換気予備率を求める

換気機能の障害の程度を判定


ソフト詳細説明

この1月で83歳になります。最近になって吸気性か呼吸性のいずれかを決め兼ねる呼吸困難を保見中、特に、階段の昇降時、ときたま感じるようになりました。前回までに学習した最大換気量は数値把握は可能ですが、安静時分時換気量はこれまでの学習から割り出せないため換気予備率が把握できません。しかし、階段の昇降において呼吸困難を感じるようになったのは事実です。看護数式に則るデータがすべて入手でるというわけにいかない環境でアレコレの事実と予測の狭間にあるのは何方もみな同じ医療環境と思います。このような中途半端な医療環境にあっても看護数式への詮索による自分の体の観察は無駄なことはないと信じていますが、この種の学習を進めているうちに数式データが得られるこでしょう。

動作環境

換気予備率を求めるの対応動作環境
ソフト名:換気予備率を求める
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

障害  換気  判定 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 溶質の溶解量 溶液に溶けている溶質の量を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 咳嗽によるエネルギー消費 咳嗽1回につき消費するエネルギー量に回数を乗じて消費エネルギーを算定(ユーザー評価:0)
  4. 蒸発によるエネルギー喪失量 不感蒸泄量1g当たりの気化熱により喪失するエネルギー量が求められます(ユーザー評価:0)
  5. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック