ためしタイプ (TameshiType)

フォントをインストールしなくても、サーバー上のフォントをブラウザから試用できるJSライブラリ


ソフト詳細説明

このJavaScriptライブラリは、フォント配信サイト向けに設計された、ブラウザ上で動くフォントビューアです。
HTML(またはPHP等の)ファイルから呼び出すことで、Webブラウザからサーバー上のフォントを試用するためのテキストエリアを表示します。

こちらのページ(http://soft.noright.org/fonts/kinokawa_sans/)では、実際にためしタイプを使用しています。


_/_/_/_/ 導入方法 _/_/_/_/
テキストエリアを設置するHTMLファイルがあるフォルダに、解凍した「tameshitype」フォルダをコピーしてください。


次に、フォントファイル(複数可)をそのHTMLファイルと同じ階層かそれより下の階層にコピーします。


続いて、以下のscriptタグをそのHTMLファイルの適当な位置に挿入します。
<script src="tameshitype/main.js" type="text/javascript"></script>


最後に、上記のscriptタグより後に、次のJavaScript関数を呼び出します。
tameshitype_show(filenames,descriptions,default_style,sample_text)
filenames : フォントファイルのパス(HTMLファイルから見た相対パス)。複数の場合は配列で指定。
descriptions : フォントファイルのスタイルの説明("Thin"、"太字"など)。filenamesが複数の場合は配列にして同じ数だけ指定。
default_style(省略可) : デフォルトのフォントを示す数値。ここに指定した数値の番目にfilenamesに指定したフォントがデフォルトで表示されます。
sample_text(省略可) : デフォルトのサンプルのテキスト。省略時は「The quick brown fox jumps over the lazy dog」が表示されます。

例:
<script type="text/javascript">
filenames = ["example1.otf","example2.otf","example3.otf"];
descriptions = ["Thin","Medium","Bold"];
tameshitype_show(filenames,descriptions,1,"試しに適当な文字を入力してみてください");
</script>
//この例の場合、ページを開くと、example2.otfのフォント(表示名:Medium)で「試しに適当な文字を入力してみてください」と表示されます。


_/_/_/_/ ライセンス _/_/_/_/
このソフトウェアは、無権利創作ライセンス(http://www.noright.org/license/)に従って著作権放棄しています。
したがって、このソフトウェアの利用に関して、著作権による制限が生じることはなく、複製、改変、転載、商用等、自由にご利用いただけます。

動作環境

ためしタイプ (TameshiType)の対応動作環境
ソフト名:ためしタイプ (TameshiType)
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:PDS
作者: かーくん 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「ホスト用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 休暇届登録&休暇届閲覧CGI 休暇届登録CGIと休暇届閲覧CGI(3タイプ)のセット(ユーザー評価:0)
  2. Yomi-Search Yahoo!型の多機能サーチエンジンのCGIスクリプト(Perl)(ユーザー評価:0)
  3. タイムカード記録&タイムカード集計CGI タイムカード記録CGIとタイムカード集計CGIのセット(ユーザー評価:0)
  4. 業務日報登録&業務日報閲覧CGI 業務日報登録CGIと業務日報閲覧CGI(3タイプ)のセット(ユーザー評価:0)
  5. CGIKON's タイムカード 複数人数で利用可能・管理機能付!(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック