多体問題999

パソコン用 天文多体問題シミュレーションプログラム


ソフト詳細説明

 実際の天体をシュミレーションするものではなく、複数の質点の重力挙動を実験として表現するものです。
 さしわたし3天文単位の円盤状に、50個までの質点を乱数で散布します。
場所と初期速度は乱数で決まりますが、各々の質点は互いに同じ質量とします。
 これは都合Comet3xxからの拡張プログラムなので、空間・質量物理の定数は太陽系空間のものを継承しています。
 高加速度時計算精度保持の概念はTROI98/DVから継承しました。

 名称は用意してある天体点の変数が1000点まで演算可能なところから来ています。多体問題ではn個の要素演算をするとき、常に「自分が全体(n個の要素)からどの程度の(重力)影響を受けるか」という計算が演算の1ステップとなります。
 自分自身からの(重力の)影響は計算せずに次の計算に移りますので、ある点における重力影響計算は1ステップ:n-1回の演算となるわけです。

 すなわち、最大質点計算は1000天体ですから、そのばあい1点における重力計算は1ステップ:999演算になるところから来ています。
 (実際にはパーソナルコンピュータの速度レベルでは、30から50質点の演算が上限です。)

見送った機能

3次元対応計算もできますが、機械の処理能力を考えた場合、入門用体感デモとしてx-y2次元で十分だろうと判断いたしました。

動作環境

多体問題999の対応動作環境
ソフト名:多体問題999
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 深山数臣 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレーション  天文 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. LUNA 月齢を算出し、月の概形を描くコマンド ソース(ユーザー評価:0)
  2. HINODE 日/月出没,月齢計算を行なう(ユーザー評価:0)
  3. 多体問題999 パソコン用 天文多体問題シミュレーションプログラム(ユーザー評価:0)
  4. EARTH もう一つの地球(の地図)を作り出す(ユーザー評価:0)
  5. galaxy 銀河系です、実物の数兆倍の速度で動きます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック