Display600-768

表示解像度 1024 x 600 と 1024 x 768 を切り替え


ソフト詳細説明

Display600-768 は、1024 x 600 ピクセルでの表示が標準の画面解像度として発売された Windows 7 時代のネットブックやタブレットに、Windows 8 をインストールして使用するときに、1024 x 768 ピクセルでの表示に簡単に切り替えてしようするためのアプリです。
Windows 8 のスタートスクリーンは、1024 x 768 でなければストアアプリ(最初からインストールされている物を含む)が起動できません。
1024 x 600 の表示でストアアプリを起動すると 「このアプリを開けません」 と表示されて、表示解像度を変えることを求められます。
しかし、Windows 7 時代にに発売されたネットブックやタブレットは、1024 x 600 での表示が標準の物が多いです。(作者は、viliv N5 と TW217A5 を持っています)中には標準で解像度を 1024 x 600 と 1024 x 768 で切り替えられるボタン等が付いたものもありますが、それが無い場合には、 Windows 標準の画面解像度変更操作を都度行って切り替える必要があり、非常に面倒です。
かと言って、1024 x 600 が標準のネットブックやタブレットで 1024 x 768 を表示すると、一般的に、縦幅がギュッと縮められた状態で表示されるため、デスクトップのアプリを使うときには 1024 x 600 で表示させて縮んでない状態でつかいたいものです。
そんなとき、このアプリをお試しください。
インストールすると 1024 x 600 で表示するタイルと、1024 x 768 で表示されるタイルが追加されます。それぞれタップ(クリック)することで、簡単に解像度を切り替えられます。

動作環境

Display600-768の対応動作環境
ソフト名:Display600-768
動作OS:Windows 8
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: SHIN-ICHI 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解像度 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)
  3. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  4. 大きなタスクトレイ 任意のアプリをタスクトレイに登録してマウスカーソルの近くにタスクトレイを表示して操作できる(ユーザー評価:3.5)
  5. TidyTabs Personal 異なるアプリケーションでもひとつのウィンドウにタブ化してまとめられる(ユーザー評価:0)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト
  • Kaciy Window Operation 1.7 - ウィンドウの位置やサイズを自動変更

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック