ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2015.01.14 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > SFAVirtualScreen
SFAVirtualScreen

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
SFAVirtualScreen
横スクロールで幅広い作業エリアを実現する仮想デスクトップソフト
Windows 7/Vista/XP  フリーソフト(寄付歓迎)
reviewer's EYE reviewer's EYE


SFAVirtualScreen
動作中の画面。画面上部のスクロールバーでデスクトップの表示領域を動かせる

◎そのほかのスクリーンショット
デスクトップサイズを変更する場合は、拡大・縮小サイズがバー上に表示される

デスクトップサイズの初期化(Init)やオートスクロール(AutoScroll)オプションが選べる
「画面をスワイプするような感覚でスクリーンを切り替えられる」という点では、タブレット/スマートフォン風のユーザインタフェースなのだが、そこに従来型のパソコン的なタスク切り替えを組み合わせることで、より便利なものになっている。

具体的にいうと、タスクを切り替えることにより、あるウィンドウがアクティブになると、そのエリアまで一気に表示位置が移動するので、何画面分もスクロールする必要がない。Windowsのタスクバーは、仮想デスクトップのどのエリアを表示しているかに関係なく常に同じ位置に表示されるので、仮想エリアが横に長く広がっていても、アクティブウィンドウのエリアへ瞬時に切り替えられる。もちろん【Alt】+【Tab】キーによるホットキー操作や【Windows】+【Tab】キーによるフリップ切り替えでも有効だ。

特にユニークなのは「仮想デスクトップのサイズを『何画面分』といった固定的な形ではなく、任意のサイズで指定できる」こと。このため作業中にもうちょっと広いエリアがほしくなったときでも簡単に拡大できるし、操作が簡単なのでアプリケーションでの作業を中断する必要もない。これに関しては特に、本文中最後の方で紹介した「全ウィンドウが入るサイズに仮想デスクトップを拡大する」機能について補足しておきたい。この機能は字面の説明だけでは使い方がイメージしにくく、「仮想デスクトップを先に作っておかないとウィンドウを配置することができないのでは?」という疑問が湧いた人もいることだろう。

この機能が有効なのは、邪魔になったウィンドウや作業用のフローティングパレットを画面外に追い出しているような場合だ。画面の外(横)へ追い出したウィンドウを再び操作する場合、通常であれば、わずかに画面上に見えている部分を操作して再び画面内に収まるように移動させなければならない。ところがこの拡大機能を使うと、逆に追い出していた分に必要なサイズだけ仮想デスクトップを拡大してくれるので、そのときやっている作業に応じて必要だと思ったサイズへデスクトップを簡単に広げることができる。

これだと、常に仮想デスクトップ用メモリを確保する必要がなく、メモリ消費の点でも有利。作業が終わって仮想デスクトップがいらなくなったら、Init(初期化)機能で簡単に本来の物理画面サイズへ戻せる。もちろん、仮想エリアに置いてあったウィンドウは本来の画面へ戻してくれるので、間違って操作できなくなるといった心配は無用だ。

一方、広大なデスクトップサイズを設定するのには少々手間がかかるので、いくつかのサイズをプリセットで登録しておいて選択できると、より便利になるかもしれない。

インストーラがなく、実行ファイル(620KB)を起動するだけなので、USBメモリなどで持ち歩いて使うこともできる代わりに、自動実行用のオプションなどはない。常時使いたい人はスタートアップ項目に登録しておこう。

(福住 護)



go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する

 ソフトライブラリからのおすすめソフト
PDFファイルをMicrosoft Office文書や一太郎文書などに簡単・高精度に変換できるソフト「瞬簡PDF 変換 10」
PDFファイルをMicrosoft Office文書や一太郎文書などに簡単・高精度に変換できるソフト
「瞬簡PDF 変換 10」
設定内容を確認の上、処理方向を変更したり、対象から除外したりを簡単に指定できるファイル同期ソフト「MulSync」
設定内容を確認の上、処理方向を変更したり、対象から除外したりを簡単に指定できるファイル同期ソフト
「MulSync」
ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト「FileRenamerSpecific」
ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
「FileRenamerSpecific」
豊富なプリセットにより写真をワンクリックで加工できる。不要物の除去や被写体の切り抜きも可能な、簡単操作の画像編集ソフト「InPixio Photo Clip 8 Professional」
豊富なプリセットにより写真をワンクリックで加工できる。不要物の除去や被写体の切り抜きも可能な、簡単操作の画像編集ソフト
「InPixio Photo Clip 8 Professional」
ビデオを「自動」画質アップ! 解像度アップ/手ブレ補正/ノイズ除去/カット編集/動画変換/3D変換/音楽抽出「Video MONSTER」
ビデオを「自動」画質アップ! 解像度アップ/手ブレ補正/ノイズ除去/カット編集/動画変換/3D変換/音楽抽出
「Video MONSTER」

go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
フリーソフトプロレジ・シェアレジ
SFAVirtualScreen 1.00 横スクロール型仮想デスクトップソフト (79K)




最近のレビュー記事
コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
AdGuard PremiumAdGuard Premium
各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
Cool Logo 3DCool Logo 3D
シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
SSD_TURBO_BOOSTSSD_TURBO_BOOST
SSDの高速化、プチフリ問題の解消、信頼性向上、整備に利用できるSSD高速化・総合支援ソフト
PowerDVD 19 UltraPowerDVD 19 Ultra
Ultra HD 8K動画や360度VR動画の再生に対応し、YouTubeの再生にも対応する人気Blu-ray・DVD・動画再生ソフト
「SFAVirtualScreen」と同じカテゴリーの他のレビュー

新着ソフトレビュー 公開記事一覧



おすすめコンテンツ

掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.