ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.12.13
EZランチャー 2000 EZランチャー 2000 Ver.1.05
MP3再生機能機能を搭載したコンパクトでスタイリッシュなランチャ
Windows Me/2000/98/95/NT シェアウェア
「EZランチャー 2000」の動作画面
■メイン画面。各ボタンには10個までのアイテムを登録できるプルダウンメニューが付く

あらかじめ登録しておいたアプリケーションなどのアイテムを、ワンタッチでスピーディに開くことのできるボタン型ランチャプログラム。EZランチャー 2000は、EZランチャーを新しく作り直したもので、従来からのよく考えられたランチャ機能に加え、新たにMP3再生機能が加わった。

EZランチャー 2000の画面は非常にコンパクトに仕上がっており、普段表示したままにしておいても邪魔にならない。通常モードのほかに、よりコンパクトな縮小画面モードが用意されているほか、画面の隅へマウスカーソルを移動するだけで画面の表示/非表示の切り替えが可能で、不要なときには非表示モードにしておけばよい。

肝心のランチャ機能は、開きたいアイテムのボタンをシングルクリックするだけという手軽なもの。アイテムの登録もエクスプローラからのドラッグ&ドロップなどで簡単に行える。各ボタンにはプルダウンメニューが付いており、例えばそのメニュー内に各アプリケーションの文書ファイルを整理して登録するといった使い方もできる。

ランチャ機能以外にも、Windowsのシャットダウン/再起動機能、エクスプローラの制御(複数のエクスプローラの整列表示や、デスクトップ上でのエクスプローラの開く領域の設定など)、ファイル管理ソフトである「FileVisor32」との連動機能など、さまざまな機能が備わっている。

“2000”になって新たに取り入れられたMP3モードは、ランチャモードと同様の操作性でMP3ファイルの簡単再生が行えるもの。ボタンを普通にクリックすると「アルバム」と呼ばれる複数のMP3ファイル群を再生する。再生モードとして、ランダム再生やリピート再生などをアルバムごとに設定できる。さらに、ボタンをドラッグすると現れるプレイリストからは、そのアルバム内の任意の曲を選んで再生できる。

アルバムへの曲(MP3ファイル)の登録はドラッグ&ドロップだけで行える。ランチャ上のボタンはBMPファイルなどで設定することができるので、アルバムジャケットの画像などを登録することも可能だ。

reviewer's EYE どんなときでも最短の手順で目的とするアプリケーションが起動できる。これがランチャプログラムが最も優先するべき機能だ。Windows 95の登場以来使われている「スタートメニュー」も、一種のランチャプログラムといえるが、実はこれもうまく使いこなせば相当に高機能で手軽なプログラムである。これがあるにもかかわらず、さらに別のランチャを導入するからには、とにかくこのスタートメニューよりも使いやすくなければお話にならない。

その点、EZランチャー 2000の操作性は、さすがに実績があるランチャだけあってよく練られている。筆者がよいと思った点は、やはりアプリケーションを起動するだけならシングルクリックでよく、さらにそのアプリケーションにファイルを読み込ませるのであればドラッグしてメニューを出して、という操作性の部分だ。単にアプリケーションを起動することしかできないランチャであれば、アプリケーションが起動したあと、そのアプリケーションのメニューからファイルを読み込ませなければならない。だがEZランチャー 2000であれば、このステップを省略できるのである。またランチャー自身が邪魔にならないよう、すぐに隠れてくれる「つつましやか」な点もよい。

今回新たに加わったMP3再生機能は、このEZランチャー2000の操作性をそのままMP3再生プログラムに応用したものだ。普段EZランチャー 2000の操作性になれているのであれば、便利に使えることは確実だ。
(天野 司)


スクリーンショット》 上が通常モード。下は、よりコンパクトな縮小画面モード
スクリーンショット》 設定画面。マウスポインタの移動によるEZランチャーの表示/非表示切り替えなどを設定できる
スクリーンショット》 MP3モードではEZランチャー 2000の操作性でそのままMP3ファイルを再生できる
スクリーンショット》 タスクトレイアイコンからも操作できる。ページ移動はメイン画面と連動する


【作 者】 西田 清道 さん
【作者のホームページ】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA007851/
【レジ作品番号】 SR001268
【補 足】 12月12日現在の最新版はVer.1.06。作者のホームページからダウンロードできる。機能制限はありません。ただし、アイコン設定情報変更の際、ダイアログが計4回表示される。なお、EZMP3機能のみを使用する際はフリーソフト扱いとなる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機

最近、インターネットを閲覧しているとき、プログラムを開発しているとき等、MP3をBGMに作業する機会が増えてきました。いろいろ視覚的・動作的にに優れたプレイヤーはあるのですが、動作が重い、画面から消えない、すぐ表示できない等の不満があり、思いついたのが拙作EZランチャーへのMP3機能の搭載です。EZランチャーの機能・動作をほとんど変えず、MP3機能を実装しました。一度使うと手放せなくなるようなソフトにしようといろいろ工夫をしています。

■開発中に苦労した点

MP3を再生しているとき、EZランチャーの動作に影響があると、これまでのユーザさんに怒られますので、MP3再生部と本体を分離し、しかもMP3再生部のみでも動作するような仕組みを考えました。これによって、ランチャー部は軽快に動作するようになりました。これが一番苦労した点でしょうか……。あとはサラリーマンですので、2ヵ月近く出社前に毎朝2〜3時起きで作成したのも少し大変といえば大変だったかな……(朝起きは得意です)。

■ユーザにお勧めする使い方

とにかく、フォルダ単位でMP3を整理している方にお勧めです。フォルダをドラッグ&ドロップするだけでアルバムボタンができますので……。あと、各ボタンへは32×32ピクセルのビットマップを表示できますので、アルバムジャケットをデジカメ等で撮影して縮小して登録すると、わかりやすく、しかもきれいにアルバムが整理できます(登録例はヘルプを見ていただけるとよくわかります)。

■今後のバージョンアップ予定

βバージョン発表から現在のVer.1.05まで、約1ヵ月の間にバグ修正・機能追加をずっと行ってきて、何とか動作も安定化してきました。今後も軽快な動作を損なわないように、しかもさらなる機能アップを目指します。MP3機能については、世の中のプレイヤーにあまり見られないようなジャンルの操作性を目指しています。今後もマイペースでがんばりますので応援いただけるとありがたいですね(旧バージョンのフリーソフト化も考えています)。
(西田 清道)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(972円(税込))
EZランチャー 2000 1.13 おなじみEZランチャーに超簡単MP3再生機能が... (471K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.