セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・Virtual Painter
・Pommy's TCat 32
・PageMaster
・たんたんタロット
・Hedgehog's Adventure

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・メールサービス
--------

HyperCardを使ったタロット占いソフト
たんたんタロット Version 1.3
for Macintosh アミューズメント VERSION UP シェアウェア 1,000円

たんたんタロット ケルト十字法による占い HyperCardを使ったタロット占いスタック。占う内容に合わせてスプレッド(カードの展開方法)を選びカードをクリックで開いていく。すべてのカードを開いたらその絵柄が象徴するものをヒントにリーディング(絵解き)を行う。スタック自体が占いの結果を表示するわけではないが、カードの図柄が象徴するものを教えてくれるので、ユーザがリーディングを行う手助けとなる。

スプレッドは、ワンオラクル、シンプルYesNoといったカード数の少ない単純なレイアウトのものから、ケルト十字法やフルスプレッドといった数が多く複雑なものまで、計14種類が用意されている。

各種カスタマイズが可能 カードの絵柄、キャラクタがかわいらしく、タロットを気軽に楽しめる点、そしてカードの意味などを簡単にカスタマイズでき、オリジナルのタロットデッキを組むことができる点が大きな特徴。標準で添付されるデッキは1種類だが、そのほかにも鳶嶋ドローデッキなど、追加デッキも用意されている。もちろん一からオリジナルのカードを作ることも可能だ。

動作環境はHyperCard J-2.21以上。Homeスタックがないとエラーが出るのでHyperCard Playerのみをインストールしている人は、Mac OSのCD-ROMからHomeスタックをコピーしておこう。

reviewer's EYE カードをクリックして表示される説明 カードにマウスポインタを合わせると説明が表示され、さらにクリックすればより詳しい説明が現れるようになっている。市販の解説書を睨みながら解釈するという手間から解放され、手軽に楽しめる。ただし、あまり細かいところまでは説明されていないようだ。

また、タロットカードは本来、大アルカナと小アルカナと呼ばれるカードの合計78枚で1セットということだが、このスタックでは小アルカナは使わないようになっているので、どちらかといえば初めてタロット占いをやってみるという初心者向けというところだろう。本格的に占う場合にはやはり解説書を手元に置いて参照した方がいいようだ。

カードの説明部分などはユーザが書きこみできるようになっているほか、デザインを変更することもできるので、自分だけのタロットカードを作ることもできる。

実は今回の試用において、筆者の環境ではHomeスタックがあるにもかかわらずエラーに見舞われ、一部正常に動作しない点があった。作者や編集部ではエラーを確認できないとのことなので、筆者の環境(PowerMac7200/90、Mac OS 8.1、HyperCard Player J-2.3.5 Rel.2を使用)固有の問題と考えられるが、念のためご報告しておく。
(福住 護)


ソフト作者からひとこと
一般的には、タロットがどうも怖がられている気がしたので、明るく気軽なタロットソフトを目指して開発しました。

本体は案外簡単なものなのですが、ヘルプやカードデザインなどに手間どりました。特にインタフェースデザインには七転八倒しています。

このソフトは明るく楽しく、コイントス(コインの表裏占い)みたいな気軽さでお使いください。一人より複数人でわいわいやるのがよいでしょう。二人で占うときは肩を寄せあってやることになりますから、親密度UP間違いなし。ただし、悪い占い結果が出たら笑ってごまかしましょう。(笑)

カードの解説文などは書き換えることが可能ですから、例えば「吊られた男」より「吊るし人」が好みなら、どしどし書き換えて自分好みのものに作りあげると、愛着もより一層高まる事請け合い。私の場合、スプレッドはあまり気にせず、小説のストーリーやキャラクタ作り等に利用しています。

HyperCardがカラー化され次第、カラーにも対応しようと思っているのですが、HyperCard 3.0の開発が遅れている状況ですので、Appleさんには頑張っていただきたいと思っています。

追加デッキには、ウエイト版をベースにした、スタンダードな絵柄のものに挑戦してみようかと思っていますが、なにぶんカードをデザインするとパワー使うので、食いだめしてスタミナを付けてから取り組もうかと思っています。(笑)

姉妹品の「たんたんタロットAS」「タロット『大アルカナ』Icon」もよろしく、こちらはフリーソフトです。
(大串 敏史(とんび))

※ この記事は、98年10月01日に公開されました。


Download
「たんたんタロット」の最新版および関連ソフトです(ソフトのバージョンは、記事中で紹介したものと異なる場合があります)。なお、ソフトをダウンロードするには、右側の[Download]ボタン(または[http]ボタン)をクリックしてください。下線付きのソフト名をクリックすると、ソフトに関する詳細な解説が参照できます。

[an error occurred while processing this directive] ベクター・シェアレジ・サービス 「たんたんタロット」は シェアレジ からシェアウェア送金できます


週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]