色採り

画面上の色を取得し調色・管理


ソフト詳細説明

よくあるスポイトやカラーピッカー等と呼ばれるツールです。
主にドラッグ&ドロップ操作でデスクトップ画面上の任意の点のRGB値を取得します。
※マルチディスプレイ(モニタ)には非対応です。

■ツール画面内の小窓(?)をドラッグするとスポイト開始です。
 マウスボタンを離した位置の色のRGB値を取得します。
 スポイト中はカーソルキーなどでマウスカーソル位置の微調整が可能です。
 またスポイト中は小窓にマウスカーソル周辺が拡大表示されます。

■取得した色はRGB・HSV値での調整が可能です。

■色のRGB値をクリップボードに文字列としてコピーできます。
 RGB値の表記形式はご自由に追加・編集可能です。
 参考程度にHSV・CMYKの値も表示できます。
 逆にクリップボード上のRGB値文字列から色を表示したりもできます。

■RGB値を入力欄に自動入力する機能があります。

■色はリスト登録する事で複数の色を保持できます。
 リスト登録された色はその色に関連する色も表示されます。
 リスト内の色をダブルクリックする事でメインの色として取得できます。

■グリッドペイント機能
 主に配色レイアウトをイメージする為の簡易ペイント機能です。
 多数の色を保持して置く為のパレットとしても使えます。
 RGB値ごとにラベル(色名)を設定できます。
 RGB値(とラベル)を列挙したテキストファイルから一気に色を取り込めます。
 グリッドペイントの内容は参照用のHTMLファイルとして出力可能です。

■なぜかスキン機能搭載
 仕様に沿った画像を選択する事で見た目が変わります。
 「skin」フォルダ内にスキン機能用の画像がいくつかあります。

動作環境

色採りの対応動作環境
ソフト名:色採り
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/Me/2000/98
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: HongKong 

ユーザーの評価(2人):3.5
コメント:5
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「パレット管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. カラーピッカー(Color Picker) スクリーンを対象としたスポイトツール HTML/RGB/HSV/Delphi形式などの色値を取得(ユーザー評価:4)
  2. 色採り 画面上の色を取得し調色・管理(ユーザー評価:3.5)
  3. パワースポイト 画面上のどんな部分からでも色を採取できる(ユーザー評価:4)
  4. GetRGB 画面上のRGB値を取得し、クリップボードにコピー(ユーザー評価:3.5)
  5. CCConv カラーコード・コンバーター CIE,HSV,CMYK,YUV,HV/C などのカラーコードを変換(ユーザー評価:4)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • Rapture 2.2.1 - デスクトップ上の情報をサッと画像化して表示。メモ感覚で気軽に使えるスクリーンキャプチャ
  • Free Picture Resizer 1.0.1.2 - 複数の処理を連続実行することも可能な、簡単操作の画像リサイズソフト
  • Photo Pos Pro 1.90.5 - レタッチとシェイプ編集が融合し、多彩な表現が可能な高機能グラフィックエディタ
  • 色採り 1.12 - 外部グラフィックソフトへの自動入力にも対応した、コンパクトなカラーピッカー
  • FastStone Image Viewer 4.8 - 画像の管理や加工まで幅広く対応する、軽快動作の高機能画像ビューア

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック