SpeedFan

ファンの回転数をコントロールすることで、手軽にPCを静音化できる


ソフト詳細説明

システムの温度に応じてファンの速度を変化させることが可能なハードウェアモニタリングソフトです。CPU、ハードディスク、ビデオカード、電源等に取り付けられたファンの回転数をコントロールすることで、冷却と静音という相反する目的を両立させることを可能とします。PCのファンの音の大きさに悩まされている人、とりわけハイパワーマシンを自作している人にとっては欠くことのできない定番のツールです。

ファンの回転数の調節だけでなく、CPU/GPU/ハードディスクなどの温度、コア電圧、CPU使用率、チップセット/DIMM情報、クロック周波数などの各種情報を表示する機能も備えています。クロック制御の自動化、ハードディスクのS.M.A.R.T.情報の表示、温度/ファンの回転数/電圧の変化の折れ線グラフ表示も可能です。

本来は英語版のソフトですが、日本語にも対応しています。インストール後、本ソフトを起動して、OptionのLanguageでJapaneseを選択することで、表示を日本語化することができます。

なお、本ソフトはその性質上、すべてのPCで使えるというわけではなく、使用しているマザーボードによってはまったく使用できないか、一部の機能のみ使用可能という制限がつく可能性があります。また、本ソフトを使用するにあたっては、それなりの専門知識も必要です。かなりわかりやすく作られているとはいえ、どちらかといえば自作派の人向けのソフトなので、その点は注意が必要です。

ファンのコントロールは設定ウィンドウの温度タブとスピードタブで行います。スピードタブではファンごとに回転数の「最小値」と「最大値」をパーセントで指定できます。温度タブでは「要求」と「警告」の二つの温度を設定します。「要求」で設定した温度以下のときファンは「最小値」で回転し、それを超えると「最大値」で回転して温度を下げようとします。「警告」の温度を超えるとファンの回転は100%となります。これにより、温度の低いときはファンの回転を落として静音動作させ、温度が上がったら高速回転させて冷却能力を高め、システムを熱から保護する仕組みです。

マザーボードが対応さえしていればファンコントローラなどのパーツを追加することなく、ファンの回転速度を手軽に調整して静音化できる、とても便利なソフトですが、ファンの回転数を落としすぎて、システムをダウンさせないよう、設定はくれぐれも慎重に行いましょう。

動作環境

SpeedFanの対応動作環境
ソフト名:SpeedFan
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: Alfredo Milani Comparetti 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

回転  ファン  コントロール 


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. PCView コンピュータ内の情報(CPU 種類、メモリ、インストールソフトなど)を収集、表示する(ユーザー評価:3.5)
  2. SpeedFan ファンの回転数をコントロールすることで、手軽にPCを静音化できる(ユーザー評価:0)
  3. CrystalCPUID 倍率/FSB/オーバークロック対応の CPUID チェッカー(ユーザー評価:4.5)
  4. CPUID CPUID表示プログラム(ユーザー評価:2.5)
  5. SetFSB PLLパラメータ編集機能付きのオーバークロックソフトウェア(ユーザー評価:0)

「CPU情報表示・設定」カテゴリのソフトレビュー

  • SpeedFan 4.46 - ファンの回転速度を変更できるシステムモニタリングソフト
  • PCView 0.6.2 - パソコンのシステム情報を収集・保存し、メール送信することができるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック