セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・かこう絵
・もずポンDX
・MoonLight
・雪煙エディター
・Kineticon

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

小さいながら数多くの機能を持つコマンドライン型ランチャ
MoonLight Version 1.0xB
for Windows ユーティリティ VERSION UP フリーソフト

MoonLight “ex”まで入力した時点で、残りの“cel”が補完され、アイコンまで表示されている 非常に小さなコマンドライン型ランチャ。右画面を見るとわかる通り、ソフト本体は非常に小さなウィンドウだけである。ただし、その機能は非常に多い。

まず、コマンド名は短縮登録(エイリアス)ができる上に、複合登録というワザが使える。例えば、「秀Term」と「秀丸エディター」を“hide”というエイリアスで登録すれば、“hide [Enter]”で両方のソフトが一度に起動できる。アプリケーションを登録するには、キーボードから“hideterm = C:\Program Files\hideterm\hideterm.exe”と入力してもよいし、フォルダからドラッグ&ドロップ操作で行うこともできる。また、“NEW [Enter]”とすることで、ダイアログから選択することも可能だ。

モード/プロファイル設定画面 登録したアプリケーション名の補完(オートコンプリート)が使える点も見逃せない。例えば、“hideterm”と入力する途中、“hide”まで入れた時点で、残りの“term”を補完してくれる仕掛け。

ほかにも、時刻表示(TIME)やWindowsの終了(EXT)、スタートメニューの表示(STT)など自前のコマンドを多数持っており、見かけからは想像できないほどの高機能ランチャである。

reviewer's EYE システムコマンドはこれだけある 起動直後の画面を見たときは拍子抜けしたが、すぐにそれは驚きに変わった。このごくごく小さい(ように見える)ランチャは、非常に多くの内部コマンドと動作モード、そしてコマンド登録、実行などを制御する演算子まで持っているのである。

TIMEモードを有効にしたところ。時計のタイプもCLOCKのほかに日付やシステムの稼働時間が選択できる 例えば、“<< TIME [Enter]”と入力することで、左画面のような時計表示に変わる。これは一度時計モードをセットすれば、入力がないときに自動的に時計表示に戻る。リソース表示やメモリ表示などのモードももちろん用意されており、はっきりいってコマンドもモードも演算子も、そう簡単には覚えきれないほど数がある。マニュアルはHTML化されており、使い方の部分を印刷しただけでA4用紙7枚にもなった。

とりあえずよく使うアプリケーションを登録したら、普段は「MoonLight」のウィンドウを非表示にしておき、使いたいときにホットキーを使って呼び出し、エイリアスと補完を使ってすばやく目的を果たすのがカッコいい使い方だと悟った。ほかのアプリケーションの邪魔にならないということを極限まで追求するとこうなるのかと、あらためて感心する次第だ。

なお、動作にはMFC42.DLL、MSVCRT.DLLが必要。
(藤田 洋史)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
開発動機 : まだプログラミングを始めて間もないころに、ShellExecute()という外部アプリ起動のWindows API関数を知り、簡単そうだったので何となく作ってみたのがはじまりです。

それまでランチャにはまるで興味がなかったのですが、使ってみるとなかなか便利なものでした。オンラインソフトでよいランチャがあったらそれを使って暮らしてゆこうと思ったのですが、残念ながら気に入るものが見当たらなかったので、それなら自分で一番素敵なものをつくろうと決意したのです。

苦労した点 : プログラミングに関して、ほとんど何も知らないところから始めたので、苦労したといえば全部苦労でした。でも、かなりプログラミングの勉強になったので、自分としても得るものが大きかったです。いつかはソースを公開して、世の初心者プログラマの役に立てたらよいなぁ、とも思ってます。

バージョンアップ予定 : 随時バージョンアップ中(バグが多いからね……)。10日に一回くらいバージョンアップしてますので、ホームページをチェックしてみてください。

最後にひとこと : このソフトはかなり軽くて小さくてかわいくて、そして偉大なほど便利だと思うので、ぜひぜひぜひぜひ使ってみてください。
(T@K^C)

※ この記事は、'99年1月28日に公開されました。


Download
「MoonLight」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
Moonlight 2.0xD 世界一をめざす、かわいいコマンドラインランチャー (448K)



週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]