天体運行シミュレーション

惑星・星座等の動きをシミュレートしたり色々なモードで表示


ソフト詳細説明

★PLANET.EXE
・惑星、ハレー彗星の軌道や動きをシミュレーションします。
・惑星が見かけ上なぜジグザグに動いたりするのかなひと目で解るでしょう。
・地球外の惑星から見た他の惑星の運行が見られます。
★TENKYU.EXE
・星座の地上からの見え方を緯度、方角を変えながら表示します。
★SEIZA.EXE
・星座が宇宙空間でどのように配置しているか3次元透視法で星座を回転しながら見ることができます。
・立体視モードにして星座を構成する個々の星の奥行きが3Dグラス無しでわかります。
★SHIP.EXE
・数百光年の恒星間旅行をシミュレーションします。
★UNIV.EXE
・上記のプログラムのメイン。
それぞれの詳しい操作説明は、UNIV.MANを読んで下さい。

動作環境

天体運行シミュレーションの対応動作環境
ソフト名:天体運行シミュレーション
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 北田 千博 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレート  動き  惑星  星座 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. LUNA 月齢を算出し、月の概形を描くコマンド ソース(ユーザー評価:0)
  2. ST7自動測光プログラム ST-7などのCCDでの画像前処理・測光を自動で行うソフト(ユーザー評価:0)
  3. OBPJ 太陽の周囲をケプラー運動する天体の位置関係や軌道形状を立体的に把握(ユーザー評価:0)
  4. comet3 for PC-98 天体軌道簡易シュミレーション(ユーザー評価:0)
  5. VSEDIT 変光星報告形式入力ツール(対話型.stdファイル作成プログラム)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック