その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2017.02.09 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > WinContig
WinContig

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
WinContig
指定したファイル/フォルダだけをすばやく最適化。USBメモリなどで持ち運んで使える、コンパクトなデフラグソフト
Windows 10/8/7/Vista/XP  フリーソフト
WinContig
メイン画面。ユーザの指定したファイル/フォルダを対象に、すばやくデフラグを行える
WinContig
フィルタ機能を利用して、デフラグから除外する項目や、マスクに合致して処理を行う項目を指定できる
WinContig
各ファイルの断片化情報をよりくわしく知ることも可能
ディスク全体ではなく、ファイル/フォルダ単位ですばやくデフラグを行うためのソフト。対象のファイル/フォルダ(オブジェクト)をプロファイルとして保存しておくことができる。

「WinContig」は、特定のオブジェクトだけを対象に最適化を行えるデフラグソフト。一般的な同種ソフトとは異なり、ドライブ全体が対象ではないため、手軽に利用でき、処理は短時間で完了する。インストールは不要。配布アーカイブ(WContig.zip)を解凍し、実行ファイル(WinContig.exeまたはWinContig64.exe)を実行するだけで、すぐに使いはじめることができる。レジストリエントリも作成せず、USBメモリなどで持ち運んで使用することが可能。27の言語に対応したマルチリンガルソフトで、日本語で利用できる。

使い方は簡単。最適化したいオブジェクトをリストに追加し、「分析」を実行する。結果はメイン画面下部の「断片化したファイル」タブパネルにリスト表示され、断片化が発生していたファイルのパスやファイルサイズ、ファイルの種類、断片化の数などを確認できる。さらに、リストで選択したファイルのプロパティや、よりくわしい断片化の情報(開始・終了クラスタ、サイズなど)を知ることもできる。

「分析」終了後に「デフラグ処理」を実行すると、リストに表示されたオブジェクトすべてを対象に最適化が行われる仕組み。すべてのオブジェクトではなく、ユーザの選択したオブジェクトのみを「分析」したり、「デフラグ処理」したりもできる。「フィルタ」機能を利用して、分析/デフラグから除外するオブジェクトを指定したり、含めるオブジェクトを指定したりすることも可能。除外リストへの登録はファイル/フォルダ単位で行えるほか、拡張子など、オブジェクトに含まれる文字列の一部をマスク指定して行うこともできる。指定サイズより大きいファイルを無視するオプションも利用できる。

メイン画面下部には「断片化したファイル」のほかに「一般」「エラー」というタブパネルもある。「一般」には、実行中のデフラグや前回実行したデフラグの統計情報が表示され、断片化したファイルや処理を行ったファイルの数などを確認できる。「エラー」には、デフラグ中に発生したエラーがリスト表示される。

オプションでは、

  • (デフラグ実行前にディスクチェックと一時ファイルのクリーンアップを行うかどうかの)確認メッセージの表示の有無
  • 断片化の発生状況を色分けする、強調表示の配色設定
  • SSDのデフラグのスキップまたは検出自体の無効化
  • (処理の)優先度
  • デフラグ方法(クイックまたはスマート)
  • デフラグ終了後にプログラムを終了する
  • デフラグ終了後にパソコンをシャットダウン
  • 使用言語(ランゲージファイル)
などを指定することが可能。デフラグ方法で「クイック」を選択した場合は、クラスタ位置の最適化処理が省略され、より短時間でデフラグが完了する。動作の指定はコマンドラインスイッチを利用して行うこともでき、バッチファイルで自動実行させることもできる。

さらに、

  • オブジェクトの設定を登録できるプロファイルの保存・読み込み
  • (断片化発生状況の)分析レポートに名前を付けて保存
  • 「断片化したファイル」リスト内の文字列検索
といった操作も可能だ。



go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する

 ソフトライブラリからのおすすめソフト
Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
「Windows System Checker」
堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
「FolderRobo」
56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
「漢字博士 漢太郎」
“本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
“本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
「モニカ」
「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
「FileCapsule Deluxe Portable」

go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
フリーソフト 
WinContig ディスクの断片化状況を分析して、デフラグが必要なフォルダのみをデフラグできる




最近のレビュー記事
ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
SSDブースターSSDブースターSSDブースター
リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
練馬練馬練馬
二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
ToMoClipToMoClipToMoClip
柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
講談社夏☆電書2017
講談社夏☆電書2017
新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
【2017年9月】

自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
「HSPプログラムコンテスト2017」
応募作品受付中!

Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
AnyTransAnyTrans
AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
TresGrepTresGrep
複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


「WinContig」と同じカテゴリーの他のレビュー

レビュー記事一覧




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.