XFLUT

ファイルズバッファ HMA/UMB 拡張ユーティリティー


ソフト詳細説明

  ? DOSの Files buffer を、HMAまたはUMBの空きエリアに拡張します。
・HMAのフリーエリア
  DOS5以上では、DOS本体をHMAに上げて使用されている方がほとんど
     だと思いますが、NEC版でもDOSの後に、0.5KB〜4.5KB 程度の空きエリア
     があります。
    ・UMBのフリーエリア
      UMBの確保サイズに対して、プログラムやデータの常駐サイズの合計をピタ
     リと合わせることは難しく、UMBを分断して確保している場合はあちこちに
   フリーのメモリブロックができてしまいます。
上記2つのフリーなエリアに、DOSの Files buffer を拡張して、メインメモリ
    を少しでもあけたい人にお薦めです。

  ? ?で拡張したファイルズバッファを解放することもできます。

動作環境

XFLUTの対応動作環境
ソフト名:XFLUT
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岸 貞二 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティー  UMB  ファ  ズバッ  HMA 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. RSWAP Resident SWAP -- 子プロセス起動時に親プロセスをSWAP OUTするTSR(ユーザー評価:0)
  3. DOS 5.x 専用メモリ操作 DOS 5.x 専用 メモリ操作(ユーザー評価:0)
  4. rpm 常駐プロセスマネージャ(ユーザー評価:0)
  5. lhon/lhoff DOS5,DOS6でcommand.comをUMBにロードする超小型(20bytes×2)ユーティリティー(ユーザー評価:3.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック