FueruScreenCube

キューブ型 仮想画面ソフト


ソフト詳細説明

◎Windowsで動作するキューブ型の仮想画面ソフトです。
キューブの各面が仮想画面となっています。よって、仮想画面は全部で6つになります。
デスクトップ上で一度に見える仮想画面は、最大で3つですので残りの仮想画面を見るためには、キューブを回転させて使用します。

Windowsの画面を仮想化することにより、複数のデスクトップを切り替えて使うことができます。
仮想画面毎に、アプリケーションを割り当てれば他のウインドウに隠れてしまうことなく使用できます。

・デスクトップを仮想化します。仮想画面は、最大で6画面です。
・スタートアップ機能。
FueruScreenCube起動時に、各仮想画面に設定されたアプリケーションを自動で起動できます。
・各仮想画面に、壁紙を設定できます。
・ショートカットキー対応。
仮想画面のプラス方向、マイナス方向の切り替えと、キューブの回転(右、左、上、下)に対応しています。ショートカットキーは、自由に設定することができます。
・FueruScreenCubeを半透明化することができます。
・エマージェンシー機能。
FueruScreen異常終了時の対応です。

動作環境

FueruScreenCubeの対応動作環境
ソフト名:FueruScreenCube
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 一本杉太郎 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キューブ  仮想画面 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  3. 大きなタスクトレイ 任意のアプリをタスクトレイに登録してマウスカーソルの近くにタスクトレイを表示して操作できる(ユーザー評価:3.5)
  4. TidyTabs Personal 異なるアプリケーションでもひとつのウィンドウにタブ化してまとめられる(ユーザー評価:0)
  5. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト
  • Kaciy Window Operation 1.7 - ウィンドウの位置やサイズを自動変更
  • 窓ならべ(WArranger) 1.26.5 (0609) - デスクトップ上に散らかったウィンドウを並べ替えたり、最小化したりして整頓できる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック