初めて作ったソフトですので、一番最初、開発を始めたころはノウハウも知識もなくてわからないことだらけでした。思い通りに完成するのかどうか不安だった時期もありましたね。

いまでは、やはり一番の問題はバグです。片っ端から修正してはいるものの、特に私の環境上では再現しない症状だと治すのが難しく、頭痛のタネです。この場合はユーザからの詳しい情報提供や、ベータテストへの協力などが頼りです。

■ユーザにお勧めする使い方

見ての通り、エクスプローラライクの外観・操作に(意図的に)しているので、あまり操作で悩むことはないんじゃないかと思います。すぐには気づかれなさそうな便利な機能としては、
  • 複数ファイルを選択して「名前の変更」を実行すると、連番やタイムスタンプで一括して名前をふり直してくれる
  • デジカメで撮るなどして横倒しになった画像に使う、「右/左回転+保存」
  • 複数の画像ファイルに、トリミング、リサイズ、減色やフォーマット変換を一括して行う「総合変換」
  • 縮小画像一覧を印刷したり、ホームページにしたりするアルバム機能
  • 右クリックのメニューやツールバー、キー操作をカスタマイズできる
などがあります。これら機能も、活用次第でより快適になると思います。

■今後のバージョンアップ予定

これまでの20回ほどのバージョンアップによって、かなり完成度は上がってきたのでは、と思います。今後も細かい改良を続けますが、中長期的には、メインウィンドウにもう1面追加し、縮小画像や画像そのものを表示できるようにするとか、メインウィンドウとは別個に縮小画像一覧ウィンドウを表示できるようにするとかの発展も考えられますね。
(K_OKADA)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
ViX 2.21 エクスプローラ風統合画像ビュアー (1,464K)




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.