背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量

腰椎穿刺後の髄液採取量や穿刺孔からの髄液の漏出対応


ソフト詳細説明

腰椎穿刺後の髄液採取量や穿刺孔からの髄液の漏出による頭痛の発生や造影剤の代謝、安静の必要性を考えるときに用います。脳背髄液の総量×脳背髄液の交換回数)÷24(時間)×0.1.......(単位:ml/時間)。検査前後の絶飲食や安静(3時間程度)の必要性を説明:脳背髄圧の低下による頭痛や嘔気・嘔吐などによる誤飲・気道閉塞を予防する。水分摂取や点滴の必要性を説明:循環血液量を増やし背髄液の産生を促進します。検査後に枕を外し、水平仰臥位の安静とするのは、以下の理由によります。?脳の背髄液圧が髄液採取により低下し、脳ヘルニアを起こさないように予防するため。?髄液圧の低下と重力の影響による血管の牽引による髄膜刺激症状を予防する。

動作環境

背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量の対応動作環境
ソフト名:背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

採取  漏出  穿刺  腰椎 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 総適正エネルギー量 準体重に1Kg当たりの必要エネルギーを掛け、1日に必要なカロリーを求めます(ユーザー評価:0)
  3. 妊産婦の必要エネルギー 妊産婦の各時期における必要なエネルギー量は増大します 3期に分けて求めます(ユーザー評価:0)
  4. 人工呼吸器1回換気量設定 難しいモニタ機器のセッチングシュミレーション(ユーザー評価:0)
  5. 血漿浸透圧の概算(重量浸透圧濃度:Osm) 血漿浸透圧の異常は、栄養分や老廃物の運搬・組織内の水分の維持・体温調整などに影響する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック