WDiff

ロングファイル名対応 バイナリ差分作成ツール


ソフト詳細説明

すでに販売されていたり公開されているプログラムやデータ等のバナリファイルを、最新版に更新するためのバイナリ差分ファイルを作成し、自動更新プログラムを付け足すことで、アップデートを行うプログラムを提供できます。

特徴

・ロングファイル名のバイナリファイルの差分が作成できます。
・バイナリファイルを自動更新する自動更新差分ファイルを生成できます。
・自動更新ファイルは、Windows3.1用とWindows95/NT用を選ぶことができます。
・新旧ファイルの比較を徹底的に行う厳密差分作成機能があります。
・変更箇所が少ない場合は、区分比較で高速に差分が作成できます。
・ファイルのCRCをチェックすることにより、1つの差分で複数のバージョンが存在するファイルを最終バージョンにアップデートすることが可能です。
・フリーソフトですので生成モジュールを自由に配布できます。

動作環境

WDiffの対応動作環境
ソフト名:WDiff
動作OS:Windows XP/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 中川 哲裕 

ユーザーの評価(3人):4.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

差分  バイナリ  ロングファイル名 


「差分作成・更新」カテゴリーの人気ランキング

  1. eXeScope EXE/DLLファイルを解析, カスタマイズする(ユーザー評価:4.5)
  2. WDiff ロングファイル名対応 バイナリ差分作成ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. WDiffEditor WDiffに特化した補助的なエディタ 差分ファイルの順番の入れ替えやコメントの編集などができる(ユーザー評価:3.5)
  4. OTL パッチ適用ツール(ユーザー評価:0)
  5. Resource Explorer exe内のリソースを外部に書き出すためのツール(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック