アライメントコンバータ

通信ソフト等で、アライメント制約やエンディアンが異なるCPU間の電文変換処理を行うサブルーチン


ソフト詳細説明

通信ソフト等で、アライメント制約やエンディアンが異なるCPU間の電文変換処理を行うサブルーチンです。

最初にCソースファイル中の構造体をAWKでスキャンして構造体に関する情報テーブルをCのヘッダファイルとして生成し、これを用いて添付の変換サブルーチンを呼び出す事で複雑な構造体でも簡単に変換が出来ます.。

本ソフトのメリットは、電文を構造体ヘッダイメージで共有すれば、その変更に対してアライメントコンバータを通す自動化が可能なので、変更や修整、バージョンアップが容易になります。

注:アライメント制約とは、例えばCPUが2バイトサイズのshort型の変数をアクセスする際に、メモリアドレスの偶数番地から始まる事を指します。同様に4バイトサイズのlong型の変数をアクセスする際に、メモリアドレスの番地が4の倍数から始まる事を指します。通常このルールが守られなくなると「例外」や「フォルト」と呼ばれる状態になります。Intel系のCPUはアライメント制約は無くリトルエンディアンですが、通常RISCタイプのCPU(例えば日立SH)はアライメント制約があります。日立SHの場合、エンディアンはCPU固有機能としてはどちらにもできますが、通信処理系の制約で自由にならない事が多いです

動作環境

アライメントコンバータの対応動作環境
ソフト名:アライメントコンバータ
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: KASAGO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. SpeedFan ファンの回転数をコントロールすることで、手軽にPCを静音化できる(ユーザー評価:0)
  2. PCView コンピュータ内の情報(CPU 種類、メモリ、インストールソフトなど)を収集、表示する(ユーザー評価:3.5)
  3. CrystalCPUID 倍率/FSB/オーバークロック対応の CPUID チェッカー(ユーザー評価:4.5)
  4. SetFSB PLLパラメータ編集機能付きのオーバークロックソフトウェア(ユーザー評価:0)
  5. CPUID CPUID表示プログラム(ユーザー評価:2.5)

「CPU情報表示・設定」カテゴリのソフトレビュー

  • SpeedFan 4.46 - ファンの回転速度を変更できるシステムモニタリングソフト
  • PCView 0.6.2 - パソコンのシステム情報を収集・保存し、メール送信することができるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック