SE-DBMS 公開版

自己教育という理念に基づく個人向けのデータベースソフトウェア


ソフト詳細説明

SE-DBMS とは自己教育という理念に基づく個人向けのデータベースソフトウェアです。
本システムのデータは『定義データ』、『文献データ』『ファイルデータ』の3つに分かれ、機能的特徴としてはデータとデータをリンクし相互に参照可能にする『データリンク機能』、あらかじめ作成したカテゴリにデータを分類できる『データ分類機能』があります。
また操作性は Windows の エクスプローラ風になっています。
詳しくは以下のサイトをご覧になってください。

『SE-DBMS 公開版 Ver.1.30 について』
http://www1.odn.ne.jp/k-miura/software/sd-inf_v130.html
身の回りのあらゆる情報を整理するのにきっと役に立つと思います。
本システムの目的はただ与えられた価値観・世界観を持つのではなく、自ら主体的に価値観・世界観を形成する事にあります。
ユーザ自身がデータを取捨選択して登録し、登録したデータをリンクや分類する事によって断片的なデータを体系的な知識、価値観へと変えていくのです。
つまり本システムはデータベース自体に意義があるのではなく、データベースを構築する過程にこそ意義があると言えるのです。

動作環境

SE-DBMS 公開版の対応動作環境
ソフト名:SE-DBMS 公開版
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 三浦 幸太郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

データベース  教育  自己  理念 


「データベース」カテゴリーの人気ランキング

  1. Common SQL Environment SQL開発環境(ユーザー評価:3.5)
  2. TCARD for Win32 軽快なカード型データベース(ユーザー評価:0)
  3. Text Clipper 多くのテキストをツリー構造で管理(ユーザー評価:0)
  4. テキストの書斎 ハ−ドディスクに散乱しがちなテキストファイルやリッチテキストファイルをデ−タベ−ス化(ユーザー評価:0)
  5. Visual Cardfile はがき印刷やオーディオ管理に適した汎用データベース(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック