その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XPで「Microsoft 圧縮(LZH形式)フォルダ」を使おう

Windows XPで「Microsoft 圧縮(LZH形式)フォルダ」を使おう

使い方編
「実行」ボタンをクリックするだけでインストールできます
※画像をクリックすると、拡大表示します。
《1》 エクスプローラで、LZHファイルのあるフォルダを表示させてください。LZHファイルのアイコンが緑色の圧縮フォルダのものに変わっていることがわかります。
エクスプローラで、LZHファイルのあるフォルダを表示させてください。LZHファイルのアイコンが緑色の圧縮フォルダのものに変わっていることがわかります

すべてのファイルを展開する

《2》 圧縮フォルダ全体を展開するには、アイコンを右クリックして「すべて展開」を選択します。
圧縮フォルダ全体を展開するには、アイコンを右クリックして「すべて展開」を選択します

《3》 Microsoft 圧縮(LZH形式)フォルダの展開ウィザードが開始されます。「次へ」ボタンをクリックして次に進みます。
Microsoft 圧縮(LZH形式)フォルダの展開ウィザードが開始されます。「次へ」ボタンをクリックして次に進みます

《4》 展開先のフォルダを指定して「次へ」ボタンをクリックします。これで展開がはじまります。
展開先のフォルダを指定して「次へ」ボタンをクリックします。これで展開がはじまります

《5》 展開が完了したら、展開ウィザードを閉じます。展開されたファイルを表示させたいときは「展開されたファイルを表示する」のチェックボックスをチェックしてください。「閉じる」ボタンをクリックして終了です。
展開が完了したら、展開ウィザードを閉じます。展開されたファイルを表示させたいときは「展開されたファイルを表示する」のチェックボックスをチェックしてください。「閉じる」ボタンをクリックして終了です

特定のファイルだけを展開する

《6》 圧縮フォルダ(アーカイブファイル)中の特定のファイルだけを展開することもできます。圧縮フォルダをダブルクリックすると、圧縮フォルダ内のファイルが表示されます。これらのファイルは、通常のフォルダ内ファイルと同様に扱えます。
圧縮フォルダ(アーカイブファイル)中の特定のファイルだけを展開することもできます。圧縮フォルダをダブルクリックすると、圧縮フォルダ内のファイルが表示されます。これらのファイルは、通常のフォルダ内ファイルと同様に扱えます

《7》 展開したいファイルを右クリックして、メニューから「コピー」を選択します。これを展開先のフォルダに「貼り付け」すれば、展開が完了します。また、ドラッグ&ドロップにも対応しているので、エクスプローラから展開先フォルダにドラッグ&ドロップしても同様に展開することが可能です。
展開したいファイルを右クリックして、メニューから「コピー」を選択します。これを展開先のフォルダに「貼り付け」すれば、展開が完了します。また、ドラッグ&ドロップにも対応しているので、エクスプローラから展開先フォルダにドラッグ&ドロップしても同様に展開することが可能です

前へ

Windows XPで「Microsoft 圧縮(LZH形式)フォルダ」を使おう

ダウンロード編 〜 マイクロソフト社のサイトからダウンロードできます
インストール編 〜 「実行」ボタンをクリックするだけでインストールできます
mark_bl2.gif使い方編 〜 「すべてのファイル」はもちろん、「特定のファイル」だけを展開することもできます


掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.