その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2013.02.08 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > Office Professional 2013
Office Professional 2013

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Office Professional 2013
クラウドと連携し、どこでも自由にドキュメントを編集・共有できる「Office」の新バージョン
Windows 8/7  製品:試用不可
Office Professional 2013
「Excel 2013」。フラッシュフィルを利用すれば、自動的にセルのデータがセットされる
Office Professional 2013
「Word 2013」。PDFファイルをWord形式に変換した上で編集できる
Office Professional 2013
操作モードは「マウス」「タッチ」から選択できる。「タッチ」モードでは、アイコンの間隔などが広がる
“定番”オフィススイートの新バージョン。Windows 8への最適化、クラウドとの連携など、さまざまな機能強化が図られた。

「Office Professional 2013」は、表計算、ワープロ、プレゼンテーション、データベースなど、ビジネスに必要とされるさまざまな分野のアプリケーションを、共通の操作性で利用できるオフィススイートの新バージョン。「2013」では、従来機能の強化はもちろん、クラウドとの連携やWindows 8のタッチ操作への対応など、「新しい使い方の提案」ともいえる機能が数多く搭載された。

「Office 2013」シリーズには、「Professional」に加え、「Personal」「Home and Business」「Professional Academic」の計4種類のエディションがある(「Professional Academic」は、学生または教育関係者向けのエディションで、内容は「Professional」と同じ)。「Office Professional 2013」は、(ボリュームライセンス向け以外では)シリーズ最上位のエディションで、7種類のアプリケーションが含まれる。

  • 日本語ワープロ「Word 2013」
  • 統合型表計算ソフト「Excel 2013」
  • PIM/電子メールソフト「Outlook 2013」
  • プレゼンテーションソフト「PowerPoint 2013」
  • デジタルノート「OneNote 2013」
  • DTPソフト「Publisher 2013」
  • リレーショナルデータベース「Access 2013」
「Office 2013」の大きな特徴のひとつが「クラウドとの連携」。従来のOfficeアプリケーションは、ローカルディスクか、ネットワークで接続されたほかのパソコン上のネットワークドライブにしかデータを保存できなかったが、「Office 2013」では、マイクロソフトのクラウドサービス「SkyDrive」に文書データを保存できるようになった。

データの読み込み・編集は、インターネットに接続し、「Office 2013」がインストールされていれば、どのパソコンからでも行うことが可能。データの保存時には、文書データだけでなく、Officeアプリケーションの設定や単語登録なども保存されるため、異なるパソコンでも違和感なく編集作業を行える。「Office 2013」で「SkyDrive」を利用するには、マイクロソフトIDが必要。

タブレットやタッチパッドなどのタッチ操作に対応していることも特徴のひとつ。Windows 8などのタッチスクリーンは、特にアプリケーションが対応していなくてもマウス操作を代替できるが、タッチ操作では細かな操作はしづらい。「Office 2013」では、「タッチ」「マウス」の2種類の操作モードを用意し、操作のしづらさを解消。「タッチ」モードでは、リボンのアイコンなどが拡大表示され、タッチ操作しやすくなる。Windows 8でのタッチスクリーンだけでなく、ノートパソコンをタッチパッドで使う場合にも便利だ。

個々のアプリケーションの機能も強化された。「Excel 2013」では、複数のセルに自動的に値をセットしてくれる「フラッシュフィル」がその代表。従来の「オートフィル」を拡張したもので、例えば、ある列に複数の氏名が縦に並び、隣の列に氏名から「姓だけ」「名だけ」を抜き出して入力したい場合、1行目のデータを入力するだけで、2行目以降を自動的に姓と名を列を分離してフィルしてくれるもの。そのほかにも、指定のデータに最適なグラフ形式を自動的に選択してくれる「おまかせグラフ」機能などが追加された。

「Word 2013」では、PDFファイルの編集が可能になった。従来のOfficeアプリケーションでも、データの保存時にAdobe PDF形式に変換して、保存することはできたが、「Word 2013」では、読み込み元にPDFファイルを指定すると、自動的にWord形式に変換して編集可能にしてくれる。データを変換するため、元のPDFファイルと完全に同じレイアウトになるわけではないが、作成済みのPDFを編集できるのは大きな進化だ。

(データを新規作成する際の)テンプレートは従来以上に充実している。特に、画面デザインが重要な意味を持つ「PowerPoint 2013」には豊富なテンプレートが揃い、さまざまなプレゼンテーションに利用できる。さらに「PowerPoint 2013」では、データを直接、Facebookにアップロードし、プレゼンテーションを公開することも可能。FacebookのSNS機能を利用して、仲間同士でアイデアを共有したりする場合に便利だ。

動作環境は、Windows 8/7およびWindows Server 2008以降のサーバ系OS。32bit/64bitいずれにも対応する。Windows Vista以前のOSには対応しない。




go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する

 ソフトライブラリからのおすすめソフト
不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
「GeekUninstaller」
実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
「dINDEX.2」
64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
「Revo Uninstaller Free」
シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
「RE PLAYER」
日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
「出来事帳」

go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
製品:試用不可プロレジ・シェアレジ new
Office Professional 2013 タッチしよう。Officeではじまる、自由な毎日。 




最近のレビュー記事
カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
筆王Ver.24筆王Ver.24
子年デザイン等テンプレート1,000点を新規収録。高性能・低価格のハガキ作成ソフト
筆まめVer.30筆まめVer.30
20年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
全上場企業の基本情報や最新の決算状況といったビジネス情報を簡単に検索できるデータベース
筆ぐるめ 27筆ぐるめ 27
わかりやすい操作画面で、はじめてでも直感的に使えるはがき・住所録ソフト
Start Menu 8 v5 PRO 3LStart Menu 8 v5 PRO 3L
Windows 10、8.1、8 のスタートメニューを使い慣れたWindows 7風にカスタマイズ
Parallels Desktop 15 for MacParallels Desktop 15 for Mac
再起動無しで、MacでWindowsを使用する仮想化ソフト
Air Live Drive ProAir Live Drive Pro
DropboxやGoogleドライブをローカルドライブとして使用
「Office Professional 2013」と同じカテゴリーの他のレビュー

新着ソフトレビュー 公開記事一覧



おすすめコンテンツ

掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.