ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2010.11.25 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > BOOT革命/USB Ver.4 Professional

BOOT革命/USB Ver.4 Professional

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
BOOT革命/USB Ver.4 Professional
コピー元以外のマシンからの起動も可能になった「BOOT革命/USB」の新バージョン
Windows 7/Vista/XP  製品:試用可
BOOT革命/USB Ver.4 Professional
  • 「コピーの設定/確認」画面。コピー先(USB外付けハードディスク)に、起動パスワードや専用壁紙などを設定することもできる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ドライバデータベースにより、他のパソコンで起動する際のドライバなどを準備できる
  • 「インストール先の選択」画面。インストールDVDから直接、USB外付けハードディスクにOSをセットアップすることも可能

  • コピー元とは異なるパソコンに接続されたUSB外付けハードディスクからもWindowsを起動できるようになった「BOOT革命/USB」シリーズの新バージョン。

    「BOOT革命/USB」は、通常は不可能な「USB外付けハードディスクからのWindowsの起動」を可能にするソフト。複数台のUSB外付けハードディスクに異なるバージョンのWindowsをインストールして使い分けたり、USB外付けハードディスクをテスト環境に使用したりといったことができる。新バージョン「4」では、コピー元以外のパソコンに接続して起動できる「どこでも起動」機能が追加されたほか、システム使用領域以上の容量があれば、USB外付けハードディスクにWindowsをコピーできる「縮小コピー」機能も搭載された(従来はシステムの使用容量にかかわらず、コピー先のドライブにはコピー元と同じ容量(以上)が必要だった)。

    新バージョン「4」での最大の強化点は、従来バージョンでは行えなかった「コピー元とは異なるパソコンにハードディスクを接続してWindowsを起動できるようになった」こと(どこでも起動機能)。従来は、使用できるパソコンは「BOOT革命/USB」を実行したマシンに限られていたが、新バージョンでは、USB外付けハードディスクを他のパソコンに接続した場合でも、Windowsを起動できるようになった。コピー元とは異なるパソコンでWindowsを起動する場合は、当該マシンのハードウェアに合わせたドライバが必要。新バージョンでは、あらかじめ作成しておいたドライバデータベースを、コピー元以外のマシンに適用することで、Windowsの起動を実現した。

    USB外付けハードディスクにWindowsをインストールする方法は、従来と同じく2種類。ひとつは、現在稼動中のWindowsのシステムをそのままUSB外付けハードディスクにコピーする方法。アプリケーションやユーザ設定などもそのままUSB外付けハードディスクにコピーでき、普段使っている環境をそのまま他のマシンでも利用できる。従来バージョンでは、現在のシステムドライブのパーティションサイズと同容量以上のUSB外付けハードディスクが必要だったが、新バージョンでは、パーティションサイズを縮小しながらコピーすることが可能になり、最低限「コピーするファイルの総容量分のUSB外付けハードディスク」があればよくなった。

    もうひとつの方法は、WindowsのインストールDVD/CDから直接、USB外付けハードディスクにWindowsをインストールする「エクスターナルインストール」。現在使っているWindowsとは異なるバージョンのWindowsをUSB外付けハードディスクにインストールすることも可能で、例えば「Windows 7環境のマシンで、USB外付けハードディスクにはWindows XPをインストールする」こともできる。

    いずれの方法でも、USB外付けハードディスクにインストールされたWindowsを起動するには、パソコン内蔵のハードディスクに対して「USBハードディスク起動コード」を書き込む必要がある。ただし、内蔵ハードディスクが存在しない場合や、ハードディスクに起動コードを書き込みたくない場合は、製品のCDから起動して、起動ハードディスクを選ぶこともできる。USB外付けハードディスクには、パスワードで起動ロックをかけることが可能だ。

    「BOOT革命/USB Ver.4」には、Professional版のほかに、エクスターナルインストール機能が割愛されたBasic版もある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    WindowsをUSB外付けハードディスクにセットアップして、そこから起動する「BOOT革命/USB」シリーズの機能は、他に類を見ないユニークなものだ。

    今回のVer.4に搭載された2種類のインストール方法──「エクスターナルインストール」と「現在のシステムをコピー」──は、それぞれ用途や使いどころが異なる。「エクスターナルインストール」が、1台のパソコンで複数のOSや設定を手軽に使い分けることを目的とするのに対し、「現在のシステムをコピー」では、現在のWindows環境を、アプリケーションも含めてそのままUSB外付けハードディスクにコピーできるのがメリットだ。

    一方で「現在のシステムをコピー」する方法は、これまでは、ちょっと使いどころに悩むこともあった。従来バージョンでは、たとえUSB外付けハードディスクにシステムをコピーしても、Windowsを起動できるのは、結局は元と同じパソコン。厳しい言い方をすれば、単に起動するディスクが変わっただけで、結局は元のパソコンを使うのと変わりはなかった。

    今回のVer.4では、この部分が大きく改善され、現在の環境をそのまま「他のパソコンで利用する」ことができるようになった。これにより、ソフトウェアの使い勝手は大きく変化する。USB外付けハードディスクを持ち歩きさえすれば、どのマシンでも「いつも使っている環境を起動して、そのまま使えるようになる」からだ。これはノートパソコンを持ち歩く状態に近い、使い勝手の劇的な変化といえる。

    使用するWindowsによっては、起動先のパソコンで再アクティベーションが必要となる場合もあるが、これまでノートパソコンの独壇場であった「現在の環境そのままの持ち歩き」を実現したという意味は大きい。さまざまな応用が考えられる。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「BOOT革命/USB」は、USB外付けハードディスクからWindowsの起動を可能にしたソフトウェアです。このたび、最新バージョンの「BOOT革命/USB Ver.4」が発売となりました。「BOOT革命/USB Ver.4」では、以下の機能が追加されています。

    1. どこでも起動
    システムドライブのコピー、またはOSのインストールを行ったコンピュータとは別のコンピュータにUSB外付けハードディスクを接続して起動することができるようになりました。また、別のコンピュータに接続して起動できなかった場合には、「環境修復ツール」を使用することで、必要なデバイスドライバがインストールされ、起動できるようになります。

    ※環境によっては、別のコンピュータに接続して起動できない場合があります。
    ※接続先のコンピュータで、Windowsや各ソフトウェアのライセンス認証が必要になる場合があります。
    2. 縮小コピー機能
    システムドライブのコピーを行うときに、ドライブの使用済み容量よりも大きいUSB外付けハードディスクであれば、コピーを行うことが可能になりました。

    <体験版はじめました>
    「自分のパソコンでUSB外付けハードディスクから起動できるの?」という方は、まず体験版をお試しください。システムドライブをUSB外付けハードディスクにコピーして、USB外付けハードディスクから起動するという機能をご利用いただけます。

    ※体験版は、インストールしてから14日間試用することができます。また、製品版から一部機能が制限されております。
    これ以外の情報については、株式会社アーク情報システム 革命シリーズ ホームページをご覧ください。
    URL:http://www1.ark-info-sys.co.jp/

    「BOOT革命/USB」をはじめ、「革命シリーズ」は、Ver.1から現在に至るすべての製品を自社開発しています。日本の環境で開発され、はじめてバックアップを取る方でも迷わずに操作ができるよう、機能はもちろん、操作性まで使いやすさにこだわって丁寧に作成しました。自社開発だから実現できる機能や操作性、また安心のサポートをどうぞお確かめください。

    ((株)アーク情報システム)

    ● BOOT革命/USB Ver.4 Professional Ver.4.0
  • 作 者 : (株)アーク情報システム さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www1.ark-info-sys.co.jp/
  • 補 足 : 試用期間は14日間。ライセンスの購入は「BOOT革命/USB Ver.4」ダウンロード・お支払いページから行える。11月30日までは特価7,965円で購入できる。Professional版のほかに、エクスターナルインストール機能が割愛されたBasic版もある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(複数価格あり)
    BOOT革命/USB Ver.6 USBハードディスク/メモリーからOSやソフトを動かせる! (37,189K)




    最近のレビュー記事
    コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
    英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
    カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
    スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
    JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
    高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
    ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
    Cool Logo 3DCool Logo 3D
    シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
    SSD_TURBO_BOOSTSSD_TURBO_BOOST
    SSDの高速化、プチフリ問題の解消、信頼性向上、整備に利用できるSSD高速化・総合支援ソフト
    PowerDVD 19 UltraPowerDVD 19 Ultra
    Ultra HD 8K動画や360度VR動画の再生に対応し、YouTubeの再生にも対応する人気Blu-ray・DVD・動画再生ソフト
    「BOOT革命/USB Ver.4 Professional」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.