その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

 【恒例】年末・年始特別企画ベクターソフトニュース - 03.12.27
 TOP PAGE > Softライブラリ > 新着ソフトレビュー
新着ソフトレビュー執筆者たちが選ぶ2003年ベストオンラインソフト ■執筆者(五十音順)
秋山 俊天野 司川越 裕之倉本 春呉 真坂下 凡平柴崎 ひろ土屋 佳彦練馬 ベク蔵福住 護

このページを友だちに教える

坂下 凡平 SAKASHITA Bonpei
プリントMAX!
デジタルカメラで撮った写真を自在に印刷できるプリントユーティリティ
「プリントMAX!」画面
■プリントMAX!:使いやすいトリミング機能

日ごろからMacを使っていて、センスがきらっと光る、いかにもMacらしいソフトに出合うと、とてもうれしくなる。その意味で、筆者の2003年のベストオンラインソフトは「プリントMAX!」だ。画像のトリミング、余白作成、そして複数カットの連続印刷機能を得意とするプリントユーティリティである。

まず何よりも、画面デザインがシャープで美しい。画像のプレビューを表示する「メイン画面」には、必要な機能がコンパクトにまとめられている。透明度を生かしたMac OS Xらしい配色で、色数は抑え目ではあるが、ビビッドな色が要所々々で利いている。操作ボタンの形や配置なども、すっきりと洗練された印象を与える。

機能面での一番のお勧めは、使いやすいトリミングだ。画像プレビューの上に、印刷範囲を示す「トリム枠」が表示され、実際のイメージを確認しながら簡単にトリミング操作を行える。トリミング機能の利用法としては、大きく次の三つが挙げられるだろう。

  • 失敗した画角(撮影範囲)を修整する
  • 一部だけをクローズアップ(拡大)して印刷する
  • 写真の横位置/縦位置を変更する
とにかく、何気なく撮ったスナップ写真では、余計なものが写り込んだり、人物が中心からずれてしまうなどの失敗が意外に多いものだが、こうした撮影時の失敗を修整して印刷することができるわけだ。クローズアップや画角の変更によって、写真の中心となるポイントを変えたり、精細のない写真を生き生きさせるといった使い方も考えられる。

トリミングすると画像は拡大されるため、画像の解像度は下がるが、「プリントMAX!」ではトリミング結果による画像の実解像度(dpi)がリアルタイムで表示され、画質のレベルを確認できる。許容する解像度の最小値を設定しておくと、その数値を下回る場合に警告してくれる機能も備えている。

そのほか、はがきやメッセージカードに手書きのコメントを入れるための「余白」を設定できる機能、フォトフレームに入れたときなどに、外枠で画像が切れないように周囲に任意の余白を入れる機能、文字を欄外の余白あるいは画像の内部に刷り込むことができる「キャプション」機能など、画像ビューアやアルバムソフトとは一味違う「プリント専用ソフト」ならではの切れ味が感じられる。

サムネイルの一覧機能はないが、(1)1カットずつプレビューに表示して、(2)順番にトリミングを設定、(3)印刷枚数を指定する、という操作の流れはスムーズでわかりやすい。

いわゆるデジカメ写真ソフトというと、アルバムやデータ管理、スライドショウなど、「画面上で見ること」を主目的としたものが多く、「プリント」はおまけ的な印象があり、いまひとつ使いづらいのが現実だ。いつもアルバムやビューアを使っている人も、プリント専用のソフトとして一度試してみてはいかがだろうか。デジカメ写真の楽しみ方が増え、新しい世界が広がってくるはずだ。


 プリントMAX!
作  者 mono systems さん
対応OS Mac OS X/Mac OS
種  別 シェアウェア
作者のホームページ http://hp.vector.co.jp/authors/VA025677/


go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

現在公開ファイルがありません


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.