ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.03.29
AccessStrip AccessStrip Ver.1.1.0
ランチャ機能を持ったコントロールストリップ
Macintosh PPC シェアウェア(1,000円(または$10))
「AccessStrip」の動作画面
■コントロールバーの右側に表示されているのがAccessStrip。左側の「田」がレイヤ切り替えボタン、右側がドック部分

コントロールストリップ形式のランチャ。エイリアスや書類、クリッピングデータなどのファイル、コントロールパネルやデスクアクセサリ、アプリケーション、フォルダといった項目をドックへ登録し、コントロールバーからの起動や、コントロールバーへのドラッグ&ドロップによる操作を行うことができる。

AccessStripは項目登録用に8層のレイヤを持ち、レイヤ切り替え部分とドック部分から構成される。インストールすると、コントロールバー上の左側に4色の「田」の形をしたレイヤ切り替え部が、そして右側のドック部分には登録されたファイルやフォルダなどのアイコンが表示される。ドックへの登録は、ドックの右側に登録したい書類をドラッグ&ドロップするだけで行える。

ドック上のアイコンをダブルクリック(またはアイコンをクリックして表示されるメニューから「起動する」を選択)すると、オリジナルの書類やアプリケーションを起動できる。登録されているアイコンがアプリケーションの場合は、ドック上のアイコンへ書類をドロップしてアプリケーションを起動することが、またフォルダの場合には、そのフォルダへの書類の移動やコピーがFinder上の操作と同様に行える。アイテムの削除は【control】キーを押しながらのダブルクリックか、メニューから「取り除く」を選択すればよく、簡単に追加・削除が行える。

左側の4色のレイヤ切り替え部分をクリックすると、ドックが各色に対応した色に切り替わる。【shift】キーを併用することで、合計8層のレイヤを切り替えて使用できるようになっている。レイヤの切り替えはドックへアイテムをドラッグしながら【1】〜【8】のキーを押すことでも可能(1〜8の数字は、ドックに登録されたアイテムのエイリアスが保存されている「初期設定」フォルダ内の「AccessStrip Preferences」フォルダにある「_Dock Items」フォルダ(nは1〜8)に対応する)。

【shift】キーを押しながらドックをクリックすると設定のメニューが表示され、ドックサイズの固定(アイテムの最も多いドックのサイズに合わせる)、メニューやサブメニューの表示、メニューへのアイコン表示といった設定が行える。

reviewer's EYE ラウンチ機能を実現するユーティリティは、システム標準の「ランチャー」を筆頭にいくつかあるが、アプリケーションタイプのものは、使用する際には前面に切り替えて使う必要がある。その点、常にすべてのウィンドウの前にあるコントロールバーを使えるAccessStripは便利だ。最大で8層のレイヤを切り替えることができるので、「インターネットアクセス用」や「仕事で使うアプリケーション」「よく使うフォルダ」といった区分けで整理してまとめておける点もうれしい。

アプリケーションを登録し、ドラッグ&ドロップ用の標準的なランチャ用途を中心に使用するときは、メニューやサブメニューの表示をOFFにできたり、逆によく使うフォルダを登録しておき、「サブメニューを使用」をチェックしておけば、目的のファイルやフォルダにすばやくアクセスできるなど、用途に応じた使いこなしができること、応用範囲が広いこともAccessStripの特徴といえるだろう。

コントロールバー項目なので、画面上でもほとんど邪魔にならず、不要なときはただんでおけばよい。それほど表示領域の広くないiBookをはじめとして、PowerBookなどのノートタイプはもちろん、デスクトップMacユーザであっても、コンパクトなファイルランチャがほしいといった人にはお勧めだ。
(宮原 公文)


スクリーンショット》 レイヤは全部で8層。切り替えボタンをクリックして切り替えることができるほか、ドックへのドラッグ中に【1】〜【8】のキーを押すことでも切り替えられる
スクリーンショット》 数字キーの切り替え(1〜8)は、初期設定フォルダの下のこれらのフォルダに対応している
スクリーンショット》 ドックを【shift】+クリックすることで表示される設定メニュー
スクリーンショット》 メニュー表示をONにすると、起動やオリジナルの表示といった操作がメニューから行える
スクリーンショット》 サブメニューの表示はフォルダ登録時に便利。目的の書類やフォルダにすばやくアクセスできる


【作 者】 Siga Software さん
【作者のホームページ】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA014067/
【レジ作品番号】
【補 足】 デモ版のため、使用回数制限がある。試用回数を超えると、各種操作ができなくなる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

コントロールストリップモジュールのランチャはいくつかありますが、「DragThing」などのラウンチアプリケーションに比べると、使い勝手がよくないと感じていました。そこでコントロールストリップのシンプルさを生かしつつ、使い勝手の向上を目指して開発しました。

■開発中に苦労した点

コントロールストリップモジュールの場合、アプリケーションよりプログラミング上の制限がいくつかあるので、それをいかにクリアするかという点で苦労しました。

■ユーザにお勧めする使い方

姉妹ソフトウェアに「FavorStrip」という「よく使う項目」に入れたアイテムのラウンチを行うコントロールストリップモジュールがあります。登録ユーザの方は両方とも使用できますので、組み合わせて使うと便利だと思います。

■今後のバージョンアップ予定

バグフィクスは、随時行っていきます。機能の追加、改善は皆さんの要望を取り入れていきたいと思いますので、ぜひ感想をお寄せください。作者のWebページ(https://www.vector.co.jp/authors/VA014067/)にて最新の情報を公開しております。こちらをご確認ください。
(Siga Software)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

現在公開ファイルがありません


掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.