その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.07.19
フチくま フチくま Ver.1.0.0
モニタのフチからポップアップするキュートなマルチユーティリティ
Macintosh PPC シェアウェア
「フチくま」の動作画面
■タブをクリックすると、機能別のウィンドウがポップアップしてくる

Mac OS/Finderのポップアップウィンドウのような形式でモニタのフチにタブを配置。必要に応じてウィンドウをポップアップし、さまざまな機能を提供するマルチユーティリティ。使いやすさもさることながら、外観のかわいらしさにもこだわったデザインが特徴だ。

フチくまは通常、あまり利用されていないモニタの周辺部を有効活用できるよう考えられたユーティリティ群。全部で8種類の機能が用意されており、タブクリックですばやく必要な機能を呼び出すことができる。タブはポップアップウィンドウのようにデスクトップの端に置かれるが、Finderのポップアップウィンドウが下端にしか配置できないのに対し、フチくまは、上下左右好きな場所に置くことができる。

フチくまの提供する機能は次の通りだ。
  • チェックリスト──PIMアプリケーションなどに備えられているToDoリストを実現するもので、ウィンドウ内に1件23文字・最高512件までの用件を書き込める。それぞれの用件に対してチェックボックスが設定され、済んだ用件からチェックしてゆく。用件整理のためにラベル(12色+色なし)を使用することもできる。チェック状態や用件の作成・修正時間、ラベルなどの条件で用件をソートすることが可能

  • カレンダー──1ヵ月のカレンダーを表示する。月・年単位で表示月を移動することも簡単。チェックリストと連動しており、翌日以降の日付部分をクリックをすることで、その日の用件をチェックリスト項目として追加できる(追加されるのは、用件のある当日になってから)

  • クリップボード──Finderのクリップボードと同じ内容を表示する。テキストおよび画像の場合はデータ内容を、それ以外のデータの場合はデータタイプ/サイズを表示する。このウィンドウに対してドラッグ&ドロップし、複数アプリケーション間でデータのやりとりをすることもできる

  • メモ──Mac OSの「ノートパッド」を高機能にしたような感じのメモ。テキスト(プレーンテキスト)のほか、QuickTimeが扱える形式の静止画像にも対応しており、最大999件までのデータ(テキストで30KB)を扱える。データの登録はドラッグ&ドロップで行える。また、それぞれのメモに対して見出し(データ名)やラベルを設定することができ、これらをキーワードにしたデータ抽出が行える

  • Internet情報──URLなどを登録しておくことで、手動または自動でインターネットからファイルのダウンロードを行える(Mac OS 8.6以降の機能を利用しているため、これ以降のバージョンのOSを使っている場合のみ有効)。ダウンロードしたデータは画像であれば、Internet情報ウィンドウに直接表示できる。それ以外はHTMLファイルであればブラウザなど、他のアプリケーションを利用して開く。登録できる情報は、接続したいURLのほか、ダイヤルアップ時などに接続を制限する時間、アクセスに認証が要求される場合のユーザ名やパスワードなど。HTMLファイルの取得ではターゲットのファイルだけを取得し、画像や他へのリンクは取得しないが、ブラウザのオフライン表示と組み合わせれば簡易的な自動巡回を実現することもできる

  • 電話帳──名前/ふりがな/所属/電話番号/メールアドレス/備考を登録できる電話帳。登録できる件数は最大512件まで。1件につき最高8個までの電話番号を登録できる点がユニークで、自宅やFAX、オフィスの電話番号、携帯電話など、すべての番号を登録しておくことも可能だ。メールアドレスのクリックで標準のメールソフトを起動し、メールを送ることができるなど

  • 計算機──10進/16進/2進の計算が行える計算機。操作はマウスのほか、キーボードからも行える

  • ランチャー──アプリケーションのほか、ファイルやフォルダ、URLなどを登録しておくことができる。ウィンドウ内項目へのドロップによるアプリケーションの起動も可能。目的別に「ラウンチセット」を作成しておくことができ(最大128セット)、切り替えて使用できる
これらの機能のうち、使いたいものだけを選択してデスクトップに表示しておける。

タブにしがみついたクマがなんともかわいらしいが、デザインをカスタマイズすることも可能で、タブに付いたこの「シンボル」をユーザが任意に変更・作成できるほか、ウィンドウの背景画像、フレームカラーも好みのものを設定できる。シンボル作成用として専用のエディタも用意されている。それぞれのウィンドウは、【optin】キーを押しながらドラッグすることで、画面の上下左右好きな場所へ移動できる。

reviewer's EYE 見た目のかわいらしさだけでなく、なかなかに実用的な機能がつまったユーティリティだ。カレンダーはチェックリストと連動しているし、電話帳は電話番号を8件まで登録でき、メールソフトと連動させられる。さらに「Interent情報」では、インターネット上の情報を自動的に更新し、常に最新データをクリップしておくこともできる。

それぞれのウィンドウの背景や、ウィンドウのシンボルを変えられるといった遊び心も忘れられておらず、いかにも“Mac的”なソフトといえるだろう。
(宮原 公文)


スクリーンショット》 用意された項目はシンプルだが、電話番号を最大8件まで登録でき、なかなか実用性の高い電話帳。メーラを起動してメールを送ることもできる
スクリーンショット》 Internet情報の接続設定画面。URLの登録に加え、自動・手動の巡回設定などが行える
スクリーンショット》 共通設定。起動時に使用する機能をここで設定できる
スクリーンショット》 チェックリスト。23文字以内で最大512件の登録ができ、リストの並び替えもできる
スクリーンショット》 シンボル」やフレームカラーはカスタマイズ可能。画面のシンボルは配布アーカイブに同梱されているものを使用。このほかにシロクマもある


【作 者】 落合 徹 さん
【作者のホームページ】 http://www.ne.jp/asahi/fairy/chimera/
【レジ作品番号】 SR018536
【補 足】 試用期間は45日間。試用期間中は「シンボル」をユーザが作成したものに変更することができない(ただし、差し替え可能なデータがいくつかアーカイブに同梱されている)。7月18日現在の最新版はVer.1.0.1。1.0.0のバグフィックスを施したもの。作者のホームページ からダウンロードできる
ソフト作者からひとこと
フチくまは、もともとは四方に対応したポップアップウィンドウを作りたいという技術的興味から作られたソフトです。私の作るソフトを知っている方にはいつものことですが、作っている内に、見た目にも楽しいものをということで、マスコット(クリップシンボル)の表示もできるようにし、さらに専用のエディタもと、悪のりしてしまいました。私の作るソフトの基本は“使って楽しい実用ソフト”ですので、どのような機能を持たせたら実用的かというのはあとから考えました。結果的に現在の形になりましたが、いかがでしょう。

それぞれはシンプルでも、全体的には多機能になっているので、ちょっと開発に時間がかかってしまいましたが、それなりに便利なものができたと思っています。
(落合 徹)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,512円(税込))
フチくま 1.1.0 モニターのフチにチェックリスト、カレンダー、メモ、計算機、ランチャー等、8種類のユーティリティを提供 (912K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.