Earth グラフィック表示版

3次元境界要素法解析 for DOS/V


ソフト詳細説明

Earthは、物理・材料工学・流体・熱伝導工学の分野での数値シュ
ミレーション用ソフトウェアです。静磁場、静電場の物体からの影
響や、立体的な熱分布の計算ができます。現在扱えるのはラプラス
方程式のみで(^^;) 湧き出し(荷電粒子など)がない場合を解析しま
す。

データは3次元グラフィックス表示され、全体の形状を容易に確認
できます。データ中に変数が使用でき、各点座標を式で表現できま
す。これによって、さまざまな寸法の物体をわずかなデータの変更
で扱うことができます。

多数の形状を解析する手間を軽減するために、1 つのパラメタを変
えて繰り返し計算ができます。計算精度を良くするため、境界表面
の再分割機能を充実させています。 3種類の分割方法が選択でき、
任意の領域を指定して 2段階まで分割します。

4点で囲まれる任意の領域の分布が調べられます。

【ERT.EXEとの違い】
グラフィック表示機能を省略したため扱えるメッシュが2700個に増えています。
CPU が i8086以降の機種(PC98,PC286,PC386等)で動作します。無駄なところを
省き、ファイルサイズが小さくなっています。

動作環境

Earth グラフィック表示版の対応動作環境
ソフト名:Earth グラフィック表示版
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 山本 高廣 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

3次元  解析 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. EPROM Writer 27C128,27C256,27C512用 EPROMライター(ユーザー評価:0)
  2. オリフィスの絞り径計算(液体) オリフィスの絞り径計算(液体)(ユーザー評価:0)
  3. 液体微少流量オリフィスの絞り径計算 液体微少流量オリフィスの絞り径計算(ユーザー評価:0)
  4. LCR直列電気回路の過渡応答 ホイン法という数値解法を使って、微分方程式を解き、結果を数値とグラフ表示する(ユーザー評価:0)
  5. バッティング適切打撃箇所計算プログラム 手に衝撃が伝わらないミートポイントの算出(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック