MTYPE

タブ幅自在TYPEコマンド


ソフト詳細説明

 このMTYPEは MS-DOSのTYPEコマンドと同じようにテキストファイルを標準出力に書き込むものです。
 ですからテキストファイルの内容をMS-DOSのTYPEと同じように画面に表示したり、リダイレクトを使ってプリンターに印刷することができます。
 MS-DOSのTYPEと違うところはタブ幅が自由に変えられることです。
 ついでに表示開始桁の指定もできます。
 タブ幅と表示開始桁はコマンドオプションでも指定できますが、毎回同じ指定をする人にとっては面倒なのでオプションを指定しない状態の設定ができるようになっています。
 一応オプションをつけない場合、タブ幅8、表示開始桁0になるようにインストールしておきましたが好きな数に変えてください。
 なお、プログラムを圧縮ツールで小さくした状態ではオプション未指定状態の設定はできませんので圧縮したい場合は設定後に圧縮してください。

動作環境

MTYPEの対応動作環境
ソフト名:MTYPE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 大場 正輝 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  タブ  TYPE 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Cutt UNIXのcutの部分的な模倣品(ユーザー評価:0)
  2. KIM 機種依存文字列がテキストファイル内にあるかどうか調べる(ユーザー評価:0)
  3. wc 行数・単語数・文字数をカウント(ユーザー評価:0)
  4. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  5. マルチ1行化 指定ファイルにある、空行で挟まれた実行部分を1行に(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック