その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.07.29 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > EcoSaver

EcoSaver

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
EcoSaver
アイドル時のCPUを省電力モードに自動移行させることができる“省エネ”ソフト
Windows Vista/XP  フリーソフト
EcoSaver
  • 設定画面。一定時間アイドル状態になると、自動的にCPUクロックを低下させる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • プロセスの設定画面。CPUの省電力モードへの移行時に自動起動するプログラムを登録できる
  • CPU周波数の確認画面。搭載CPUと現在のクロックを確認できる

  • パソコンの利用状況によってCPUのクロックを変化させることで、電力消費を抑えられる“省エネ”ソフト。

    「EcoSaver」は、パソコンが使用されていないアイドル時にCPUを自動的に省電力モードへと切り替えて、消費電力を抑えるパワーマネジメントソフト。いったん速度が落ちても、再度パソコンを使用しはじめると自動的に通常モードに復帰し、ユーザに処理速度の低下を感じさせることはない。省電力モードに切り替わる際に、任意のプログラムを自動起動させることも可能。パソコンを使用しない離席中などに、分散型コンピューティング処理をさせるといったことができる。

    「EcoSaver」を使用するには、CPUに省電力機能が搭載されている必要がある。IntelのCPUであれば「EIST(Enhanced Intel SpeedStep Technology)」、AMDのCPUであれば「Cool'N'Quietテクノロジ」が搭載されていればよい(機種によっては、BIOSでこれらの設定をあらかじめ有効にしておく必要がある)。

    ユーザがパソコンを使用しているかどうかは、スクリーンセーバと同様、マウスやキーボードなど、何らかの操作が行われたかどうかで判断される。操作が一定時間行われないと、「EcoSaver」が自動的にCPUを省電力モードに移行させる。省電力モードに移行するまでの時間は、1秒単位で設定することが可能。省電力モードに移行したからといって、パソコンの操作ができなくなったりするわけではなく、ユーザは現在のモードを意識することなく、パソコンを利用できる。操作を開始すれば、CPUはすぐさま通常モード(フルパワーモード)に復帰する。

    省電力モードへの移行と同時に、あらかじめ登録しておいたプログラムを自動起動させることも可能。例えば、パソコンを操作していない時間は「SETI@home」のようなプログラムを起動させるといった使い方もできる。自動起動させるプログラムは複数を登録することが可能。コマンドラインオプションを指定したり、実行時優先度度やウィンドウの最大化/最小化/非表示を指定したりもできる。

    省電力モードからの復帰時に、実行中のプログラムを自動終了させることも可能。通常の方法で終了させられるほか、プロセスを強制終了させることもできる。さらに、省電力モードから復帰してもアプリケーションを終了させないようにすることも可能だ。

    CPUがフルスピードモードか省電力モードかを確認できるよう、CPUのクロックを表示する機能がある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    入力、リストの二つのウィンドウで構成されるメモソフト。分類、標題、検索などで、目的のメモにすぐにアクセスできる「MyMemo」
    入力、リストの二つのウィンドウで構成されるメモソフト。分類、標題、検索などで、目的のメモにすぐにアクセスできる
    「MyMemo」
    ほかのウィンドウの背後に隠れてもサッと呼び出せる、シンプルでカラフルな付箋紙ソフト「Duckling Memo」
    ほかのウィンドウの背後に隠れてもサッと呼び出せる、シンプルでカラフルな付箋紙ソフト
    「Duckling Memo」
    複数のプログラムを最小限の手間で、残されたファイル/レジストリも含めて削除できる高機能アンインストーラ「Bulk Crap Uninstaller」
    複数のプログラムを最小限の手間で、残されたファイル/レジストリも含めて削除できる高機能アンインストーラ
    「Bulk Crap Uninstaller」
    表示するアイコンや位置を好みや状況に応じて変更できる、可動性に配慮されたIME状態表示ユーティリティ「IMEステータス デスクトップブリッジエディション」
    表示するアイコンや位置を好みや状況に応じて変更できる、可動性に配慮されたIME状態表示ユーティリティ
    「IMEステータス デスクトップブリッジエディション」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    Intelの「EIST」やAMDの「Cool'N'Quietテクノロジ」は、必要に応じてCPUのクロックを下げ、電力消費を抑える機能だ。これらは、特にノートパソコンのようにバッテリー寿命を確保したい場合や、デスクトップパソコンでも消費電力を抑えたい場合などに役に立つ。

    「EcoSaver」では、この技術をソフトウェア上で制御して、パソコンの消費電力を抑える。しかし、こうした機能が実装されたCPUを搭載するパソコンの場合、たいていは専用ソフトが付属している。純正のソフトが存在するのに、なぜ「EcoSaver」のようなソフトが必要になるかといえば、純正ソフトと「EcoSaver」とでは、省電力機能が微妙に異なるからだ。

    通常の省電力ソフトでは、CPU負荷が大きいときにはCPUクロックを上げ、CPU負荷が小さい場合にはCPUクロックを下げる。要するに「CPUが処理すべきプログラムが多い(重い)場合には、電力消費が多くなってもよいからCPUクロックを上げる」というロジックだ。一見合理的に思えるかもしれないが、個人で使うパソコンの場合、必ずしも最適な手法とならない場合もある。例えばスクリーンセーバ。最近のスクリーンセーバは複雑な演算のため、意外とCPUにかかる負荷が大きい。CPU負荷に合わせてクロックを上下させるタイプの省電力ソフトの場合は、たとえスクリーンセーバでも高クロックで実行してしまう。しかし「EcoSaver」のように、アイドル状態で判断するソフトなら──スクリーンセーバは重要度の高い処理ではないことが明らかなため──CPUクロックを抑えて実行できる。

    もちろん、全体としての処理能力は落ちるかもしれない。しかし「ユーザの利用状況を見ながらCPUのクロックを決定する」というのは、特に個人用のパソコンでは、意外に需要があるものだ。「EcoSaver」では、こうした点がうまく考えられている。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私はAMDユーザですが、常時パソコンはつけっぱなしで、月々の電気代もばかにならないほどになってきて、どうしたものかと考えていました。そこで、CPUの省電力機能「Cool'N'Quietテクノロジ」を有効にして、しばらく使ってみたのですが、どうしてもレスポンスの悪さが気になり、使用を中止してしまったのです。

    しかし、消費電力を計測してみると、「Cool'N'Quietテクノロジ」を有効にしている状態では、約100〜150Wほど電力を抑えられることがわかり、「それなら人が操作していない間だけ、有効にすればいいんじゃないか」と思って開発しました。完成した「EcoSaver」を実際に使用してみると非常に快適で、私自身ヘビーユーザとなりました(笑)。

    ユーザにお勧めする使い方
    AMDの「Cool'N'Quietテクノロジ」やIntelの「EIST」に対応している環境をお持ちの方すべてにお勧めします! また、CPU省電力機能が有効になるアイドル時のみ、登録したアプリケーションを自動起動・終了する機能も実装していますので、例えば分散型コンピューティングに参加なさっている方などへもきっとアプローチできるアプリケーションではないかなと思います。

    最後に
    少しでもたくさんの方に使っていただき、世界の省エネに少しでも役に立てれば、これほどうれしいことはありません。

    (角尾 良太)

    ● EcoSaver Ver.1.1.1
  • 作 者 : 角尾 良太 さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.caferatnica.jp/
  • 補 足 : 動作には.NET Framework 3.5が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    省エネアプリケーション EcoSaver 3.9.0 アイドル時のみ自動的にCPU省エネモードへ移行し、タスクを自動実行、自動終了 (3,312K)




    最近のレビュー記事
    Duplicate Files FixerDuplicate Files Fixernew!!Duplicate Files Fixer
    わかりやすいインタフェースで、はじめてでも直感的に操作できる同一(重複)ファイル削除ソフト
    Alkett MultiViewAlkett MultiViewAlkett MultiView
    ウィンドウ枠などを非表示にし、画像をのみを表示させることもできる、軽快・多機能な画像ビューア
    CeVIO さとうささら トークスターターCeVIO さとうささら トークスターターCeVIO さとうささら トークスターター
    アクセント調整や音素グラフなど、トーク機能を中心にさまざまな強化・改善が図られた“新世代の音声創作ソフト”
    今どこボード今どこボード今どこボード
    メッセージやファイルの送受信にも対応。数項目の設定だけで手軽に使える“行き先掲示板ソフト”
    iMyFone TunesMateiMyFone TunesMateiMyFone TunesMate
    iOSデバイスのデータをパソコン/iTunesに一括転送。パソコンで管理もできる多機能ユーティリティ
    『きみがペット』配信記念フェア
    『きみがペット』配信記念フェア
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年4月】

    PNotes.NETPNotes.NET
    付箋のネットワーク送信やスケジュール設定による外部プログラムの起動などにも対応した高機能付箋紙ソフト
    ShareMouse 4 ProShareMouse 4 Pro
    マシン間のファイルコピーも簡単。複数台のパソコンをひとつのマウス/キーボードで快適に操作できる共有ソフト
    PDF-XChange Editor 7PDF-XChange Editor 7
    リボンUIや自動保存・復旧機能を搭載。PDFファイルを自由に編集できる、軽快・多機能な“PDF総合ソフト”
    デスクトップ検索 SAVVYデスクトップ検索 SAVVY
    さまざまな形式のファイルやメールの内容をすばやく検索し、強力なフィルタで絞り込める全文検索ソフト
    PowerDVD 18 UltraPowerDVD 18 Ultra
    360度/VR動画再生機能やクラウド/YouTube対応機能を強化した“定番”動画再生ソフトの新バージョン
    『鬼役』先行配信記念!いきなりセット半額フェア!
    『鬼役』先行配信記念!いきなりセット半額フェア!


    「EcoSaver」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    おすすめコンテンツ

    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.