その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2016.02.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > LockHunter
LockHunter

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
LockHunter
ファイル/フォルダをロックしているプロセスを特定し、簡単にロックを解除できる
Windows 8/7/Vista/XP/2000  フリーソフト
LockHunter
メイン画面。ファイルをロックしているプロセスが表示される。画面下部のツールボタンでアンロックやアイテムの削除などの操作を選択する
LockHunter
ファイル/フォルダのコンテキストメニューに“What is locking this file?”が追加される
LockHunter
次回のWindows起動時にアイテムを削除することも可能
ロックされたファイルの強制解除(アンロック)ソフト。ロックされたファイルをその場で削除することも可能。

「LockHunter」は、ファイル/フォルダをロックし、操作できない状態にしているプロセスを特定して解除できる“アンロック”ソフト。ロックされたファイルをアンロックしたり、削除したりできるほか、アンロックしてリネーム、アンロックしてコピーすることも可能。エクスプローラに組み込まれ、コンテキスト(右クリック)メニューから操作できる。その場でアンロックできないファイルは、次回のOS起動時に削除することも可能だ。

エクスプローラなどでファイル/フォルダを移動・削除しようとすると、「別のプロセスで開かれているため、操作を完了できません」といったエラーメッセージが表示され、アクセスが拒否されることがある。これは「ファイルが関連付けられたアプリケーションで開かれている」「Windowsシステムのプロセスが実行されている」状態で、対象のアイテムがロックされているから。「LockHunter」を使えば、ロックしているプロセスを特定してロックを解除し、アクセスできるようにしてくれる。

使い方は簡単。対象アイテムの右クリックで表示されるコンテキストメニューで、(1)“What is locking this file?”を実行し、(2)メイン画面のリストで「アイテムをロックしているプロセス」を選択状態にして、(3)ツールボタンで機能を選択・実行すればよい。選択できる機能は、

  • Unlock It!(ロックを解除)
  • Delete It!(ロックの解除後にアイテムを削除)
  • Unlock & Rename(ロックの解除後にアイテムをリネーム)
  • Unlock & Copy(ロックの解除にアイテムをコピー)
  • Terminate Locking Process(ロックしているプロセスを強制終了)
  • Delete At Next System Restart(次回のWindows起動時にアイテムを削除)
の6種類。プロセスの強制終了やアイテムの削除・リネームを選択した場合は、(警告ダイアログが表示された上で)強制的にアイテムが閉じられる仕組み。保存前のデータは失われてしまうので注意が必要。リネームでは、同時に別のフォルダに移動させることもできる。

「LockHunter」で削除したファイルは「ごみ箱」に移動される。誤って削除してしまった場合でも、ごみ箱から取り出せばよい。




go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する

 ソフトライブラリからのおすすめソフト
Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
「Windows System Checker」
堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
「FolderRobo」
56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
「漢字博士 漢太郎」
“本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
“本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
「モニカ」
「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
「FileCapsule Deluxe Portable」

go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
フリーソフト
LockHunter 3.1.1 ほかのプロセスにロックされ、削除できないファイルのロックを解除し、操作可能に (2,958K)




最近のレビュー記事
FileShelf PlusFileShelf Plusnew!!FileShelf Plus
マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2
暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
SSDブースターSSDブースターSSDブースター
リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
練馬練馬練馬
二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
講談社夏☆電書2017
講談社夏☆電書2017
新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
【2017年9月】

自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
「HSPプログラムコンテスト2017」
応募作品受付中!

Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
ToMoClipToMoClip
柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
AnyTransAnyTrans
AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
TresGrepTresGrep
複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


「LockHunter」と同じカテゴリーの他のレビュー

レビュー記事一覧




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.