nSpaces

複数のデスクトップを切り替えて使用できるユーティリティ


ソフト詳細説明

複数のデスクトップを作成できる、常駐型の仮想デスクトップユーティリティです。メニュー操作やホットキーで簡単にデスクトップを切り替えられます。

初期状態では本来のデスクトップのほかにSpace 2〜4の三つの仮想デスクトップがあり、計四つのデスクトップを使い分けることができます。切り替えの方法は、

(1) タスクトレイに常駐しているアイコンを右クリックして、ポップアップメニューの「Spaces」から選択
(2) 同じくポップアップメニューの「Switcher」コマンドで切り替え画面を表示して選択
(3) ホットキーで直接選択

などがあります。「Switcher」では、画面の縮小イメージを見ながら選択することが可能です。

使用する仮想デスクトップの数を設定できるほか、仮想デスクトップの名前となるラベル名の変更、デスクトップごとの壁紙や背景色指定、ホットキーの設定などが可能です。デスクトップにアプリケーションを登録しておくと、切り替え時に自動でアプリケーションを起動できます。

【主な機能】

・仮想デスクトップの数を設定可能
・タスクトレイ、スイッチャー画面、ホットキーによる画面切り替え
・ログオン時にnSpacesを起動
・仮想デスクトップのラベル名を割り当て
・デスクトップ切り替え時に起動するアプリケーションを登録
・仮想デスクトップそれぞれにパスワードを設定可能
・壁紙、背景色の設定
・ホットキーのカスタマイズ
・設定のパスワード保護

動作環境

nSpacesの対応動作環境
ソフト名:nSpaces
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: Bytesignals 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスク  ユーティリティ 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  3. 大きなタスクトレイ 任意のアプリをタスクトレイに登録してマウスカーソルの近くにタスクトレイを表示して操作できる(ユーザー評価:3.5)
  4. TidyTabs Personal 異なるアプリケーションでもひとつのウィンドウにタブ化してまとめられる(ユーザー評価:0)
  5. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト
  • Kaciy Window Operation 1.7 - ウィンドウの位置やサイズを自動変更
  • 窓ならべ(WArranger) 1.26.5 (0609) - デスクトップ上に散らかったウィンドウを並べ替えたり、最小化したりして整頓できる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック