GetDateTime.CMD

バッチファイルで現在日時を正しく取り出す方法


ソフト詳細説明

バッチファイルで現在日時を取り出すことはそんなに難しいことではありません。
しかし、簡単と思って侮ると大変です。普通にやると最大1日の誤差を生じたり、
『地域と言語のオプション」に依存してエラーになったりします。
特に、現在日時を複数回に分けて取り出すことはタブーです。
例えば、普通よくやりそうな「ECHO %DATE% %TIME%」なんてことも、間違いです。

動作環境

GetDateTime.CMDの対応動作環境
ソフト名:GetDateTime.CMD
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  方法  現在 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Windowsプログラミング用ライブラリ(C/C++,C#用) グラフ描画等の各種カスタムコントロールや、その他ユニークな高機能ファンクションを搭載(ユーザー評価:0)
  2. 郵便番号検索システム 郵便番号から住所、住所から郵便番号を検索するためのプログラム 大口事業所のデータも入っています(ユーザー評価:3.5)
  3. trx テンプレート化正規表現クラスライブラリ ワイドバイト対応のC++用正規表現ライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. iResEditor.js 実行ファイル(exe/dll)のリソースを編集する(オープンソース)(ユーザー評価:0)
  5. .NET用TCPソケット通信ライブラリ【Sock.dll】 非同期マルチスレッド対応サーバーソケット、リトライ制御あり クライアントソケットも使える(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION