AppActivate

VisualBasicにあるAppActivateというステートメントをまねたもの


ソフト詳細説明

MicrosoftのVisualBasicにあるAppActivateというステートメントをまねた
 ものです。
 インターフェースは
function AppActivate(const title: string):Boolean;
function GetWindowHandleByTitle( const title: String) :HWND;
です。
Delphi 1.0で作った物をDelphi 2.0用に一部変更しました(Win API関連)
Delphi 2.0でのWinAPIを使ったサンプルの一つと考えてください。
titleには文字列のフルマッチだけではなく、タイトルの最初もしくは
最後に'*'をワイルドカードとして使用することができます。
たとえば"メモ帳 - (無題)"というタイトルに対して"メモ帳*"でも"*(無題)"
でもマッチします。
ただし*は一つだけしか使用できません。また文字列の途中に使用することも
できません。
大文字小文字は区別しません。
戻り値はウィンドウが見つかったかどうかを返します。
GetWindowHandleByTitleはウィンドウハンドルを返します.(Activate
しません。)

動作環境

AppActivateの対応動作環境
ソフト名:AppActivate
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 村松 真 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ステートメント  AppActivate  VisualBasic 


「Delphi」カテゴリーの人気ランキング

  1. AlphaBitmap3 Delphi用高機能グラフィックコンポーネント(ユーザー評価:0)
  2. EPTREE for Delphi Delphiソース解析ツール(関数ツリー、ステップ数、スタック計測など)(ユーザー評価:0)
  3. マンデルブロ集合表示コンポーネント TMandelbrot マンデルブロ集合で遊ぶためのコンポーネント(ユーザー評価:0)
  4. マクロ実行インタプリタ DelphiアプリケーションにC言語/Pascal風のマクロ実行機能を提供します(ユーザー評価:0)
  5. CsvTable Delphi で BDE を使用せずに Csv File にアクセスするコンポーネント(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック