その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.09.20
魔女っ子ルーネとオバケ城 魔女っ子ルーネとオバケ城 Ver.1.0
かわいい女の子を操ってダンジョンのお宝を集めてまわる、小気味よいアクションパズルゲーム
Windows 2000/98/95 フリーソフト
「魔女っ子ルーネとオバケ城」の動作画面
■ルーネの前にあるブロックが「ロック」の魔法で出現させた岩

かわいい魔女っ子ルーネを操り、オバケ城の奥にある宝を集めてまわるRPG風アクションパズルゲーム。プレイヤーは、ルーネが使えるただひとつの魔法を駆使して縦横にスクロールするマップを制覇し、14枚のコインを集めてゆく。

主人公のルーネは、魔女っ子というにはそろそろ苦しい年ごろ(18)の魔女のたまご。彼女は得意の魔法を活かしてトレジャーハンターとして活躍している。そんなある日、彼女はお宝がごっそり眠るという古城の噂を聞きつけ、さっそく探検に乗り出した……。

ルーネは魔女といってもまだ一人前ではないため、使える魔法はただひとつ──マナを実体化させて目の前に岩を出現させる「ロック」の魔法だけだ。「ロック」の魔法で出現させた岩は一定時間しか実体を保てないものの、空中に浮かび、ルーネが移動するための足場となってくれる。水平方向に限っては突き飛ばして移動させることも可能だ。ルーネは上方へのジャンプができないため、この「ロック」の魔法の使い方がゲームのポイントとなる。ゲームの中でやや難しいと思われるルールはこの「ロック」の魔法だけで、あとは操作方法、登場アイテムともにシンプル。誰でもすぐにゲームの世界に入り込むことができる。

ゲームで使用するキーは、カーソルキーと【Z】/【X】キーのみ。カーソルキーの【←】【→】で左右移動、【↑】【↓】で梯子の昇降ができる。【Z】キーは、マップ上のアイテムを調べたり操作したりするときに使う。また、このキーを押しながら左右のカーソルキーを押すと、移動せずに、ルーネの向きだけを変えられる。【X】キーは、目の前に岩を出現させたいときに押す。すでに岩がある場合はその岩を水平方向に飛ばす。

ダンジョン内に設けられた仕掛けは「宝箱」「扉」「像」の3種類。宝箱には文字通り、プレミアムコインや金の鍵などのお宝が入っている。プレミアムコインは全部で14枚あるので、1枚も見落とさずに集めたい。ダンジョン内の要所要所には、金の鍵がないと開かない扉がある。金の鍵は扉を開けると消えてしまうので、すべての扉を開けるには扉の数だけ鍵を集める必要がある。像はワープポイントで、ルーネが像に重なっているときに【Z】キーを押すと、同じ色のもうひとつの像の上にワープする仕組みになっている。オバケ城の一番奥に眠る宝を取れば、ゲームクリアとなる。

全体的にシンプルな構成ながらも、細部までよく考えられたバランスのよさが特徴のゲームだ。キーボードのほか、ジョイパッドでもプレイできる。

reviewer's EYE ルールや操作も簡単で、短時間で楽しめる小振りのゲームだが、絶妙のゲームバランスでプレイ後の充実感は非常に高い。ゲームを終えたあとは、できのいいショートショートを読んだような気分にさせられた。

なんといってもマップが非常に工夫されている。さりげなく易から難へとパズルの内容が変化してゆき、プレイヤーが自然にゲームのルールを理解できるように構成されている。アイテムやトリックの出現する順番も同様によく考えられている。

そのため、ゲームそのものは短時間でサクサク進めることができながらも、内容は濃い。ユーザの手順をいたずらに増やして面倒にするだけの部分もなく、マップを水増ししたような部分もないので、非常に気持ちよくプレイできた。
(秋山 俊)


スクリーンショット》 魔法で出現させた岩は、飛ばすこともできる
スクリーンショット》 同じ色の像の間ではワープが使える
スクリーンショット》 遺跡を守るドラゴン。非常に手強い敵だ。現在持っているアイテムが画面上部に表示される
スクリーンショット》 これはオープニング画面。本文では触れなかったが、プレイ中のBGMもテンポがあって、ゲームにマッチしている


【作 者】 松岡 利昌 さん
【作者のホームページ】 http://www02.u-page.so-net.ne.jp/xb3/t-matsu/
ソフト作者からひとこと
■開発コンセプト

本ゲーム「魔女っ子ルーネとお化け城」は、ゲームシステムとして「単純でわかりやすいものの集合で大きな仕事を成し遂げる」という思想を大切にして企画・開発を行いました。このゲームの場合はフリーソフトということを前提といたしましたので、さくっと楽しめるものにまとめました。

■苦労した点

苦労した点はバランス調整です。岩が消える時間とルーネが移動する時間のバランスをギリギリのラインにして、プレイ感に迫力を出したことです。

■最後に

最後ですが、このゲームをぜひエンディングまで楽しんでやってください。感想待ってます。
(松岡 利昌)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
魔女っ子ルーネとオバケ城 1.1 さくっと楽しめるRPGのトリックを解く感覚の横スクロールのアクションパズルゲーム (285K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.