MSL

Music Score Language <type X>


ソフト詳細説明

 楽譜記述言語:Music Score Language(以下MSLと略す)
は、楽譜を自然に音楽データにするための言語です。MSLは、多くのパソコン等で
サポートされている Music Macro Language(以下MMLと略
す)とは表現方法の違いが多く、MMLの機能拡張したものではありません。例えば
MSLでは、MMLでの記述のない反復記号など、数多くの楽譜記号をサポートして
います。これによって、楽譜をそのままの形式で音楽データとすることができます。

 MSLは、MS−DOS上でエディタなどにより、テキストとして入力し、そのM
SL音楽データ・ファイルを、MSLX.EXEによって、演奏します。

 MSLX.EXEは、PC−9801用に開発された、MSL音楽データを演奏用
コード(Music Play Code:以下MPCと略す)に変換するコンパイ
ラであると同時に、演奏用コードを演奏する、MSL音楽自動演奏プログラムです。

動作環境

MSLの対応動作環境
ソフト名:MSL
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: MinX 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

type  Music  Language 


「音楽関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. ATCC AuTomatic Current directory Changer for MIMPI & DECOP & general use(ユーザー評価:0)
  2. MADP LHAで圧縮されたMIDIデータから必要なデータを解凍してDECOPやMIMPI等に渡す(ユーザー評価:0)
  3. MUAP98/iv DSP 用壁紙集 みゅあっぷ用の壁紙集 6.42d 以降で利用可能(ユーザー評価:0)
  4. みゅあっぷ98(MUAP98)/iv DSP 差分 MUAP98/iv 6.09試用 6.25試用 6.40 6.42d より、6.44e への差分(ユーザー評価:0)
  5. MSEL LZH専用 マルチフォーマット対応 音楽データメニュー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION