ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2009.06.25 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast

Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast
SSDの最適化機能「HyperFast」が標準搭載された「Diskeeper 2009」の新エディション
Windows Vista/XP/2000  製品:試用可
Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast
  • SSDボリュームのプロパティ設定画面。SSDの特性に合わせた最適化機能「HyperFast」が追加された

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ダッシュボード画面。CPUの負荷に応じて自動的にデフラグを実行するInvisiTaskingなどの設定を行える
  • 履歴画面。使用を開始してからの最適化履歴をグラフで確認できる

  • SSD(Solid State Drive)を最適化し、長寿命化を図るテクノロジー「HyperFast」を標準搭載した「Diskeeper 2009」の新エディション。

    「Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast」は、ディスク内のファイルの断片化を解消し、パソコンの高速化を図るデフラグソフト。“with HyperFast”とあるように、2008年12月発売の「Diskeeper 2009」に、SSD専用に設計された「HyperFast」機能が追加されたエディションとなっている。従来のハードディスクとは構造が異なるSSDに対しても、独自のアルゴリズムによる再配置でアクセス速度を向上させる。

    従来のハードディスクを対象としたデフラグ機能は、「Diskeeper 2009 Pro Premiere」と同等。Windows標準搭載のデフラグ機能とは異なり、ディスクの空きスペースがわずか1%の状態でもデフラグを行うことが可能。対応可能なハードディスク容量(パーティション容量)には制限がない。さらに、ファイルの断片化を解消するだけでなく、ファイルの重要度に応じて、より高速にアクセス可能な領域にファイルを再配置し、パフォーマンスを向上させる「I-FAAST」など、さまざまな特徴を備えている

    「HyperFast」は、空きエリアを連続した領域に再配置したり、ブロック単位での消去や書き込みに合わせて再配置を行ったりするテクノロジー。ファイルの断片化解消による速度向上はもちろん、SSDの特性に合わせた最適化を行うことにより、長期に渡って使い続けたSSDに発生しがちな速度低下を防止し、パソコンの動作速度の向上を図る。「HyperFast」による最適化はSSDのほか、USBフラッシュメモリなどの不揮発メモリに対しても適用できる。対象となるディスクが不揮発メモリであるか、従来のハードディスクであるかは「Diskeeper 2009」が自動で判断するため、ユーザが意識する必要はない。自動認識がうまく行われない場合でも、手動で指定できる。

    フォアグラウンド作業の負荷に応じてデフラグを実行するスケジューリング機能「InvisiTasking」は、SSDに対してももちろん有効。ヘッドシークをともなわないSSDの最適化は、フォアグラウンドタスクの動作に与える影響が少なく、ユーザの気づかないうちにデフラグが行われる。さらに、

    • OSブート時にシステムファイルをデフラグする「ブートタイムデフラグ」
    • バックグラウンドでのデフラグを休止させてバッテリーの消費電力を抑えるノートパソコン向け電源管理機能
    • 1時間単位で細かなデフラグの可否を指定できるスケジュール機能
    などもSSDに対して利用できる。ただしI-FAASTのように、SSDでは使用できない機能もある。SSDには「ディスク内周部に比べて外周部の方がアクセスが高速」といった、従来のハードディスクのような特性がないため、この性質を使って最適化するI-FAASTは意味を持たない。もちろんこうした機能は、SSDの場合には自動的に対象外となり、ユーザが特に気にする必要はない。

    「HyperFast」は、既存の「Diskeeper 2009」ユーザ向けに「追加パック」としても発売されている。

    ※編集部注:「Diskeeper 2009」について詳しくは、新着ソフトレビュー「Diskeeper 2009 日本語版 Pro Premier」〜バックグラウンドデフラグ機能がさらに強化された、高機能デフラグソフト「Diskeeper」の新バージョンを参照されたい。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    稼動部を持たないために静音性が高く、消費電力は低く抑えられる。しかも高速で、ランダムアクセスでも速度は落ちない。さらに、ノートパソコンなどに使われる2.5インチハードディスクをそのまま置き換えることができる──これだけSSDの利点を挙げれば、たいていの人は「SSDはまさに夢のようなデバイスだ」と感じるのではないだろうか。事実、最近になって低価格化が進んだおかげで、SSDを導入する人が増えているという。ただ、実際に使いはじめると、たしかに静かであるし消費電力は低いのだが、「思っていたよりも速くない」と感じる人は多いかもしれない。

    そう感じるのにはもちろん理由がある。SSDは、読み出しこそ高速でランダムアクセスにも強いが、書き込みはそれほど速くない。これはSSDに使われるフラッシュメモリの特性として、データを書き込む際に(1)いったん目的とする場所のデータを消してから、(2)同じ場所にデータを書き込む、という2段階のステップを踏まねばならないからだ。つまり書き込みは、単純にいって読み出しの倍の時間がかかる。しかも、一度に書き込みできるサイズは決まっているため、「少しだけ書き換える」場合は、さらに時間がかかる。

    この問題を解消するにはいくつかの方法がある。例えば、WindowsなどのOSがこのようなSSDの特性に合わせた書き込み方法をとったり、あるいはSSDの側で欠点をカバーできるようなハードウェア(例えばキャッシュメモリなど)を搭載したりといった方法だ。しかし、OSはおいそれと入れ替えられるわけではないし、ハードウェアを搭載するにはコストがかかる。

    そこで考えられたのが、「HyperFast」の「SSDに最適化されたディスク再配置」という方法だ。この方法では、ディスク内のデータ配置を、仮に書き込みが発生しても、SSDの欠点が出にくくなるようにしておく。これにより、OSやハードウェアを変更しなくても、書き込み性能を低下させないようにするわけだ。「Diskeeper 2009 with HyperFast」による方法なら、現在のOSやハードウェアはそのままで、手軽に高速化が実現できる。SSDを活用している人には極めて魅力的なソフトだ。

    (天野 司)


    ● Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast Ver.13.0.835
  • 作 者 : 相栄電器(株) さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP/2000
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.sohei.co.jp/
  • 補 足 : 試用期間は30日間。体験版では、SSDの最適化に対応したHyperFastも試用できる。ライセンスの購入は「Diskeeper 2009 日本語版」ダウンロード・お支払いページから行える。6月30日までは記念特価10,971円で購入できる。Pro PremierのほかにもHome、Professional、Serverの各エディションがある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません



    最近のレビュー記事
    コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
    英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
    カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
    スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
    JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
    高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
    ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
    Cool Logo 3DCool Logo 3D
    シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
    SSD_TURBO_BOOSTSSD_TURBO_BOOST
    SSDの高速化、プチフリ問題の解消、信頼性向上、整備に利用できるSSD高速化・総合支援ソフト
    PowerDVD 19 UltraPowerDVD 19 Ultra
    Ultra HD 8K動画や360度VR動画の再生に対応し、YouTubeの再生にも対応する人気Blu-ray・DVD・動画再生ソフト
    「Diskeeper 2009 Pro Premier with HyperFast」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.