arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.03.15
QWERTY LESSON for Windows QWERTY LESSON for Windows Ver.1.0
段階的な学習で確実に学べるタッチタイプ練習ソフト
Windows 98/95/NT シェアウェア(1,200円)
「QWERTY LESSON for Windows」の動作画面
■キー位置の学習と単語の入力を反復しながら徐々に“指が覚える”ように練習してゆく

ステップバイステップ形式で学習できるタッチタイプ練習ソフト。一定の指の運びを反復練習することにより、単語入力を“指で覚えさせる”ことを目的としている。1レッスンが比較的短時間で終了するため、無理なく練習を行える点や、わかりやすい画面構成などが特徴。

練習コースとして用意されているのは「ローマ字入力コース」と「JIS仮名入力コース」の2種類(練習開始時に選択し、練習途中で変更することはできない)。ローマ字入力コースを例にとると、最初のレッスン(Chapter 1)では【A】【S】【D】【F】【I】【J】【K】の7個のキーだけを使うが、まず各キーの位置を覚えたあと、この段階からすでにローマ字入力でひらがの単語を入力する形で練習する。そしてChapter 2ではさらに【E】の位置を覚え、Chapter 3ではそこまでのすべてのキーを使う単語が出題される──QWERTY LESSONでは、このように段階的かつ反復的な練習を積み重ねていく。各Chapterが終了すると正解率および入力速度のグラフと評価が表示され、ミスが多かったり入力が遅かったキーはどこかがひと目でわかるようになっている。

練習問題には、段階的に練習を積み重ねてゆく上記の「基本練習」のほかに「単語練習問題」があり、こちらではカタカナ語や四字熟語、一般事務用語などのタイプ練習ができる。基本練習に登場する単語も単語練習問題であらためてトレーニングできるようになっている。単語練習問題に登場する単語は個別のファイルに記録され、ファイルは最大10個まで登録できる。

その他の設定として、基本練習時にキー位置を確認するための時間を3段階から選択したり、単語入力の練習時間を秒単位で指定することができる。ローマ字入力時のキー設定については、ボタンをクリックするだけで「si」→「shi」、「sya」→「sha」といった設定を切り替えられるので、好みの入力方法を簡単に選べる。全体的に見やすくわかりやすい画面デザインで、はじめてでもとまどうことなく扱える。

reviewer's EYE いきなり蛇足からになってしまうが、ソフト名の「QWERTY」とはキーボードの配列のことで、アルファベットの最上段が左からこの並びになっていることにちなんでいる。実はこの名前を見て最初、英字の練習しかできないのではと心配したのだが、実際には日常的に使う言葉で練習を行うので、日本語の入力という点からも十分実用的だった。

余計なことはさておいて、タイプ練習ソフトとしてはなかなかよくできている。が、それだけに欲が出てくる部分もあって、例えば練習結果のグラフはレッスンごとに出るだけではなく、同じレッスンを繰り返したとき入力速度や正確性がどれだけ向上したかまで直接比較できればもっと練習意欲を刺激するのではないかと思う。

なお、キーのポジションを教えてくれるのは新しいキーを覚えるときだけで、単語の練習に進むともう教えてくれない(ホームポジションの位置だけがわかる)点などを見ると、やや「スパルタ教育」的な性格のソフトといえるかもしれない。
(福住 護)


スクリーンショット》 単語の入力練習では上に表示された通りに入力していく。ローマ字表記のガイドはかな1文字分のみ表示される(ガイドは表示させないようにすることも可能)
スクリーンショット》 Chapterが終了すると、正確性と入力速度を示すグラフや、この画面のような評価とアドバイスが表示される
スクリーンショット》 四字熟語や一般事務用語の練習では漢字だけの表示となるので正しい読みを知っていなければならない
スクリーンショット》 試用期間中は、基本練習はChater10まで、単語練習は一画面終了ごとに終了する
スクリーンショット》 練習開始時にコース選択を行う。練習の途中でコースを変更することはできない


【作 者】 藤岡 秀典 さん、吉崎 智将 さん
【作者のホームページ】 http://home9.highway.ne.jp/qlwin/
【レジ作品番号】 SR016000
【補 足】 試用期間中は、基本練習はChater10まで、単語練習は一画面終了ごとに終了する
ソフト作者からひとこと
■開発の動機・背景

最近はゲーム性を狙った楽しいタイプレッスンソフトが増えてきていますが、実践的な練習ができるシンプルなものを求めている方もやはり少なくないと思います。QWERTY LESSON for Windowsは前作のDOS版をベースに、さらに使いやすい練習構成にして会社や学校などでも違和感なく使えるようなものとなるように開発しました。DOS版から5年も経過してしまいましたが、「Windows版がほしい」というご要望になかなかお応えできず、本当に申し訳ありませんでした。(^^;

■開発に苦労した点

Windows版としては初めてのプログラミングでしたので、以前のDOS版とは違ったイベントの考え方やアルゴリズムに一苦労しました。

■ユーザにお勧めする使い方

タッチタイプ学習ソフトとしては、QWERTY LESSONの練習方法はどのソフトともまったく違うものだと思います。シェアウェアとなっていますが、仕様制限である基本練習のChapter 10まできっちり練習していただけると、「指が単語を覚える」感覚がわかっていただけると思います。ぜひ、試してみてください。

■今後のバージョンアップ予定

これからの予定としては、
  • 文章問題
  • ネットワーク対応型(複数ユーザ管理および学習状況などのサポート)
  • 学校向け用に機能強化
といったように、DOS版ではできなかった部分を大幅に盛り込むよう考えております。もちろん、ユーザの皆さんからの要望も盛り込めたいと思いますので、たくさんのお声をお待ちしております。
(藤岡 秀典、吉崎 智将)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,404円(税込))
QWERTY LESSON for Windows 1.61 段階的な学習で確実に学べるタッチタイプ練習ソフト (2,480K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.