セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・WinLPrt
・MilkyCAD
・ででんパ
・Impression Gallery Next!
・ライブステージ完全版

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

テキストにさまざまな処理を施して印刷できるユーティリティ
WinLPrt Version 6.00.2
for Windows 文書作成 VERSION UP シェアウェア 2,000円

WinLPrt エクスプローラ風のデザインで、操作がわかりやすい 印刷処理を中心に、テキストファイルを処理する多彩な機能を装備した“統合印刷環境”。テキストにさまざまな修飾を施して印刷ができるのはもちろん、印刷を目的としない場合でも各種のテキスト処理を行ったり、ビューアとして使用したりすることができる。エクスプローラ風のデザインで操作もわかりやすく、プレビューを見ながら結果を確認できるため、書式設定しやすいのが特徴。すでに「定番」としてよく知られたソフトだが、Ver.6.xxになり、より機能が強化された。

プレビューウィンドウで書式設定の結果を直ちに確認できる 拡大印刷や縮小2段印刷、縦書き印刷など印刷形式を自在に指定することができ、これらの結果はすべてプレビュー画面で確認できる。設定によりsed、awk、xtrなどのフィルタを通して印刷前に自動的に前処理を行わせることも可能だ。

上記の指定も含め、印刷時のフォント、指定文字に対する修飾、禁則処理、ヘッダ・フッタの形式など、さまざまな指定を書式としていくつでも保存することができ、毎回細かく設定をやり直す必要がない。ファイル名と書式の関連付けもサポートされている。

通常はテキストファイルの処理に用いるソフトだが、バイナリファイルを処理して、8進、16進、ASCIIの形式でダンプリストを表示・印刷させたり、ビットマップを表示・印刷させたりすることも可能。圧縮ファイルを解凍せずに直接印刷することやクリップボードの内容を直接印刷することもできる。

reviewer's EYE タグや特殊なコントロールコードを埋め込まないため、センタリングや画像ファイルの埋め込みといった処理はできないが、元のテキストファイルに変更を加えずに印刷をするツールとしてはほとんど万能といってもよいのではないだろうか。プレーンテキストの印刷を目的とした作業では、「WinLPrt」一本あればまず困ることはないだろう。

非常に細かく書式を設定してテキストを表示・印刷できる 禁則やジャスティフィケーション、ワードラップといった処理、文字の装飾、罫線印刷、任意段数の段組み、袋とじ、逆袋とじ印刷などもサポートしており、印刷に関する機能は非常に充実している。

DDEによって外部アプリケーションからコントロールできるのも便利だ。「秀丸エディタ」などのテキストエディタから「WinLPrt」をコントロールするためのマクロも発表されており、これらを用いてエディタの印刷機能を強化することができる(マクロについては作者のホームページの「ダウンロードサービス」のページを参照するとよい)。

なお、Ver.5.xxからVer.6.xxへのメジャーバージョンアップによって起動、印刷、書式管理が高速化したほか、多くの機能強化が行われた。フィルタの仕様も変更されたため、Ver.6.xxで使用するには修正の必要がある。さらに、Ver.6.xxはNT 3.51では動作しなくなっているので、注意が必要だ。
(秋山 俊)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
「WinLPrt」は、まだWindows 3.0のころ印刷ツールがなかったので印刷のプログラミングの練習を兼ねて作ったものが原形です。はじめて公開したオリジナルソフトでしたが、思いのほか反響が大きく、みるみるうちに巨大な多機能システムになりました。さすがにこれだけ大きくなるとサポートも大変ですし、要望に応えるだけでもかなりの労力を要するので、Ver.5.00よりシェアウェアとさせていただきました。アイデアを提供してくださった方には大変感謝しております。

機能が多すぎて、はじめて使う方は戸惑うかもしれませんが、まずはサンプルの書式を参考に、目的に合った書式を作ってみてください。また、単体で使用されるのもいいですが、各種エディタ用のマクロをいろいろな方が公開していますので、エディタと連動して使用するのも便利だと思います。

今後の予定ですが、昨年末にメジャーバージョンアップをしたばかりなので、しばらくの間はバグフィックスに追われることになると思います。その後についてはWindows 2000対応が待っていますが、機能追加は現時点では未定です。
(堀田 俊哉)

※ この記事は、'99年1月21日に公開されました。


Download
「WinLPrt」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(2,100円)
WinLPrt 6.05.6 多機能印刷ツール (1,137K)

ベクター・シェアレジ・サービス 「WinLPrt」は シェアレジ からシェアウェア送金できます


週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]