WinDeskWide

Windowsで動作する仮想画面ソフトウェア


ソフト詳細説明

WinDeskWideは、Windowsで動作する仮想画面ソフトウェアです。
Windowsの画面を仮想化することにより、デスクトップを有効に活用できます。
Linuxのような仮想画面を行えように考えて作成しています。

機能
・デスクトップ画面を仮想化します。仮想画面は最大で12画面です。
・各画面へのホットキー対応
・プレビュー表示機能
・タスクトレイ表示(アイコン変更可能)
・ウィンドウ一覧表示機能(各仮想画面へアプリケーションを移動できます。)

動作環境

WinDeskWideの対応動作環境
ソフト名:WinDeskWide
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: SOTA 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

仮想画面 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  3. 大きなタスクトレイ 任意のアプリをタスクトレイに登録してマウスカーソルの近くにタスクトレイを表示して操作できる(ユーザー評価:3.5)
  4. TidyTabs Personal 異なるアプリケーションでもひとつのウィンドウにタブ化してまとめられる(ユーザー評価:0)
  5. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップ操作ツール
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト
  • Kaciy Window Operation 1.7 - ウィンドウの位置やサイズを自動変更
  • 窓ならべ(WArranger) 1.26.5 (0609) - デスクトップ上に散らかったウィンドウを並べ替えたり、最小化したりして整頓できる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック