Vector
mark TOP PAGE
mark お問い合わせ
Vector Magazine 週刊ソフトニュース
週刊ソフトニュース
98.01.15号Topに戻る



今週の注目ソフト!!

mark Marcenary Troops
mark point TMIDI Player
TMIDI Player
mark ボトルメール
mark CuTE
mark ART Viewer Lite



mark More Newcomers
(新着ミニレビュー)


mark Back Number



mark ソフトウェア
スポットライト

mark 新着ソフト情報
mark DOWNLOAD
ランキング

mark お勧めソフト一覧
(PickUp)

for Windows フリーソフト 画像&サウンド Update!
MIDIエミュレーション機能搭載のMIDIプレイヤー
TMIDI Player for Windows 95/NT Version 2.3 rel.11
準MIDIファイルの演奏はもちろん、WRD歌詞ファイルの表示機能まで備えたMIDIプレイヤー。ローランド「SC-88」など、各種MIDI音源を変換(エミュレート)し、演奏させることができる「MIDIエミュレーション」機能も大きな魅力。ドラッグ&ドロップによる演奏、LZHファイル内データの演奏にも対応。

■こんな人にお勧め!!
自分でMIDIデータを作ったり、いろいろな形式のMIDIデータを持っているような人向け。

多くの種類のMIDIデータに対応、LZH内のファイルもOK

拡大表示して見たい場合は、画像をクリックしてください いわゆるMIDIプレイヤーの一種ではあるが、凡庸なものとはちょっと違う。対応データは標準MIDI形式(MID、RMI、SMF、MFF、RFMなど)やレコンポーザファイル、さらにWAV形式、歌詞ファイルであるWRDデータ。つまり、「TMIDI」は現在あるほとんどのMIDIデータに対応しているのだ。また、LZHファイル内にあるMIDIデータだけを取り出して演奏する機能もあり、いちいちアーカイブを開いて展開しなくてもすむ。ドラッグ&ドロップによる演奏にも対応しており、拡張子と連動させることで多重起動しないようになっている(これはDDEを使うことで実現している)。

もちろん、MIDIプレイヤーとしてはもう基本機能に入る倍速演奏やスローモード、アルバム作成などの機能もしっかりあるし、モニタウィンドウやWRDデータのデバッグウィンドウも用意されている。

「TMIDI Player」のロゴが見える、下に示した画面のようにウィンドウを独立表示させることもでき、演奏しながらのデバッグにも威力を発揮する。画面表示にDirectDrawを使っている点にも注目したい。

ほかにはないMIDIエミュレーション

拡大表示して見たい場合は、画像をクリックしてください いわゆるMIDI音源のエミュレーション機能があるのが「TMIDI」の最大の特徴だろう。ローランド「SC-88」やヤマハ「XG」、KORGといった各種MIDI音源のエミュレーションを、マシンに装備している音源を通して実行することができる。装備されていない音源のためのデータを演奏するだけならともかく、忠実なエミュレーションまで行うのはめずらしい(しかもそれが自動判別だ!)。

また、MIDI演奏のためのチューニングもいろいろできるようになっているため、CPU/音源に合わせた最適化ができ、多少CPUが遅くても設定次第で原音に近いものが得られる。

その上、各種キーカスタマイズ/ボタンカスタマイズなどの機能も用意されている。
(藤田 洋史)

作者のホームページはこちら


ソフト作者からひとこと
「TMIDI」はとにかく楽をするために作りました。例えばMIDIエミュレーションの場合、「TMIDI」を作る前は、自分の音源で演奏できるようにシーケンサで一つひとつのファイルを手動で書き換えていました。「フォルダを開く」メニューも楽をするために作ったものです。ほかにも、LZHの自動展開や、ドキュメント表示、リスト機能など、楽をするための機能を充実させてきました。

多くの方が、Windows 95用のさまざまなMIDIプレイヤーを試したと思います。Windowsにはもともと、MCI MIDIシーケンサと呼ばれる演奏エンジンが内蔵されており、これを使えばファイル名を指定するだけで演奏できてしまいます。しかし、この方法はただMIDIファイルを演奏する機能しかないので、「TMIDI」など少数のプレイヤーでしか実現されていない演奏モニタ機能や、MIDIエミュレーション機能、マルチポートなどが実現できません。そこで、独自のシーケンスエンジンを作成しました。

また、テンポが不安定なものがあったと思います。Windows 95でテンポを安定させるためには「サンク」と呼ばれる、Windows 95の複雑な機能が必要です。「TMIDI」も安定させるために、苦労してサンクを使用しました。

私が通常使用している方法は、ダウンロードした圧縮ファイルを自作ツールで展開、ジャンルごとのフォルダに保存します。「TMIDI」を起動して、リストファイルを作成してジャンルごとのフォルダを丸ごと登録します。作成したリストファイルはアルバムに登録します。聞きたいときは、ジャンルをアルバムで選択し、リストウィンドウで聞きたい曲をクリックします。最近は、演奏モニタのコード表示を見て、コード進行の研究をしています。

現在、「Sherry WRD」という新WRD規格を作ってもらい、プレイヤーの実装を私が担当しております。現在ベータ版で公開しております。もうすぐ正式にリリースする予定です。また、その次のバージョンは、プログラム全体を最適化 or スリム化します。
(Fumy)


Download
「TMIDI Player for Windows 95/NT」の最新版および関連ソフトです(ソフトのバージョンは、記事中で紹介したものと異なる場合があります)。なお、ソフトをダウンロードするには、右側の[Download]ボタン(または[httpD]ボタン)をクリックしてください。下線付きのソフト名をクリックすると、ソフトに関する詳細な解説が参照できます。

フリーソフト
TMIDI Player 3.7.3 歌詞表示(WRD)のできるMIDIプレイヤー (804K)




週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.